957件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲仙市議会 2020-12-17 12月17日-06号

2期目であるこの4年間は、雲仙まちひと・しごと創生総合戦略を内包した第2次雲仙総合計画に基づき、各分野において確実な事業推進を図り、特に子育て世代経済的負担を軽減する新子育て応援パッケージ創出や、農業分野における大型農地整備事業推進観光分野における雲仙観光戦略の作成など、本市を飛躍させるための方向性は一定整理できつつあると思っております。 

佐世保市議会 2020-12-10 12月10日-06号

そこで、このような人口減少社会対応すべく、令和2年度からの第7次佐世保総合計画は、官民連携地方創生を目指す「まちひと・しごと創生総合戦略を包含し、さらには西九州させぼ広域都市圏発展といった視点も併せ持つ計画としており、民間と行政の連携近隣市町との連携などの取組を進めているところでございます。 

長崎市議会 2020-12-10 2020-12-10 長崎市:令和2年第7回定例会(6日目) 本文

第2期まちひと・しごと創生総合戦略が今年度より始まります。若い世代に選ばれる魅力的なまちをテーマに長崎市全体で取り組んでいくこととなっております。今日は、長崎市の最大の懸案事項とも言える人口減少対策のために、特に子ども子育て・教育に対して質問を行いたいと思います。どうぞよろしくお願いします。  1.学習指導要領改訂への対応について。  

佐世保市議会 2020-12-09 12月09日-05号

そのような中、陸・海上自衛隊の施設が所在しております本市といたしましても、地域として生産労働人口の活用ということから、佐世保市で退職される自衛官の再就職支援について、平成27年10月策定の「佐世保まちひと・しごと創生総合戦略の中で、退職自衛官市内企業への再就職促進のための施策を行ってまいりました。 

五島市議会 2020-12-07 12月07日-05号

また、総合戦略ではですね、これから40年後に人口目標を2万人、これについてはしっかり死守するんだというふうな計画にしておりまして、そのための数値目標としては、令和6年度までに合計特殊出生率を1.97、そして社会減をゼロにするという目標を掲げております。 この合計特殊出生率ですが、これはちょっと人数が少ないんでぶれが大きいんですけども。

長崎市議会 2020-12-04 2020-12-04 長崎市:令和2年人口減少対策特別委員会 本文

また各部局の緊密な連携を図る観点から、総合戦略推進に関して関連が深い所属長で構成する幹事会を置き、推進本部の運営について必要な事項を調整するとともに、関係課による部会を設置し、人口減少に関する個々の施策について具体的な協議、検討を行っております。今年度は部会において、次年度の予算編成につなげていくことを目的に、前年度の総合戦略に基づく取組評価を行いました。

諫早市議会 2020-12-02 令和2年第5回(12月)定例会(第2日目)  本文

45 ◯島田和憲君[42頁]  引き続きということでございますけれども、確かに中心市宣言等とか共生ビジョン策定までの時間的な制約というのはございませんけれども、第1期まちひと・しごと創生総合戦略重要業績評価指数、いわゆるKPIにおいては、近隣市と連携し、平成31年度までというような取組目標を立てておられました。  

時津町議会 2020-12-01 令和 2年第4回定例会(第1日12月 1日)

まず、1点目の第2期時津町総合戦略ではどのように取り入れていくのかについてお答えいたします。  昨年12月に策定されました国の第2期まちひと・しごと創生総合戦略におきましても、各種施策の横断的な目標として、地方創生SDGs実現など、持続可能なまちづくりが掲げられたところでございます。  

平戸市議会 2020-12-01 12月09日-02号

市民皆さん方というのは、例えば経済対策であれば、うちの総合計画であるとか、あるいは総合戦略であるとか、あるいは人口減少問題対策、こういう対策については、どちらかといえば行政任せじゃないですか。 ところが、実際自分たちにかかってくる命に関わる問題、あるいは災害対策での危機管理状態、コロナも併せてですよ。

松浦市議会 2020-12-01 令和2年12月定例会(第3号) 本文

として、圏域全体の発展を牽引する中心的な役割を果たすという中核市の役割を果たすため、佐世保市周辺の13市町で形成する区域において、平成31年1月12日に西九州させぼ広域都市圏連携中枢都市圏)形成に係る連携協約を締結しましたとありますが、なかなか難しいというか、よく分からないというか、連携中枢都市圏構想というのは、2014年にまちひと・しごと創生法、これに基づいて国が作成したまちひと・しごと創生総合戦略