運営者 Bitlet 姉妹サービス
880件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-07 時津町議会 平成31年第1回定例会(第3日 3月 7日) ○産業振興課長(松園喜秀君)  それでは、78ページにございます農業振興費補助金等のほうの648万9,000円のまず内訳でございますけれども、農業振興費補助金が510万7,000円、農道整備事業小規模基盤整備事業補助金が119万円、認定農業者補助金が19万2,000円になっておりまして、そのうち農業振興費補助金につきましてですけれども、先ほどの補正予算のほうでも若干述べましたけれども、大きな項目で優良品種更新事業 もっと読む
2019-03-05 時津町議会 平成31年第1回定例会(第1日 3月 5日) 次に、農業の振興につきましては、農道整備事業や農地基盤整備事業に取り組み、農業生産の向上と農業者の経営安定を図ります。  また、ふるさと納税を活用し、農業の活性化及び農産物のブランド化を図ります。  さらに、とぎつの森再生計画の推進につきましては、住民との協働により、とぎつの森再生計画プロジェクトD“どんぐり”を推進し、どんぐりなどの樹木を育て、里山の再生を目指します。 もっと読む
2018-12-05 時津町議会 平成30年第4回定例会(第2日12月 5日) 平成28年3月には青年農業者の方たちと「これからの農業」をテーマに、ふるさと納税を活用した農業振興奨励金や農道整備事業補助金などについての御意見をいただいたところでございます。  また最近では、役場の若手職員とも昼休み時間を利用して、私の部屋で昼食をとったり、勤務時間外にチャンポンを食べながら座談会をするなど若い世代の方々と話し合う場を積極的に設けているところでございます。   もっと読む
2018-11-30 五島市議会 平成30年 12月 定例会-11月30日−01号 農林整備課、引き続き農道の利用者や利用状況を把握し、計画的な維持、管理に努められたい。  地域協働課、地域の絆再生事業については、各まちづくり協議会活動のさらなる活性化を図られたい。  観光物産課、1、観光入り込み客数26万人の達成に向け、各種観光施策の強化に努められたい。2、五島産品のブランド化、新商品開発を推進し、大都市圏への販路維持・拡大に努められたい。   もっと読む
2018-10-22 長崎市議会 2018-10-22 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 第4目土地改良費のうち、241ページの備考欄に記載の1.農道管理費の全額、4.事務費の一部、5.【単独】農業用施設整備事業費のうち、1.農道及び2.農業用水路の全額、6.【単独】自然災害防止事業費の全額となっております。  詳細につきましては、担当課長からご説明させていただきます。 もっと読む
2018-09-28 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月28日−資料 金原剛蔵厚生文教委員会陳情第4号 H30.8.27臓器移植の環境整備を求める意見書の採択を求める陳情の件福岡市東区箱崎4丁目5−15−1F 移植ツーリズムを考える会 九州事務局 担当 寺崎 太厚生文教委員会 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 議会第2号議案      第68号議案平成30年度大村市一般会計補正予算(第4号)に対する付帯決議  今回の補正予算において計上されている農道維持管理事業 もっと読む
2018-09-28 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月28日−07号 維持管理を行う農道維持管理事業などが主なものであります。   もっと読む
2018-09-21 長崎市議会 2018-09-21 長崎市:平成30年第3回定例会(8日目) 本文 次に、災害復旧費において、平成30年7月豪雨により被災した農道及び林道の復旧工事を行うとともに、今後、災害が発生したときに緊急に対応するための農業用施設災害復旧費及び林業施設災害復旧費が計上されております。また、あわせて農道の災害復旧工事に係る繰越明許費が計上されております。   もっと読む
2018-09-19 長崎市議会 2018-09-19 長崎市:平成30年地域づくり・人口減少対策特別委員会 本文 やはりそういった中で、地域に密着するというようなことを主眼に置いてこのような整理を行ってきたところでございますけれども、市民の皆様に身近に対応させていただかなければいけないところを総合事務所にまとめたということで、例えば、土木でありましたら、従来の道路から農道、それから公園といったところをまとめて、市民の皆様にも地域をまとめて対応させていただける、俯瞰できるというような体制にしました。 もっと読む
2018-09-12 長崎市議会 2018-09-12 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 特に今回、農道等は大規模な災害が起きていましたので、こういう技術的なところについても、私たちのほうでフォローしながらやっていこうというものでございます。  以上です。 87 ◯佐藤正洋委員 今、話があったとおり、農道もあるんですよね。 もっと読む
