26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

島原市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第5号) 本文

北部のほうで始めるということですけれども、まだ南のほうは既存のバスのルートだろうと思いますので、できれば早く市内を網羅できるような、そういうふうな制度にしてもらいたいと思いますし、もう一つお聞きしたいのは、自家用自動車による有償運送、これは法の78条だそうですけれども、これについて何か市で活用できるようなものはあるでしょうか。

五島市議会 2014-09-12 09月12日-02号

◆16番(橋本憲治君) 再度質疑いたしますが、既に自動車取得税税率軽自動車を除いて自家用自動車については5%から3%へ引き下げられています。それから、営業用自動車については3%から2%に引き下げられています。この影響額についてお答えください。そしてまた、今回の軽自動車税率の引き上げに伴う影響額について説明をお願いをします。

西海市議会 2014-03-05 03月05日-03号

自転車を始めとする車両交通事故防止対策につきましては、本市を含め、西海警察署西海地区交通安全協会西海地区建設関連業者交通安全協議会西海地区自家用自動車協会西海交通安全母の会及び西海老人クラブ連合会で組織する西海交通安全協議会を中心に啓発活動を行っておりまして、各種団体と連携を密にして取り組んでいるところであります。今後も同様に、交通事故防止に力を注いで参りたいと存じます。 

平戸市議会 2014-03-01 03月03日-01号

過疎地有償運送とは、自家用自動車使用して有償にて旅客移送サービスができるものであり、運輸局登録を必要といたします。登録を受けるためには、平戸市愛のり交通活性化委員会に諮る必要があり、過疎地有償運送に関する検討、協議を行う体制を整えるため、委員会所掌事務委員追加等により、その機能を拡充するため、地方自治法第九十六条第一項第一号の規定により、議会の議決をお願いするものであります。 

長崎市議会 2011-12-12 2011-12-12 長崎市:平成23年市庁舎建設特別委員会 本文

また同時に、今後の交通体系というものを考えていくときに、公共交通利便性を向上させて、自家用自動車から公共交通へ転嫁していくという課題もあわせて持っております。そのため、限られたスペースの中で多くの駐車場を確保していくことは、ほかの機能にも影響していくことが考えられますので、自家用自動車だけではなくて、公共交通を使いやすくするような取り組みについても検討していきたいと思っております。  

諫早市議会 2010-03-02 平成22年第1回(3月)定例会(第2日目)  本文

自家用自動車であります公用バスは、有償での運送使用をしてはならないということになっておりますけれども、これまでこの有償の解釈が非常に問題でございまして、実費を取っていいのかとか、そういうことで一時有償運送法というのでは、全国的にこういう公用バスの活用というのが非常に下火になってしまったというようなことになっております。  

雲仙市議会 2008-09-24 09月24日-07号

総務部長小川龍二君) 一般市民向け対策についての御質問でございますが、原油高騰が原因で、一般市民の皆様におかれましても食料品自家用自動車の燃料、それから、さまざまな商品、料金等々の値段が上昇をいたしておりまして、それぞれの家計の圧迫をしていると、日常生活に重大な影響が出ていることは十分に承知をいたしているところでございます。 

雲仙市議会 2008-09-10 09月10日-04号

このような中、少子高齢化進展自家用自動車の普及などにより、公共交通利用者が大幅に減少し、収益による経営悪化が懸念されるバス事業者におかれましては、採算性を重視した路線設定ダイヤ調整を基本に事業運営せざるを得ない状況であり、採算がとれてない赤字路線につきましては、地方バス路線対策事業といたしまして、国や県、沿線自治体が協調して補助金を交付する制度に基づき、地域公共交通の維持、存続のため、雲仙市

雲仙市議会 2006-07-25 03月07日-03号

また、一般公用車使用につきましてもマイクロバスと同様、一般行政福祉行政教育行政事務事業遂行のための自家用自動車として登録されておりますので、使用範囲等について管理規則を定め、適正な管理を図ってまいりたいと考えております。 なお、残余につきましては、教育長総務部長より答弁させていただきます。 ○議長(酒井八洲仁君)  市長。

五島市議会 2006-06-14 06月14日-02号

特定非営利活動法人等が、新道路運送法規定により、国土交通大臣登録を受けたときは、自家用自動車による有償旅客運送が可能となっております。 現在は、五島市社会福祉協議会及び社会福祉法人明和会「ゆうゆうの里」からの移送サービスについての協議があっており、福祉有償運送運営協議会において関係機関協議をしているところでございますが、今後は他の団体についても登録申請を啓発してまいりたいと考えております。 

  • 1
  • 2