3237件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-22 時津町議会 平成31年第1回定例会(第4日 3月22日) 答弁としまして、これまで臨時・非常勤職員には明確な規定がなく、守秘義務などの服務を課すべき職員を特別職で任用している自治体が多数あることが問題となり、今回の法改正がなされた。 もっと読む
2019-03-06 時津町議会 平成31年第1回定例会(第2日 3月 6日) そのほかに、県内において返済の義務がない給付型奨学金制度がある市町としましては、大村市と五島市があり、大学の修学期間中に月額5万円を給付する制度となっております。  本町奨学金制度としましては、高校・大学等の修学期間中に月額1万5,000円から3万5,000円を無利子にて貸し付けを行っております。   もっと読む
2019-02-13 長崎市議会 2019-02-13 長崎市:平成31年議会運営委員会 本文 第1号報告から第4号報告までの「専決処分の報告について」は、いずれも市長の専決処分事項の指定に基づき、法律上、市の義務に属する損害賠償の額の決定及び和解3件、訴訟物の価額が300万円以下の訴えの提起2件、市営住宅の家賃等の支払いの和解3件、工事の請負契約の一部変更1件を専決処分したものでございます。   もっと読む
2018-12-20 佐世保市議会 平成30年 12月 定例会-12月20日−06号 地方独立行政法人佐世保市総合医療センター第2期中期目標の策定の件 第24 第195号議案 佐世保市福祉活動プラザの指定管理者の指定の件 第25 第212号議案 工事請負契約締結の件(吉井地区公民館等・福井洞窟ガイダンス施設(仮称)建設(建築)工事) 第26 第213号議案 佐世保市介護医療院の人員、施設及び設備並びに運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定の件 第27 請願第62号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度 もっと読む
2018-12-14 長崎市議会 2018-12-14 長崎市:平成30年第4回定例会(6日目) 本文 今回の改正は、屋外広告物の落下事故等による被害の防止を図るため、広告物及び掲出物件に係る管理義務並びに屋外広告業の業務主任者資格の要件を見直し、新たに広告物及び掲出物件に係る点検義務を定めるとともに、その他所要の整備をしようとするものであります。 もっと読む
2018-12-12 長崎市議会 2018-12-12 長崎市:平成30年コンベンション誘致対策特別委員会 本文 ただ、昨年、庁内で宿泊税の導入の可能性について検討を行っておりまして、観光客の受け入れ環境整備のため、受益者である観光客が納税義務者となる宿泊税については、観光客、それと住民についても理解が得られやすいのではないかという結論に至っております。 もっと読む
2018-12-12 長崎市議会 2018-12-12 長崎市:平成30年都市整備・交通対策特別委員会 本文 この特定道路に指定されますと、新設や改築の際、バリアフリー法第10条に基づきまして制定いたしました長崎市移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する条例に定めたバリアフリー化基準に適合させる義務が生じることになりますので、新市庁舎建設に伴う周辺の市道の整備に際しましても、歩道等の段差解消はもとより、バリアフリー化基準にのっとった道路構造への転換を図り、来庁者を初め、通行する皆様が安全かつ快適にご利用 もっと読む
2018-12-12 長崎市議会 2018-12-12 長崎市:平成30年地域づくり・人口減少対策特別委員会 本文 そういった中では今後、地域に寄り添って地域ごとの課題をしっかり把握して取り組んでいく、また先ほど委員からご指摘がありました、また総務委員会の中でも一定の3年間の取り組み状況については、その状況を議会にご報告しその時点での課題について議会でもご議論いただく場が必要だということで我々としても、義務が課せられているところでございます。 もっと読む
2018-12-12 松浦市議会 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年12月12日 義務教育に学校区制が導入されたのは、昭和16年公布の国民学校令からです。それまでの尋常小学校には学区制はなく、どこの学校に通うかは児童生徒が自由に選べました。また、近年、学区制の撤廃及び学区の統合や緩和などによる範囲の変更や学区外への入学、通学が認められることが多くなってきています。学校区を撤廃することのメリットは、子どもたちや父兄に選択肢を与えることが可能になることだと思います。   もっと読む
2018-12-11 松浦市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月11日 次に、予算の歳出について義務的経費といわれる扶助費、人件費、公債費について、これもどのように使われる経費であるのかという説明と、平成25年度から平成29年度の年度別の金額及び経常的な一般財源に占める割合の推移についてお尋ねしたいと思います。   もっと読む
