運営者 Bitlet 姉妹サービス
86件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 長崎市議会 2018-12-05 長崎市:平成30年第4回定例会(5日目) 本文 今、本当老朽危険空き家の問題が市内でも大きく問題となっていて、この前、行政執行のニュースも出ておりました。一戸建てですとああいう処置もできるんですけど、マンションだとやはり10戸、20戸、30戸というふうになると、やはり行政執行というわけにはとてもいかないわけですね。 もっと読む
2018-12-04 長崎市議会 2018-12-04 長崎市:平成30年第4回定例会(4日目) 本文 そのような中、先月県内では初めてとなる所有者を特定している老朽危険空き家を解体する行政執行が行われました。このことについては今後所有者から解体費の回収等の課題がありますが、市として確実に回収できるよう最大限の努力をしていただきたいと思っております。   もっと読む
2018-10-23 長崎市議会 2018-10-23 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 また、老朽危険建築物の除却につきましては、行政執行まで踏み込んだ指導強化を図り、安全安心なまちづくりを推進してまいります。  1枚めくっていただきまして、383ページをお願いいたします。これに関連する主な事業といたしまして、老朽危険空き家除却費補助金と安全・安心住まいづくり支援費を記載しておりますので、ご参照ください。   もっと読む
2018-09-21 長崎市議会 2018-09-21 長崎市:平成30年第3回定例会(8日目) 本文 次に、同じく土木費において、香焼町において、市道側へ倒壊するおそれが非常に高い老朽危険空き家があることから、法に基づく行政執行による除却を行うための必要経費が計上されております。   もっと読む
2018-09-18 長崎市議会 2018-09-18 長崎市:平成30年総務委員会 本文 次に、第47節特定空家等行政執行負担金450万円につきましては、建築指導行政費に係るものでございます。  説明は以上でございます。 11 ◯山口政嘉委員長 これより質疑に入ります。   もっと読む
2018-09-12 長崎市議会 2018-09-12 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 今後、所有者自身による危険回避実施の動きが見込まれないために、空家等対策の推進に関する特別措置法に基づく行政執行による除却を想定しておりまして、そのために必要な経費を計上するものでございます。次に、2.事業費内訳でございますが、工事請負費450万円であります。 もっと読む
2018-05-24 長崎市議会 2018-05-24 長崎市:平成30年都市整備・交通対策特別委員会 本文 それでもなお難しいものにつきましては、私どもが持ち得ております老朽空き家除却でありますとか、補助金は当然使っていただいているわけですけれども、今年度におきましては行政執行という予算もとらせていただいておりますので、積極的に行政が乗り出していってこの老朽危険空き家を除却する、解消するということも今後進めていきたいと思っとります。 もっと読む
2018-03-15 長崎市議会 2018-03-15 長崎市:平成30年第1回定例会(6日目) 本文 そのほか、土木費におきましては、行政執行による除却の対象となる特定空家の要件、新市庁舎周辺道路について、新市庁舎と市民会館の間に横断歩道を増設する考え、宅地のがけ災害対策費補助金について、第三者への影響の有無にかかわらず補助の対象とする考え、急傾斜地崩壊対策事業の優先順位の考え方、大黒町恵美須町線整備について、中央郵便局との協議状況と事業の完了時期、稲佐山公園スロープカーについて、施設の耐用年数と もっと読む
2018-03-09 長崎市議会 2018-03-09 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 先日の議会で行政執行が初めて上がってきました。あれも西琴平、浪の平のほうじゃなかったですかね。非常に、小菅、浪の平、あの斜面地も含めて、それこそ港が見える稲佐とか、私は多いと思うんですよね。そこが入ってないんですけど、今の回答と全然つじつまが、私、合わないのかなと思うんですよね。 もっと読む
2018-03-06 長崎市議会 2018-03-06 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 なお、平成30年度におきましては、西琴平町で、市道に向かって倒壊するおそれが非常に強く、現在、指導中の特定空家について、行政執行による除却も想定されておりますので、その必要な経費を委託費の中に計上しております。次に、2.事業費内訳でございます。内訳は表に記載のとおりですが、委託料1,091万5,000円のうち、行政執行にかかる経費が490万円でございます。 もっと読む
