1330件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

時津町議会 2020-03-19 令和 2年第1回定例会(第4日 3月19日)

した者の職氏名  町長       吉 田 義 德   住民環境課長    永 尾 和 敏  副町長      森   達 也   建設部長      江 頭 春 彦  教育長      相 川 節 子   産業振興課長    菊 野 一 朗  総務部長     前 田 純 孝   農業委員会事務局長 濵 崎 憲 睦  総務課長     太 田 信 孝   区画整理課長    大 串 亮 治  企画財政課長

長崎市議会 2020-03-11 2020-03-11 長崎市:令和2年環境経済委員会 本文

だから、全体的な事業費が3万5,000円、財政課から査定で切られましたって、それによって今年度分もこういうふうに減らしましたと来るならわかるけれども、今年度分だけに来ているっていうのはやはり不思議でなりません。  それから査定の仕方として、私もよく知らないんですが、例えば税込みで1,982万2,000円で、これで財政課が査定します、切りますというときに、何で3万5,000円かなって思うんですよ。

長崎市議会 2020-03-11 2020-03-11 長崎市:令和2年教育厚生委員会 本文

また、国における地域医療の  確保に対する財政措置などの支援については、  全国市長会などを通じて時期を捉え要望して  いるところであり、今後とも継続した要望を  行うなどの対応を行っていきたいと考えてい  るとの説明がありました。   委員会においては、地域医療構想調整会議  の構成メンバーや議論の内容について質すな  ど、種々議論が交わされました。   

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年教育厚生委員会 本文

令和2年度予算に係る説明は以上でございますが、次に、追加資料として配付しております野母崎地区の振興策に係る長崎県財政支援についてご説明いたします。この財政支援につきましては、昨年9月の当委員会でも説明をさせていただいておりましたが、ことし1月に県との間で協定書を締結いたしましたので、改めてご説明させていただくものでございます。

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年総務委員会 本文

昨日中断しておりました第9号議案「令和2年度長崎市一般会計予算」のうち、第2款総務費第1項総務管理費のうち、企画財政部所管部分の審査を再開いたします。  皆様のお手元に企画財政部からの追加資料を配付しておりますのでご確認ください。なお、本追加資料に伴い、建築部長が新たに出席しております。

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

イ.事業内容でございますが、新たな浄水場の整備を実施するために各市町の将来の水需要と水運用計画などの基本事項を整理し、共同浄水場の配置計画、事業費と事業スケジュール、財政計画を検証するとともに共同整備に係る検討を行うこととしております。ウ.対象施設の概要といたしましては浦上浄水場及び道ノ尾浄水場の完成年月日、所在地、施設能力、給水人口・戸数を掲載しております。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

(4)長崎市の重点区域は5つの歴史的風致のうち財政面及び業務量の面からも優先順位をつけて取り組む必要があると考えておりますので、まずは山手区域としております。(5)計画の構成は法の運用指針に基づき序章から第7章までで構成されています。  61ページをごらんください。計画の概要につきまして、計画の構成に沿ってご説明いたします。  

長崎市議会 2020-03-05 2020-03-05 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

まず、1.事業概要でございますが、県が施行するJR長崎本線連続立体交差事業につきまして地方財政法第27条の規定に基づき事業費の一部を長崎市が負担するものでございます。次に、2.令和2年度事業内容でございますが、(1)の補助分につきましては鉄道施設の撤去や側道整備工事などが予定をされております。

長崎市議会 2020-03-02 2020-03-02 長崎市:令和2年議会運営委員会 本文

第68号議案及び第69号議案につきましては、予算に係るものでございますので、後ほど企画財政部長からご説明いたします。第70号議案「土地の取得について」は、東工場に係る都市計画区域の民有地の公有化を図るため、戸石町の土地を購入するものでございます。第71号議案「和解について」は、民事訴訟法に基づき提起された損害賠償請求事件について、和解するものでございます。