運営者 Bitlet 姉妹サービス
91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2016-12-12 長崎市議会 2016-12-07 長崎市:平成28年総務委員会 本文 この考え方なんですけれども、行政実例のほうにおいて位置の条例の提案時期ということが書かれておりまして、まず、事務所の建築着工前とするか工事完了後とするかというところはそれぞれの市の事情によっていずれでも差し支えないという記載がございます。 もっと読む
2016-12-07 長崎市議会 2016.12.07 長崎市:平成28年総務委員会 本文 この考え方なんですけれども、行政実例のほうにおいて位置の条例の提案時期ということが書かれておりまして、まず、事務所の建築着工前とするか工事完了後とするかというところはそれぞれの市の事情によっていずれでも差し支えないという記載がございます。 もっと読む
2016-03-14 佐世保市議会 平成28年  3月定例会 総務委員会-03月14日−05号 それから不服申し立てについてだが、これについての判定は、その判定には形成的効力を有し、任命権者の何らかの処分を待つことなく、判定に従った効力を生ずるという行政実例が出ている。 もっと読む
2016-03-03 長崎市議会 2016-03-02 長崎市:平成28年総務委員会 本文 確かに、資産を無償でお借りして、公共目的で使用する場合には減免の制度がございますが、税務部門にも確認いたしましたが、地方税法の規定、それから行政実例に照らした中で、個々の企業の税額がわかるような資料、この提出は難しいという判断いたしておりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。   もっと読む
2016-03-02 長崎市議会 2016.03.02 長崎市:平成28年総務委員会 本文 確かに、資産を無償でお借りして、公共目的で使用する場合には減免の制度がございますが、税務部門にも確認いたしましたが、地方税法の規定、それから行政実例に照らした中で、個々の企業の税額がわかるような資料、この提出は難しいという判断いたしておりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。   もっと読む
2015-12-12 長崎市議会 2015-12-09 長崎市:平成27年総務委員会 本文 ウ.検討結果でございますが、1)の地方自治法第232条の2の行政実例では、返還対象期間を定めるに当たっては、全くの自由裁量ではないこと、また、2)の返還期間のよりどころにしている民法第724条の20年の期間制限は、経過により請求権が消滅するとの裁判所の判決が示されていること、3)の他都市の調査においても、20年を超える2市については、明確な根拠が見出せなかったことなどから、現在の要綱を変更することは もっと読む
2015-12-10 五島市議会 平成27年 12月 定例会-12月10日−03号 ◎総務課長(東條一行君) 法律や法律の解説あるいは行政実例に基づいて御説明いたします。  町内会というのは、任意に組織された団体でありまして、市町村行政の行政組織ではないということが言われております。   もっと読む
2015-12-09 長崎市議会 2015.12.09 長崎市:平成27年総務委員会 本文 ウ.検討結果でございますが、1)の地方自治法第232条の2の行政実例では、返還対象期間を定めるに当たっては、全くの自由裁量ではないこと、また、2)の返還期間のよりどころにしている民法第724条の20年の期間制限は、経過により請求権が消滅するとの裁判所の判決が示されていること、3)の他都市の調査においても、20年を超える2市については、明確な根拠が見出せなかったことなどから、現在の要綱を変更することは もっと読む
2015-09-09 長崎市議会 2015-09-08 長崎市:平成27年議会運営委員会 本文 これは行政実例でございます。  8.委員及び補充員の政治団体に属する者の制限といたしまして、それぞれその中の2人が同時に同一の政党その他の政治団体に属する者となることとなってはならないとなっております。  9.委員及び補充員の選挙ですが、(1)地方公共団体の議会において選挙すると地方自治法で定められております。   もっと読む
2015-09-08 長崎市議会 2015.09.08 長崎市:平成27年議会運営委員会 本文 これは行政実例でございます。  8.委員及び補充員の政治団体に属する者の制限といたしまして、それぞれその中の2人が同時に同一の政党その他の政治団体に属する者となることとなってはならないとなっております。  9.委員及び補充員の選挙ですが、(1)地方公共団体の議会において選挙すると地方自治法で定められております。   もっと読む