2017-12-04 長崎市議会 2017-12-04 長崎市:平成29年第5回定例会(4日目) 本文 また、差し迫った危険があり、かつ所有者が見つからない等の場合は、空家等対策の推進に関する特別措置法に基づく行政執行等も視野に入れ、対応を行ってまいりたいと考えております。   もっと読む
2017-09-15 五島市議会 平成29年  9月 定例会-09月15日−02号 この事業は、県内初の行政執行であります。これまでの経緯をお聞かせください。そして、認定件数が69件と資料に載っております。この69件の地区別の数をお聞かせください。  そして、現在も続いておる認定継続中というのが34件上がっております。この34件について、今後の予定をお聞かせください。  以上でございます。 ◎総務企画部長(久保実君) お答えいたします。   もっと読む
2017-07-06 佐世保市議会 平成29年  6月 定例会-07月06日−06号 また、今回の条例改正により設けられた緊急安全措置の規定に基づく行政執行までの基本的な流れ及び期間についてただしましたところ、当局から、「基本的には、特定空家等として認定後、助言・指導、勧告、命令、代執行という流れになる。 もっと読む
2017-03-14 長崎市議会 2017-03-14 長崎市:平成29年建設水道委員会 本文 具体的に、今後は、本来今まで裁量に委ねられとったことであっても、それをしなかったことに対しての行政的なリスクというものも当然今後出てくるということも想定しておりますので、具体的にその命令を出すということは、先に行政執行というのを見据えた上での実際の実務的な動きについて、作業中ではありますけれども、具体的な考え方の整理であったりとか、具体的な物件であったりとかそういったものを通して、今具体的な検討に もっと読む
2017-02-24 南島原市議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-02月24日−03号 私は、だから今、特措法ができて、そういった特定空家等に対して撤去とか、あるいは助言、指導、勧告、命令、行政執行、こういったものだけじゃなくして私は利活用していくということで、これには農林もありますよね。農村、漁村のいわゆる交付金事業というのがいっぱいあるんですよ、はっきり言って。その中でいっぱいあるんですよ。 もっと読む
2017-02-24 南島原市議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-02月24日−03号 私は、だから今、特措法ができて、そういった特定空家等に対して撤去とか、あるいは助言、指導、勧告、命令、行政執行、こういったものだけじゃなくして私は利活用していくということで、これには農林もありますよね。農村、漁村のいわゆる交付金事業というのがいっぱいあるんですよ、はっきり言って。その中でいっぱいあるんですよ。 もっと読む
2016-10-27 長崎市議会 2016-10-27 長崎市:平成28年建設水道委員会 本文 まず、第3目街路事業費につきましては、土木費の欄の下から8段目になります【単独】都市計画街路整備事業、地方道路等整備事業費の小ヶ倉蛍茶屋線(白木工区)において、行政執行に係る関係機関との調整に日時を要し、道路改良工事が年度内に完了しなかったことにより、翌年度に繰り越したものでございますが、所有者が建物を取り壊したため、工事に着手し、12月中には工事が完了する予定でございます。 もっと読む
2016-10-06 佐世保市議会 平成28年 10月開催 都市整備委員会-10月06日−04号 昨年、空家等対策の推進に関する特別措置法が制定され、当然、行政執行という権限も持っているが、行政執行を行うと200万円や400万円という費用がかかる。したがって、行政執行の権限は持っていても、要綱に沿った簡易な費用で対応できるような対策費は残しておこうと、毎年、予算を計上しているものであるが、このような事象が平成27年度は発生しなかったということである。   もっと読む
2016-09-12 松浦市議会 平成28年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2016年09月12日 そして、命ぜられた者がその措置を履行しないときは、標識を設置し、行政執行に基づき、みずから、または第三者に行わせるという、市民にとってそれこそ大変重大な細則が議会に諮らないで済む、議員に説明もしない規則が決められています。議会で決定しなければならない条例がなぜつくられなかったのでしょうか。なぜ適用期日を規則ができる前にしなければならなかったでしょうか。 もっと読む
2016-09-06 長崎市議会 2016-09-06 長崎市:平成28年第4回定例会(2日目) 本文 その実現に向けて、関係部局で連携するとともに、周辺への危険度や緊急度の高い特定空き家について、たび重なる指導を行っても対応されない案件や、所有者が不明の案件は、空家特措法に基づき、命令や行政執行も視野に入れ、取り組んでまいりたいと考えております。  以上でございます。 もっと読む