363件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諫早市議会 2019-12-04 令和元年第5回(12月)定例会(第4日目)  本文

なお、ICTの活用につきましては、長崎県内には、あじさいネットという県下をカバーするシステムがあり、システム加入することで病院の診療情報を、診療所訪問介護ステーションなどで閲覧できるようになっております。  今後、介護事業所の加入や多職種連携のためのICTとして、機能の充実に向けた検討が進められていると伺っております。  

長崎市議会 2019-10-30 2019-10-30 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

不用額の主な理由といたしましては、第1項介護予防・日常生活支援総合事業費のうち、介護予防訪問介護相当サービス事業費において利用者数が予定を下回ったことによる減などでございます。  次に、資料の16ページ、流用の説明をごらんください。(1)項内目間流用の説明につきましては、記載理由をご参照いただければと思います。  

長崎市議会 2019-10-29 2019-10-29 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

第5目原爆被爆者一般援護費では、(1)原爆被爆者一般援護費の訪問介護及び介護保険等利用被爆者助成費におきまして、通所介護の利用件数を過去の実績をもとに延べ2万5,934件と見込んでいたところ、実際には2万1,529件と予定を下回ったことなどによりまして、5,844万2,000円の不用額となっております。

長崎市議会 2019-10-28 2019-10-28 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

その主なものといたしまして、182ページから184ページまででございますけれども、その主なものといたしまして、182ページ第2目障害者福祉費の(1)障害者自立支援給付費の1番目の介護給付費において、重度訪問介護サービス利用時間数を8万3,986時間と見込んでおりましたが、実績が6万3,634時間と、年間でございますけれども下回ったことなどにより、1億5,805万3,000円、その下の2番目の訓練等給付費

長崎市議会 2019-09-11 2019-09-11 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

2番目の地域支援事業費というのが、一般的に軽い方の要支援者とかのデイサービス訪問介護、あるいは高齢者全般の介護予防に係る費用、これが地域支援事業費ということになります。上のほうの介護給付費の財源構成でございますけれども、基本的に国、県、市の負担というのが50%で半分の残りの50%が40歳以上の保険料ということになっております。

長崎市議会 2019-03-12 2019-03-12 長崎市:平成31年教育厚生委員会 本文

一番右側に、第4款地域支援事業費でくくられた部分のうち、新しい総合事業の中の訪問型サービスと通所型サービスが、平成29年度から要支援認定者向けの介護予防、訪問介護サービス介護予防通所介護サービスから移行しております。  恐れ入りますが、資料の16ページにお戻りいただけますでしょうか。まず、ア.介護予防・日常生活支援総合事業費としまして22億2,910万8,000円を計上しております。

長崎市議会 2018-12-06 2018-12-06 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

山口福祉政策監 8ページの小規模多機能型居宅介護ということで、この間市長が答弁させていただいた部分でございますけれども、ここの中の上から5つ目に伊王島・高島地区ということで、今伊王島にふるさとというところが小規模多機能型をしているというのがあるんですけれども、我々は委員おっしゃるように、離島は特殊だというところがありまして、やはり高島と池島は、今、島内にデイサービス事業所が1カ所しかないという中で、船を使って訪問介護

諫早市議会 2018-12-02 平成30年第5回(12月)定例会(第2日目)  本文

なお、ICTの活用につきましては、長崎県内にはあじさいネットという県下をカバーするシステムがございまして、システム加入することで病院の診療情報診療所訪問介護ステーションなどで見ることができるようになっております。現在、幾つかの介護事業所も加入されているという状況でございます。  

長崎市議会 2018-11-30 2018-11-30 長崎市:平成30年第4回定例会(2日目) 本文

団塊の世代が全て後期高齢者となる2025年を見据え、住みなれた地域で安心して暮らし続けられるよう中学校区を基本とした日常生活圏域ごとに必要な在宅医療訪問介護等の介護サービス介護予防の体制を整備し、見守りなどの生活支援、住まいを一体的に提供する長崎地域包括ケアシステムの構築に向けた取り組みを進めています。

長崎市議会 2018-10-24 2018-10-24 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

第4款地域支援事業費につきましては、平成29年4月から新たな枠組みとして介護予防・日常生活支援総合事業を実施しており、この中で従前は予防給付として提供されていた全国一律の介護予防訪問介護及び介護予防通所介護が、新しい総合事業の一部として移行されております。支出済額は17億8,457万7,921円で、不用額が2億603万4,079円生じております。

長崎市議会 2018-10-23 2018-10-23 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

第5目原爆被爆者一般援護費では、(1)原爆被爆者一般援護費の訪問介護及び介護保険等利用被爆者助成費におきまして、施設への通所を中心とした複合的なサービスであります小規模多機能型居宅介護の利用件数を過去5年間の実績をもとに延べ4,207件と見込んでおりましたが、実際には3,140件と予定を下回ったことなどによりまして3,714万1,000円の不用額となっております。

長崎市議会 2018-10-22 2018-10-22 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

まず、(1)重度訪問介護給付費及び(2)居宅介護給付費は、日常生活を営むのに支障がある障害者に対し、自宅で入浴、排せつ、食事介護等を行うものでございます。  また、次、142ページをごらんください。一番上に表がございますが、そのすぐ下の(12)共同生活援助給付費でございます。これは、夜間や休日、共同生活の場であるグループホームで、日常生活上の世話や援助等を行うものでございます。

長崎市議会 2018-09-14 2018-09-14 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

1つ目は、長崎市指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例で、改正の概要については、共生型訪問介護、共生型通所介護、共生型短期入所生活介護基準条例に追加するものでございます。2つ目は、「長崎市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例」で、改正の概要は、共生型地域密着型通所介護基準条例に追加するものでございます。

諫早市議会 2018-09-03 平成30年第3回(9月)定例会(第3日目)  本文

地域ケア会議に参加する専門職につきましては、会議の内容により異なりますが、ケアマネージャーや訪問介護事業所、薬剤師理学療法士作業療法士など、多様な職種の方々に参加していただいており、また、地域住民として、自治会民生委員参加するなど、本会議を通じて顔の見える関係構築を図られているものと考えております。  

長崎市議会 2018-06-26 2018-06-26 長崎市:平成30年第2回定例会(8日目) 本文

改正内容といたしましては、指定地域密着型サービス事業の申請者に係る要件並びに指定定期巡回・随時対応型訪問介護看護及び指定夜間対応型訪問介護に従事する訪問介護員等の資格に係る要件が拡大されたことに伴いまして関係条文の整備を行ったものでございます。  以上でございます。

諫早市議会 2018-06-01 平成30年第2回(6月)定例会(第1日目)  本文

次に、定期巡回・随時対応型訪問介護看護及び夜間対応型訪問介護については、これらの事業所に勤務する訪問介護員の資格について、介護福祉士または介護職員初任者研修課程修了した者に限定したものでございます。  このほか、内容については変更ございませんが、文言の整理などを行っております。また、この条例施行期日平成30年4月1日としております。  

長崎市議会 2018-05-31 2018-05-31 長崎市:平成30年議会運営委員会 本文

次に第17号報告は、介護保険施行規則及び指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準の一部が改正され、指定地域密着型サービス事業の申請者に係る要件並びに指定定期巡回・随時対応型訪問介護看護及び指定夜間対応型訪問介護に従事する訪問介護員等の資格に係る要件が拡大されたことに伴い、長崎市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部を改正したものでございます