155件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-09-11 2019-09-11 長崎市:令和元年総務委員会 本文

また、最新の放送を録音するため聞き直すことができ、停電時でも単3電池3本にて作動する仕様でございます。(2)の文字表示機能付につきましては、音声だけではなく文字の表示が可能となっており、聴覚障害がある方を対象としております。次の表につきましては、購入台数の地区別内訳を掲載しております。

長崎市議会 2019-03-12 2019-03-12 長崎市:平成31年総務委員会 本文

単3電池を3本入れ込んでいますので、停電になったときには常用電源からこっちの電池のほうに供給が変わります。大音量に今度は切り替わりますので、かなり響く形になります。機能的には今アナログ式の戸別受信機とほぼ機能は変わりません。プラスラジオが付いているということで、持ち運びもできる形になります。  

長崎市議会 2018-12-06 2018-12-06 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

それと、メンテナンスの件ですけれども、これはメーカーのほうで一応10年ということで、10年というのは、このリチウム電池が10年使えるということですので、これは購入ですので、何か異常があったら市役所のほうで取り替えるといいますか、そういった形になるかなと思います。  以上でございます。

諫早市議会 2018-12-04 平成30年第5回(12月)定例会(第4日目)  本文

EV部品では、航続距離(1回の充電で走れる距離)を左右する車載電池が非常に重要です。また、それに関する電池の部品、試験等が数多くあります。次に、モーター、その部品、電流をコントロールするインバーター、ボディー用新素材、タイヤ、ガラス代替樹脂に至るまで、EVに関する企業は数多くあります。ガソリンエンジンが電池に変わっただけではないのです。  このような事項を考えて、企業誘致をすべきだと思います。

時津町議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第3日 9月 6日)

産業振興課長(松園喜秀君)  それでは、21ページの農林水産業費、林業費の中にあります屋外センサーカメラでございますけれども、これにつきましては、昨年度に整備いたしました鳴鼓岳駐車場と公衆トイレ付近に設置する電池式のカメラでございます。  これは、あそこの公園付近が多くの方が自由に訪れることができるようにと整備しておるんですけれども、常時管理人等がいるわけではございません。

佐世保市議会 2018-03-20 平成30年  3月定例会 総務委員会-03月20日−07号

◎林田予防課長   電池については、電池交換できる場合もあるが、特殊な形が多くて交換できない場合がある。あと、本体自体も約10年がたつと劣化して故障する器械があるので、私たちとしては、費用的御負担はおかけするが、なるべく電池交換ではなくて本体の交換をお願いしている。  

佐世保市議会 2018-03-19 平成30年  3月定例会 総務委員会-03月19日−06号

消耗品である電池パッドは、対応年限があるため、定期的に交換をしていているが、平成30年度は定期交換の時期に当たっていないので、利用があったパッド交換するための予算を計上している。 ◆湊委員   支所は市民生活部だが、地区公民館教育委員会管轄ではないのか。地区公民館と併設している支所はAEDを設置されているが、支所には設置していないのか。

佐世保市議会 2018-03-02 平成30年  3月 定例会-03月02日−02号

それからもう一つ、電気柵の電源の交換なんですけれども、電池式の電気柵みたいなんです。今どき電池対策をするということ自体、ふだん考えられないと思うんです。佐世保市の有害鳥獣被害防止対策議会というところで貸し出しをされていて、規則か何かでそういう消耗品については自分たちでやりなさいということになっているそうですけれども、実際、長時間対策をするために電池交換していても話にならないわけです。

佐世保市議会 2017-03-21 平成29年  3月定例会 総務委員会-03月21日−06号

◆明石委員   資料の消防2、10ページに、住宅用の火災警報器の設置促進維持管理の指導をしていくと書いてあるが、ちょうど10年たち、いろいろな形でお知らせがあっているが、最初、新設するときは、公民館等々で器具を買ってもらって設置をしていくほうがいい促進をなされたが、10年たってくると、電池切れなのか、電池切れではないのかもわからずに、そのまま取りつけている状態。

長崎市議会 2016-12-01 2016-12-01 長崎市:平成28年第5回定例会(3日目) 本文

ところで、前段で述べた水素エネルギーに関連しますが、ことし地元南部の造船所で19トン未満の小型旅客船燃料電池船が製造が検討されていました。国の補助を申請されていましたが、今回は受理されなかったと聞いております。燃料電池とは水素エネルギーを使った発電機です。例えば、この燃料電池船を野母崎-軍艦島上陸船として活用が検討できないでしょうか。

長崎市議会 2016-11-25 2016-11-25 長崎市:平成28年第5回定例会 通告一覧

といった形のないものへの取り組み  ○ 永尾春文議員[平成28年12月1日(木)]   1 有害鳥獣対策について    (1) イノシシ対策の問題点   2 産業振興について    (1) 海洋再生エネルギーの本市の取り組み    (2) 水素エネルギーの本市の取り組み   3 野母崎地区の振興について    (1) 野母崎高浜海岸交流施設指定管理のあり方    (2) 野母崎-軍艦島上陸船の燃料電池

長崎市議会 2016-06-21 2016-06-21 長崎市:平成28年環境経済委員会 本文

といたしまして、去年から出してますエコライフ基金を活用して人材育成というサステナプロジェクトで皆さんに普及啓発をしていく活動、それと、例えば、ごみ減量リサイクルを推進、それと、例えばですね、新エネルギーの利用と省エネの促進といたしまして、長崎ソーラーネットプロジェクトの推進、これは市と事業者、市民を対象にしたソーラーネットプロジェクトの推進、それと、国の事業補助を活用しました、去年から防災拠点への太陽電池

五島市議会 2015-12-14 平成27年 12月 定例会-12月14日−05号

海洋エネルギーの島づくりについてですけど、水素の製造・貯蔵・利活用についてですけど、これから、やはり水素の利用の仕方ということで、今回、5年間の調査研究を行う予定ということで、燃料電池船の実現可能性ということを探っていくんでしょうけど、その中で燃料電池船は、去年は小学生なんかの体験メニューということで、9月の11日ですかね、行われております。