225件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

時津町議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第2日12月 4日)

1点目、町では各地域自主防災組織を結成し、防災訓練避難訓練など行っていますが、本年度は小学校校区ごとに実施される予定であります。現時点での実施状況は。また、計画はどのようになっているか伺います。  2点目、各地域にある防災マップは地区の状況が変わった場合、随時見直しが必要と思われます。自治会長、あるいは地域住民のみで決められるものではなく、また行政だけで行われるものでもないと思われます。

諫早市議会 2019-12-03 令和元年第5回(12月)定例会(第3日目)  本文

大雨による浸水等の被害のおそれがある場合には、市民の皆様に早目に避難していただく必要がございますので、国、県、気象台消防署など、防災関係機関と連携をいたしました防災出前講座の開催や、自治会避難訓練の中での洪水ハザードマップを活用した防災に関する講話等によりまして、逃げおくれゼロを目指した防災の啓発に取り組んでまいりたいと思っております。  

長崎市議会 2019-11-06 2019-11-06 長崎市:令和元年防災対策特別委員会 本文

災害の際は避難行動要支援者自身が、積極的に身を守るための行動をとることが重要であることから、平時から避難行動要支援者みずからがマイ避難所を決め、地域の住民と顔の見える関係づくりを行うことや避難行動要支援者名簿の提供への同意避難訓練参加ということを啓発してまいりたいと考えております。

長崎市議会 2019-09-18 2019-09-18 長崎市:令和元年防災対策特別委員会 本文

委員おっしゃるとおり、やはり啓発でビラを回覧をするというところから、毎年実際の避難訓練を行って、支援が必要な方も逃げていただくような訓練をしている地域とか、やはりいろいろさまざまでございます。だから、アンケートを活用いたしまして、活動の中身というの本当に非常に大事になってきますので、今後とも地域に説明に入るときには結果アンケートを踏まえた提案をしていきたいと思います。  

諫早市議会 2019-09-05 令和元年第4回(9月)定例会(第5日目)  本文

市からの防災情報を住民の安全避難行動につなげていただくために、自治会単位で、現在、防災マップの作成や避難訓練などを計画して、実施を行っているところでございます。  避難訓練を計画していただいた自治会に対しましては、市のほうで防災資機材の購入に対する助成制度もございます。

時津町議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第2日 9月 4日)

1点目、各地域自主防災組織防災訓練避難訓練の実施状況は。  2点目、避難所付近の安全面に対する点検、整備は随時実施されているのか。  3点目、各地区の防災倉庫の備品の点検、交換などはどのように行われているのか。  4点目、防災、防火などで行政自主防災組織、各地区消防団との連携は十分な体制か、ということであります。  2問目であります。人口減少社会における対策についてです。  

長崎市議会 2019-07-05 2019-07-05 長崎市:令和元年総務委員会 本文

西公民館などの大型公民館になると、十分にいくとは思っているんですが、そういう意味でいくと、実際に入る想定数があるのか、これは地域でも今後避難訓練等もしてくるものですが、そういう意味でよろしかったらそれについても収容について、各避難所の想定数、予定箇所というのが7ページにございますので、そこに5,000人の内訳想定数が載ったものを資料としていただければと思いますが、委員長いかがですか。

時津町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第1日 3月 5日)

訓練内容といたしましては、避難訓練情報伝達訓練、消火器による消火訓練、AEDの実技訓練等を実施しておられました。  新津区自主防災組織では、土のうステーションを公民館に確保しておられました。  平成26年7月の大雨災害時には、新津区でも大雨のために冠水する箇所がありましたが、自主防災組織が土のうステーションから土のうを持ち出し、宅地内への冠水を食いとめた事例が紹介されました。

長崎市議会 2019-03-04 2019-03-04 長崎市:平成31年第1回定例会(5日目) 本文

これを踏まえまして、市長におかれましては、要配慮者利用施設、例を挙げれば、幼稚園学校病院老人福祉施設障害者支援施設などの避難確保計画の作成状況及び避難訓練の実施状況について、総合的にどのように把握・管理し、指導等されているのかお示しください。  続きまして、1の(2)地域住民の自助・共助と市の支援についてお伺いいたします。  

長崎市議会 2018-12-04 2018-12-04 長崎市:平成30年第4回定例会(4日目) 本文

この賞味期限が短くなってきた食料につきましては、地域における避難訓練であったり防災訓練防災講話といった機会を捉えまして参加された方々へ提供することで防災意識の啓発に活用しております。また、粉ミルク賞味期限は1年半と短いものでございますので、期限がおおむね半年となったものにつきましては公立保育所に提供しているところでございます。

諫早市議会 2018-12-04 平成30年第5回(12月)定例会(第4日目)  本文

防災マップ作成への市のかかわり方につきましては、防災マップ作成の段階からさまざまな相談を受け、地域の皆様と一緒にマップを作成するとともに、防災マップの印刷やマップ作成後に避難訓練の計画を立てていただく自治会に対しまして、防災資機材購入に対する補助として、世帯数に200円を乗じた額に1万円を加えた額を交付しているところでございます。  

諫早市議会 2018-12-02 平成30年第5回(12月)定例会(第2日目)  本文

それらに並行いたしまして、本市も、部長が答弁されました避難勧告発令基準であったり、避難場所、避難経路等は、これは地域防災計画の中にうたってございますので、その辺も踏まえて実効性を高めるためには、やはり最終的なソフト対策といたしまして、住民には防災マップを活用した避難訓練や、防災教育、これらをさらに充実させ、実際の避難に結びつけるということが基本の部分であろうかと思います。