2018-12-11 佐世保市議会 平成30年 12月 定例会-12月11日−05号 まず、人件費や扶助費、公債費といった義務的経費に、市税や地方交付税などの経常的な収入がどの程度充当されたのかを示す経常収支比率でございますけれども、この数値は高いほど義務的経費に充当する必要がある、すなわち、弾力性が低下することを示したものでございますが、平成29年度における経常収支比率は91.5%でございました。 もっと読む
2018-12-10 佐世保市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−04号 議員御紹介の松江市では、義務教育9年間の系統性を考慮して作成した学び方指導体系表を基盤とすることで、学校司書の学習指導への参画を促進されております。このことは本市においても、学校司書の効果的な活用を促す上で大きなヒントとなり得るものと考えております。 もっと読む
2018-12-07 長崎市議会 2018-12-07 長崎市:平成30年総務委員会 本文 97 ◯深堀義昭委員 ほとんどの会社が義務化されて持っているのですかと聞いているんだよ。 もっと読む
2018-12-07 佐世保市議会 平成30年 12月 定例会-12月07日−03号 次に、平成31年度当初予算の計上についてでございますけれども、指針におきまして、義務的経費や経常的に実施されている事業などを中心とした編成としつつ、既に着手済みの継続事業につきましても、事業効果を早期に発現させるため、なるべく当初予算で計上する方向で調整する予定としております。 もっと読む
2018-12-07 長崎市議会 2018-12-07 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 できんかったやっかとなったら、もうちょっとこういうことでできんかったけん、来年のいつぐらいまでにはできますよと説明する義務があるんですよね。だから、これだけの説明じゃ全くわからない。何で繰り越したとかというのがまずわからない。当然、繰り越しするというのは、ああこれはもう仕方なかばいねというところはいっぱいあると思いますよ。 もっと読む
2018-12-07 長崎市議会 2018-12-07 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 市民に納税の義務を負わせて、住民投票という権利を奪っています。本市の財政は経常収支比率97.3%。非常に硬直化し、弾力性が全くありません。公債費残高2,513億円。事務的経費60.3%、人口は合併時より約8,000人減少。悪化の一途をたどっています。市民生活、大型建設事業の両方に取り組んでいくことなど、とてもできない状態にあります。まずは、福祉、教育、上下水道のインフラ整備。 もっと読む
2018-12-06 長崎市議会 2018-12-06 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 につきましては足場等を立てての点検ではございませんので、目視及び手の届く範囲での打診による調査ということでさせていただいて、あわせまして、先ほどの5ページの右下にございます、これも建築課のほうというよりは各所管で徹底をお願いしとるというところでございますけれども、うちのほうから10年を超えて、簡単に言えば10年置きに危ないところを全部打診による点検をしなさいというようなことを各所管におきまして、そういう義務 もっと読む
2018-12-06 長崎市議会 2018-12-06 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 アには、学校給食法第4条において、義務教育諸学校の設置者は、学校給食が実施されるように努めなければならないとする学校給食の実施根拠を、イには、学校給食の実施に要する経費の負担区分について、学校給食法第11条において、施設及び設備に要する経費並びに人件費については学校設置者の負担とし、一方、それ以外の経費を学校給食費として保護者の負担とすることが規定されていることを記載しております。 もっと読む
2018-12-06 長崎市議会 2018-12-06 長崎市:平成30年総務委員会 本文 修正を要する部分は附則第1項の施行日「平成30年11月1日」を「平成31年3月1日」に、同じく第2項の見出し、「(検討)」を「(条例施行後の検討の義務)」に改め、同行中「市長は」の次に「、この条例の施行後3年を経過するまでの間において」を加えようとするものでございます。   もっと読む
2018-12-06 佐世保市議会 平成30年 12月 定例会-12月06日−02号 国内でも家庭系食品ロス量について、2030年度までに2000年度の半分にする目標を盛り込む方向で、党として自治体に食品ロスの削減計画策定を努力義務として課すことを盛り込んだ法案の国会提出も検討しているところであります。   もっと読む