2018-09-12 長崎市議会 2018-09-12 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 これは、平成30年7月豪雨により農道及び林道が被災しましたので、これらの復旧工事に係る事業費及び今後災害が発生したときに緊急に対応する予算を確保するため、増額補正をお願いするものでございます。  次に、繰越明許費についてご説明いたします。  恐れ入ります。予算説明書の40ページ、41ページをお開きください。 もっと読む
2018-09-10 松浦市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月10日 中山間地域では、農地を集積しても圃場や農道の狭さ、水はけの悪さ、変形した農地など不利性のため生産コスト低減は4割は厳しいところです。厳しいどころではありません、できないと思います。現実の中山間地農業を知らない机の上のことだと腹立たしく思っております。将来的に松浦の農業が、地域がどうなっていくかと思いつつ、今回質問いたします。  まず、松浦市全体の農業の状況等をお聞きいたします。   もっと読む
2018-09-07 松浦市議会 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年09月07日 それから、崩土、倒木、落石等除去並びに農道の地すべり実態調査に係る手数料を計上しております。  地すべり調査、観測業務委託料に係るもので、農道1カ所分の予算でございます。  それから、災害査定設計書作成業務委託料で農地17カ所、農業用施設19カ所分を見込んで予算措置をしております。  次に、災害応急対策工事で農道1カ所、林道1カ所分を予算計上しているところでございます。   もっと読む
2018-09-06 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月06日−01号 ◆17番(村上信行君)   地元負担金のない農道整備費というのはほかに聞いたことがないんですが、それはどういう意味ですか、どういう原因ですか。 ◎産業振興部長(高取和也君)   地元負担がない農道整備があるのかということですけれども、まずこれまでも危険性があったりとか、そういった分については、地元負担がないような形での農道整備というのは実際やっております。   もっと読む
2018-09-05 時津町議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月 5日) これは県、国道相当については、国の、県のかかわるところでございますから、あなたが町長としてかかわる時津町の町道、あるいは農道を含めて、ぜひひとつ、御公表いただきたい、公開いただきたいと思います。  それから、次に出てくるのが、その調査した結果がどういう形で実行されるのか。あるいは、どういう形で危険箇所、あるいは悪いところを改修されるのか。それに後の答弁で持っていきたいと思います。   もっと読む
2018-09-04 時津町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月 4日) 6款の農林水産業費では、農道や農業生産基盤整備事業補助金を、8款の土木費では町道点在舗装補修事業を増額するほか、小登路福線の路肩改良工事や、国の内示に伴い、子々川日並線や西時津左底線(野田工区)などの事業費を補正いたしております。  次に、3ページをごらんください。   もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第5日目)  本文 これは、市道に限らず農道も似たようなところがあるのです。その辺も、しっかり対応していっていただきたいと思いますが、部長、いかがですか。 52 ◯建設部長(矢竹秀孝君)[ 188頁]  市の今後の対応についてお答えをいたします。   もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第3日目)  本文 工事用道路の起点であります昭和橋から通学路指定区間でございます農免農道までの延長約570メートル区間において、幅員2メートルの歩道を確保した全幅9メートルでの整備計画と聞いております。 もっと読む
2018-08-21 大村市議会 平成30年  8月 臨時会(第3回)-08月21日−01号 広域農道多良岳西部線の諫早市との市境から大村市側へ約2.5キロメートル進んだ平町付近でございます。  事故の経緯について説明いたします。  平成30年4月25日午前4時20分ごろ、個人所有の軽乗用車が広域農道を大村方面へ走行中、路上に落ちていた石に乗り上げ、車体の底面等を損傷したものでございます。   もっと読む
2018-06-14 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−02号 それでは、住宅ではなくて、例えば市道・農道・里道など、生活道路の防災対策・災害復旧についてはどのように考えておられるでしょうか。 ◎都市整備部長(増田正治君)   市道・農道・里道または土地の斜面など、それぞれの管理者には違いがありますけれども、原則としてそれぞれの施設の管理者に機能の保全義務があるというふうに考えております。   もっと読む