11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

諫早市議会 2019-12-04 令和元年第5回(12月)定例会(第4日目)  本文

先般、西東京に行っても、やはり情報共有化をすることによって何がいいかというと、患者さんの治療への時間、それから退院後の体制づくりの時間が、情報共有をしている間を考えると、それは当然役立つものであるというふうに言われておりましたので、ぜひ今後とも、この推進会議の中で深く検討をしていただきたいと思っております。  

諫早市議会 2019-03-03 平成31年第1回(3月)定例会(第3日目)  本文

そして、2月7日には諫早市及び在宅医療介護連携支援センター視察に行かれた東京西東京へ伺いました。西東京は人口約20万人、高齢化率23.8%、地域包括支援センターは8カ所です。現在3年目に入った支援センター在宅療養連携支援センター「にしのわ」の名称で庁舎内高齢者支援課の隣にあり、人員は2名。  市内総合病院から出向されていました。

諫早市議会 2018-09-03 平成30年第3回(9月)定例会(第3日目)  本文

参考にしたところというか、先進地についてですが、東京周辺の武蔵野市と西東京のほうに視察に行っております。  7月になってからですので、医師会員で、このセンターの業務をする職員と、市のほうの職員とあわせて行かせていただきました。  2カ所とも活発に活動をされているところで、大変参考になったということでございます。  

諫早市議会 2006-06-03 平成18年第2回(6月)定例会(第3日目)  本文

私も5月16、17、18日、草加市と西東京と、それから藤沢市に行政視察に行ってきたんですが、そういうところは本当よく行財政考えていますよ。幼稚園が何園かあったのを統合するとか、諫早みたいにゆたっとしていないんですよ。なぜかというと、それだけ税金がかかるから、そこら辺はゆたっとできないんです。それほど諫早市が豊かな市なんですかと私は聞きたいんですよ。財務部長、豊かな市なんですか。

平戸市議会 2003-03-01 03月06日-03号

まず、機構改革のところから話をしたいと思うんですけれども、先ほども言いましたように、全庁的な取り組みをしないと解決できない、以前にも西東京で新しい市を設立した際に、子ども課、あるいは子ども係ということで子供のライフスタイルに合わせて、例えば、今の機構ですと、一番最初に生まれた段階、あるいは妊娠の段階保健センターで、保健センター福祉事務所で所管するような形で、六歳以降になってくると教育委員会というような

平戸市議会 2002-06-01 06月12日-02号

そして、西東京子供係というのをつくっておりますし、子供の問題というのはどこにでも存在していることだと思うんですよね。結局、いろんな体験をさせなきゃいけないということで。だから、どうしてもそのことを検討の中に位置づけていただいて、ぜひお願いしたいというふうに思います。 

平戸市議会 2001-09-01 09月06日-03号

私は去年、総務委員会田無市、保谷市を研修に行って、あそこは西東京として新たに誕生しているんですけれども、そこで私ずうっと見ていたんですけれども、動きをずうっと見ていましたら、そこで子供課を新設しているんですね。つまり、そういうことで子供の問題については教育委員会というものをちょっと抜けたところにも存在している。

  • 1