2015-08-12 長崎市議会 2015.08.12 長崎市:平成27年議会運営委員会 本文 長崎市の場合は、その実例として出されておるのには、契約の方法であるとか、目的であるとか、相手方であるとか、一番最大の契約金額であるとか、こういったことについて議案として上げればいいんだよというような行政実例を出されていますよね。 もっと読む
2015-08-08 長崎市議会 2015-08-12 長崎市:平成27年議会運営委員会 本文 長崎市の場合は、その実例として出されておるのには、契約の方法であるとか、目的であるとか、相手方であるとか、一番最大の契約金額であるとか、こういったことについて議案として上げればいいんだよというような行政実例を出されていますよね。 もっと読む
2013-06-24 長崎市議会 2013.06.24 長崎市:平成25年議会運営委員会 本文 次に、行政実例でございますけれども、委員会に付託された事件以外については、地方自治法及び標準会議規則において特に禁止している規定はないので、必要があればその手続等については、当該議会において適宜定めればよいとしております。これらを踏まえまして、ご協議をお願いいたしたいと思います。 井上重久委員長 ただいま議事課長から説明をしていただきました。   もっと読む
2013-06-06 長崎市議会 2013-06-24 長崎市:平成25年議会運営委員会 本文 次に、行政実例でございますけれども、委員会に付託された事件以外については、地方自治法及び標準会議規則において特に禁止している規定はないので、必要があればその手続等については、当該議会において適宜定めればよいとしております。これらを踏まえまして、ご協議をお願いいたしたいと思います。 もっと読む
2012-09-21 佐世保市議会 平成24年  9月定例会 企業経済委員会-09月21日−04号 ◎森永観光物産振興局長   会計上処理はしているが、行政実例等で犯人等が見つかったら、求償をして、その部分についての市の会計への入金という道もあるので、それが見つかった場合の決着であると考えている。 ◆宮城委員   犯人が名乗り出てくれればいいが、警察は時効が来るまでずっと追及してくれるだろうか。 もっと読む
2012-06-21 佐世保市議会 平成24年  6月定例会 企業経済委員会-06月21日−02号 昭和28年4月28日の行政実例に基づくと。確かに実例に基づくのだろうが、昭和28年というとても古いものを引っ張り出してこなくても、こういう状況のときにはこうだということが整理されてないのか。この実例が本当に正しいのかという話からやらないといけなくなると思うので、何か機会があれば整理をされておいた方がいいのかと思うがどうか。 もっと読む
2012-03-12 佐世保市議会 平成24年  3月定例会 企業経済委員会-03月12日−04号 いま、永安委員もおっしゃったが、私も前回の研究会で申し上げたが、行政実例でも明らかなように、皆さんたちが、その時点では最良の策だとして、いわば3人が、紛失した公金の金額を補てんをされるという行動を起こされた。ただ、あの時点で私も申し上げたが、正直、それは公金を取り扱う以上はしてはならないことを皆さんたちはされたと私は理解している。決して、いい行動ではなかった。 もっと読む
2011-09-26 佐世保市議会 平成23年  9月定例会 総務委員会-09月26日−03号 ◎本山企画部長   先ほど質疑があった公有財産取得の際の方針について、−−方針決裁ということで、財産管理課の方で市長までの決裁をとられているのだが、先ほどあったように、休眠抵当権というのは被担保債権額の小さい抵当権登記は有名無実であるから、買主としては遅延権としてその抹消にこだわる必要はないという、行政実例だが、そういうこともあって、先ほど行政センター所長の方から説明があったが、このことについて求償 もっと読む
2011-09-15 長崎市議会 2011.09.15 長崎市:平成23年総務委員会 本文 日向行政体制整備室長 今、常勤の職員の範囲ということですけれども、これは、自治法上、常勤の職員ということで、この行政実例によれば、臨時あるいは非常勤の職員については含まれないということで整理がされております。   もっと読む
2011-09-12 長崎市議会 2011.09.12 長崎市:平成23年議会運営委員会 本文 これは行政実例でございます。  8.委員及び補充員の政治団体に属する者の制限といたしまして、同一の政党その他の政治団体に属する者は、1人に限り委員又は補充員となることができることになっております。  9.委員及び補充員の選挙ですが、(1)地方公共団体の議会において選挙すると地方自治法で定められています。   もっと読む