174件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松浦市議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第2号) 本文

これは複合災害崖崩れなどで計画した避難道路が利用できない場合や佐賀県の住民さんの避難経路重複回避などを想定いたしまして行ったもので、議員がおっしゃられました従来使っている避難経路を使わないというわけではなく、避難経路多重化や選択肢を増やすということを目的災害時の安全確保を高めるということの目的に行ったというところでございます。

雲仙市議会 2020-06-16 06月16日-03号

そして、鮮度のよい農畜産物、水産物を大量に大消費地へ短時間で出荷運搬できるメリットも生まれ、有利販売につなげるとの思いから、また、災害緊急時における緊急避難道路役割等から一般質問を考えました。 一般質問に入る前に、前々回、島原半島広域営農団地農道──すなわち広域農道雲仙グリーンロード)でありますが──を質問しました。

松浦市議会 2020-06-01 令和2年6月定例会(第1号) 本文

原子力防災については、九州電力株式会社玄海原子力発電所からおおむね10キロメートル圏内に位置する黒島及び飛島に、離島からの避難円滑化を図るため、国の「原子力災害避難円滑化モデル実証事業」を活用し、ヘリポートや避難道路整備が可能となったことから、今議会関係予算を計上しております。  

松浦市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第4号) 本文

このことから、これまで25回以上、老朽化した橋の強度、安全面から、幅員の狭さ、歩道の設置企業誘致防災避難道路場所などなど多くの質問がなされております。住民が安全で安心して通行できるよう、建設に向けてさまざまな角度から、今言いましたとおり、この議場の中で質問されてきました。  一歩一歩進んでいるような気もしますが、最近の状況を見たときに、目に見えて進んでいないような気がします。

平戸市議会 2019-04-01 12月06日-04号

この道路整備で提案したいと思うんですが、何事でもそうですけれども、喉元過ぎればという言葉がありますけども、あれだけ玄海原発が稼働するときに、避難道路だ、やれ避難の港だと言ってきたことが、実際稼動しだして、もう空気のようにいつも稼働しだしたら、何にもそういう問題ができてこない。

松浦市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年03月01日

また、避難道路整備など、避難行動計画に基づく実効性確保については、平成31年度においても玄海原子力発電所から半径30キロメートル以内となる松浦市、平戸市、壱岐市及び佐世保市の長崎県内関係4市による要望活動を実施するとともに、さまざまな機会を捉え、要望実現に向けて取り組んでまいります。  

松浦市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月10日

鷹島町民にとりましては、原子力災害時の命の避難道路であります。一向に改良が進んでいない状況が続いている以上、この件については、忘れられては困るという観点から何回でも質問させていただくということで、今回も取り上げさせていただきました。  この件については、鷹島地区長会からも市への要望として取り上げられております。

島原市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会(第4号) 本文

都市計画道路は、国土交通省及び長崎県において平成9年に雲仙普賢岳噴火災害に伴う緊急避難道路と国道251号線の渋滞緩和目的として、地域高規格道路島原深江道路島原中央道路の約8キロメートルを都市計画道路島原南北縦貫線として追加をしたところであります。  また、平成8年に安中土地区画整理事業区域内の道路5線、約2.6キロメートルを市の都市計画道路として追加した経緯もあります。  

佐世保市議会 2018-06-18 06月18日-03号

その要望の具体的な内容としては、原発事故時の避難道路になる西九州自動車道の4車線化ほか、多くのそういった事業早期実現など関連事項が挙げられております。また、原発事故時の避難については、主に自家用車やバスでの避難が想定されますが、30キロメートル圏内には、移動手段の一つとして各関係市を通っている松浦鉄道があります。

松浦市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年06月13日

こういう発言があったと、せっかく原発避難場所はつくったけど、避難道路とか避難経路とかのところにも予算事業項目の中に入れてくれと、机の上だけで建物建てたばってん、逃げるときに逃げる道もないと、そういうことにもちょっと臨機応変に事業項目に入れてくれてと国に言うてみてください。こういうことが議会発言があったと。安心して避難できるようにですね。  

松浦市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年06月12日

この椋呂路トンネル板山トンネルに対する通告でございましたので、まず、こちらのことについてお答えをさせていただきたいと思いますが、主要地方道佐世保日野松浦線佐世保市と松浦市を結ぶ広域基幹道路でありまして、議員御指摘のとおり、原子力災害対策としての緊急避難道路であります。

長崎市議会 2018-03-12 2018-03-12 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

その尾戸大橋については、生活道路避難道路ということでの計画というのがなされておるということをご理解していただきたいと思います。  それから、ここの中にも書いてあるとおり、その橋の通常の経費を出すのに調査費もそんなあるわけじゃありませんので、最近の橋の状況経費の中に例えばメートル当たり幾らというようなことでしてあるわけですけど。ちょっとお尋ねしますけど、前も言いましたけど。