607件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-09-11 2019-09-11 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

164 ◯荒木生涯学習課長 地域の方ともお話しする中で、幾らエレベーターをつけても、2階建てよりかは平面移動のほうが使いやすいということも説明させていただきましたし、今避難になっておるんですけれども、やはり手すりとか一部ありませんし、避難になった部屋についても、なかなか風が吹けばこわくってとかいうお声もいただいているので、今回、旧蚊焼保育所を改修することで

長崎市議会 2019-09-11 2019-09-11 長崎市:令和元年総務委員会 本文

ウの防災情報システムは、災害受付、活動状況管理、避難管理などで構成され、大雨や台風地震などの災害が発生し全庁的な災害対応を行う場合、119番で受信した災害情報河川道路などの被害状況などについて住民の方などから関係各課に寄せられた情報を一元管理し、市災害対策本部や総合事務災害対策本部などと情報共有するほか、職員の参集通知避難の開設状況の把握など、災害対応における全庁的な連携の充実を図るものでございます

長崎市議会 2019-09-09 2019-09-09 長崎市:令和元年第4回定例会(4日目) 本文

また、一番重要なことは、入手した防災情報を住民みずからがいかに避難行動に結びつけるかだと考えますが、現状では避難勧告が出されて避難が開設されても、実際に避難をする人は非常に少ないと聞いています。こういった住民の方々の迅速な避難を促すための取り組みについてもあわせてお伺いします。  以上、本壇からの質問とし、答弁を聞いた後、自席より再質問をさせていただきます。ご清聴ありがとうございました。

諫早市議会 2019-09-09 令和元年第4回(9月)定例会(第9日目)  本文

本市におきましては、市内6カ所に自主避難を開設するとともに、災害警戒本部を設置し、情報の収集と警戒に当たったところでございます。  今回は、最も警戒を要するといわれる台風東側に本市が位置したこともあり、送電線の断線等により、22日夜から市内のほぼ全域で一時全体の3割強に当たる約2万7,000戸の停電が発生をいたしました。

長崎市議会 2019-09-05 2019-09-05 長崎市:令和元年第4回定例会(2日目) 本文

先々月7月の大雨で県立工業高校の近くのところで裏が崩れて、お二方のお宅で市の消防のほうから、危険ですから避難してくださいということになり、その日は日曜日で、工業高校は指定避難ですが、そこを使うのではなく、それぞれ、たまたま市内や近隣に親族の方がおられるということで、そこに避難できて、そのときはしのげたということですが、今もまだ避難をされていると伺っております。

時津町議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第2日 9月 4日)

この小学校区単位の防災訓練につきましては、実際に大きな災害が発生した場合、小学校など規模の大きな避難におきましては、幾つかの地区が連携して避難の運営などに御協力いただくことになることから、非常に有効な訓練であると考えており、町といたしましても、実効性の高い訓練が実施できるよう支援してまいりたいと考えております。  

諫早市議会 2019-09-03 令和元年第4回(9月)定例会(第3日目)  本文

相次ぐ自然災害から身を守るには、一人一人が我が事と捉え、備えることが重要ですが、突然襲ってくる災害に十分対応できず、着の身着のまま避難に来られる方も多いと思います。  そのため、避難には、人々が最低限の生活が送れるような準備が必要で、生命を維持するための食料は特に大事になってくると思います。  

長崎市議会 2019-07-11 2019-07-11 長崎市:令和元年第3回定例会(6日目) 本文

次に、消防費において、大規模災害発生時に拠点となる避難について、長期の避難生活に対応できるよう設備等を整備するための避難整備事業費が計上されております。  委員会におきましては、拠点避難の選定基準、拠点避難施設や備品についての地元への説明のあり方について質すなど、内容を検討した次第であります。  次に、歳入につきましては、種々内容を検討した次第であります。  

長崎市議会 2019-07-09 2019-07-09 長崎市:令和元年総務委員会 本文

次に、第7目消防債第1節消防債5,350万円につきましては、避難整備事業費に係るものでございます。次に、第8目教育債第1節小学校債5億3,640万円につきましては、小学校整備事業費に係るものでございます。次に、第2節社会教育債説明欄1.公民館債1,330万円につきましては、公民館施設整備事業費に係るものでございます。

長崎市議会 2019-07-05 2019-07-05 長崎市:令和元年総務委員会 本文

次に、【単独】拠点避難整備事業費1億950万円について説明いたします。1の概要をごらんください。本事業は、大規模災害時において、長期避難者の健康面や衛生面に配慮し、長期避難に対応できる環境設備を整えた拠点避難を整備するものです。  2の整備方針につきましては、図を用いてご説明させていただきますので、恐れ入りますが、資料の6ページのA3サイズの拠点避難の整備方針という資料をお開きください。

長崎市議会 2019-07-03 2019-07-03 長崎市:令和元年総務委員会 本文

ユニバーサルデザイン・レビューということで、これは実際に施工する段階で障害者とか高齢者親子に来てもらって、実際にその現場合わせといいますか、手すりの高さとか、ボタンの高さとか、そういったところをきっちりもう現場で合わせるような検討会を開いたりとか、あと、BCP支援活動とそこに書いていますけれども、これが工期が3年ぐらいと長い期間がありますので、当然、災害等も発生する可能性もありますので、例えば市民会館とかで避難

長崎市議会 2019-06-24 2019-06-24 長崎市:令和元年第3回定例会(1日目) 本文

また、中長期的な避難生活に対応できるよう、ふれあいセンターなどのコミュニティ施設等にシャワーや多目的トイレなど、一定の設備環境を備え、拠点避難としての整備を進めます。  市民防災力の向上については、これまでに1,000名を超える市民防災リーダーが誕生しましたが、さらに多くの方に防災への関心を持っていただき、裾野を広げることを目的として、新たにながさき防災サポーターの養成に取り組みます。  

長崎市議会 2019-06-17 2019-06-17 長崎市:令和元年議会運営委員会 本文

まず、1.利用目的についてでございますが、(1)災害時等における安否確認、(2)質問通告表等の資料の送付、(3)避難の開設状況や天候による各種行事の中止など、各所管課からの連絡、(4)その他事務連絡などを行う議員への連絡手段として活用するものでございます。次に、2.使用するアプリケーションでございますが、LINE WORKSを利用することとしております。次に、3.利用についてでございます。

時津町議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第3日 6月 6日)

まず、1点目の市町の境に関係なく、最寄りの避難避難することは可能かについてでございますが、長崎市、長与町及び時津町では、経済圏と生活圏をともにすることから、長崎広域連携中枢都市圏ビジョンを平成29年3月に策定し、住民の暮らしに密接にかかわる行政サービスにおいて、既に広域的な取り組みを行っているところでございます。  

諫早市議会 2019-06-04 令和元年第3回(6月)定例会(第4日目)  本文

福祉系の施設では、多目的トイレに限らず一般のトイレにあってもいいのかと思いますし、また防災上の観点から見れば、避難に指定されている施設、支所とか公民館とか学校体育館とか。これもきのう帰りがけ、うちの近くの高来支所に見に行ったのですけれども、ここは多目的トイレにもついていないという状況でした。