494件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2020-03-13 2020-03-13 長崎市:令和2年第1回定例会(7日目) 本文

信頼関係を構築し、ともに長崎の魅力を内外に発信してほしい、交流の産業化リーディング事業費については、成功・失敗にかかわらずしっかり検証しながら交流の産業化につながるよう取り組んでほしい、長崎開港450周年記念事業については、開港からこれまでの長崎の大事な歴史にしっかり光を当てながら取り組んでほしい、ながさきウエルカム推進費については、移住相談窓口をもっと充実させ無料職業紹介の機能を強化してほしい、避難整備事業費

長崎市議会 2020-03-11 2020-03-11 長崎市:令和2年総務委員会 本文

それと、最後に、避難のあり方で、第4目災害対策費、避難整備事業費でございますが、今回、拠点避難備蓄品において、発電機の備蓄っていうのもあるかと思います。実はガソリンとLPガスの併用したものが今発電機で出てきておりまして、LPガスだと実際、備蓄が5年、10年可能でございます。また、連続した72時間の対応もできる発電機も出てきていると聞いております。

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年総務委員会 本文

2の事業内容ですが、令和2年度に実施する主な事業としまして、(1)の地域と連携した避難運営でございますが、この事業は市の避難勤務要員と連合自治会など地域の方が協同で避難の開設から運営までを行うことで、避難の迅速な開設及び避難者が安心して避難できる環境をつくり、自主避難の促進を図るもので、避難の運営に携わった自治会などに対する謝礼金としまして183万8,000円を計上させていただいております

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

管路の更新に関しまして、その選定につきましては機能評価と申しまして管路の経過年数であったり種類であったり、布設されている、埋設されている場所、例えば緊急避難の輸送道路であったり病院であったり避難であったりにつながる管路、こういった管路を優先させながら、点数を決めて優先度を定めて更新することとしております。  

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年環境経済委員会 本文

2の事業内容でございますが、神浦、北大中尾町などにおける間伐や作業道の整備、森林火災の際に延焼を防ぐための防火線、避難となる防火広場の手入れなどを行うこととしております。3.財源内訳は、事業費が1,720万円で、そのうち県からの補助金が871万1,000円、一般財源が848万9,000円でございます。  45ページに実施箇所の位置図を添付しております。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年総務委員会 本文

また、あわせてICT活用による自動化は電子データで収集することが不可欠であることから、紙の情報データ化するパン委託のほかに、避難開設時に避難勤務要員が報告事項を直接入力できるウエブサイトの構築や、固定資産税減免の現地調査等で、その場でデータ入力を行うタブレットを導入するものでございます。

長崎市議会 2020-03-06 2020-03-06 長崎市:令和2年総務委員会 本文

36 ◯山崎防災危機管理室長 地区を限定した放送というのは、実際に特別警報のとき、三重地区と外海地区と琴海地区だけに放送するといったことも実際に運用としてしておりますし、それ以外にも、例えば避難を開設したときに、これは旧町に限られますけれども、旧町においては、具体的にどこどこと施設名を放送させていただいて、どこどこの避難は開設しておりますというふうに

島原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第6号) 本文

霊丘公園体育館・弓道場周辺施設管理運営経費の工事請負費1億3,100万円の内容についての質疑には、霊丘公園体育館・弓道場の工事請負費で、現在、霊丘公園体育館・弓道場には空調機等がないが、今回、災害時における避難として位置づけられる予定であり、体育館に空調が必要であるということと、スポーツ利用時の利便性を向上させるため、空調機を設置しようとするものとの答弁。  

長崎市議会 2019-12-11 2019-12-11 長崎市:令和元年防災対策特別委員会 本文

防災アプリの導入については、民間アプリと連携をとって検討していくとのことですが、この辺も民間アプリとの連携が非常に大事だと私も思いますし、時期をどの辺に定めて、ここまでには結論を出すんだといえる目標をぜひ持ってほしいということと、それからインターネット、SNS、メディア等を活用した拠点避難、指定避難地域避難、さまざまな避難の関係、この特別委員会の中でもインターネットでもいいので地図に落とし

長崎市議会 2019-12-05 2019-12-05 長崎市:令和元年総務委員会 本文

1の財産の取得理由ですが、拠点避難の整備に係る長期避難者への対応を図るため、拠点避難所用の防災資機材を購入するものでございます。次に、2の拠点避難所防災資機材の概要ですが、記載のとおり組立式シャワーや非常用発電機など11種類の資機材となっております。また、令和元年度の購入分につきましては、拠点避難42施設のうち収納場所の調整等を行った16施設へ配備を予定しております。  

時津町議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第2日12月 4日)

さらに、避難行動要支援者の避難支援を想定した避難誘導訓練、避難となる福祉センターで参加者が段ボール製簡易ベッド・簡易トイレを実際に組み立て、利用体験を行う避難運営訓練、屋内での垂直避難の考え方、ローリングストック法を活用した家庭での備蓄方法などに関する防災講話、避難を利用する上でのルールや利用方法を学ぶ避難施設利用訓練が行われ、最後に、災害時におけるラップの活用方法を説明した後に、参加者にラップ

諫早市議会 2019-12-04 令和元年第5回(12月)定例会(第4日目)  本文

愛知県豊明市では、この赤ちゃん駅が災害時でも避難で役に立つと市内の小・中学校に少しずつ配備されています。このように、赤ちゃん駅はイベント時だけでなく災害時でも使用できると用途の幅が広がっているようです。  諫早市では、先ほども言われました、春や秋には多くのイベントが催され、同日に別の場所でイベントが開催されることも多々あります。

長崎市議会 2019-12-03 2019-12-03 長崎市:令和元年第5回定例会(4日目) 本文

市としては、防災危機管理室などが台風接近前には市民に注意などを呼びかけ、避難も開設していますが、台風後の市民生活の把握などはどのようになっているのでしょうか。ことしの台風17号の後に、木鉢町の一部では電話が不通になり外部との連絡が取れず、心配した家族が訪問して電話が不通になっていることに気づいたそうです。

諫早市議会 2019-12-03 令和元年第5回(12月)定例会(第3日目)  本文

このマップでは、2つの河川が現在想定される最悪最大規模の千年に一度と言われる豪雨が発生し、氾濫した場合の家屋倒壊などの氾濫区域、浸水深さ50センチメートルから5メートル以上までの区域をそれぞれ色分けをし、緊急避難を初め地区別避難など公共施設病院、さらに土砂災害警戒区域の明示がなされておりまして、これ1枚を見ますと全てがわかってくるような状況でございます。

長崎市議会 2019-12-02 2019-12-02 長崎市:令和元年第5回定例会(3日目) 本文

現在、長崎市では、イベント情報避難情報など広く周知することが必要なものや保育施設の空き状況など市民の皆さんの利便性が向上するものなどを長崎市のホームページで公開し、閲覧できるようにしています。しかし、現在、ホームページで公開しているさまざまなデータは、基本的に人が見やすい形となることを主眼に公開しており、その多くは機械で読み取って二次利用するのに適していない状況になっています。