1040件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-12-10 2019-12-10 長崎市:令和元年総務委員会 本文

今言われたように、次年度からまた指定管理の関係、公募されていくと思いますので、各担当所管あるいはこの指定管理を総括する総務でも、何でこういう状態になったのかというのを検証して次の指定管理に生かしていただくことをまずお願いし、問題を指摘しておきたいと思います。

長崎市議会 2019-12-09 2019-12-09 長崎市:令和元年建設水道委員会 本文

ただ、ご指摘のとおり、ここはある程度統一すべきではないかという部分につきましては、やはり複数の事業者から提出された際に、どうやってそれぞれの経費を見ているかという比較検討する必要が出てくることは当然ながらあると思いますので、この辺は項目ごと、どういった経費を割り振るべきかという分につきましては、指定管理者制度を統括しております総務とも少し協議してみたいと思っております。  

長崎市議会 2019-12-09 2019-12-09 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

資料要求として、市が積算した上限額の内訳を示すようにという話がありましたけれども、指定管理の所管部である総務とも協議した結果、内訳は非公表で提出できないとのことでありましたので、今回追加資料としてお出しさせていただいているのは、上限額と債務負担行為額の状況ということで、今回と前回、それからまた前々回との比較などの表を提出させていただいております。  

長崎市議会 2019-12-06 2019-12-06 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

だとすれば、やはりそこのところの人事体制をきちんと整えろという指摘も今あっているわけですから、これは総務ともよく相談をして、人事に対しては一定の配慮をしていただくことを、これは強く要望しておきたいと思います。それから、金のかかるもの、それから将来的な展望のところまで含めた提案になっていますが、5年ではできません。ロープウェイの延伸についてもそれはできないはずです。

長崎市議会 2019-12-05 2019-12-05 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

それと、やはり先ほど出ましたように、管理経費の縮減というのもあるわけなんですけれども、管理経費がだんだん下がってくるんじゃないかということで、我々もこの人件費等も含めて、積算基準をきちんと総務のほうで出して、それで統一的にやっておりますけれども、この資料の22ページを見ていただきたいんですけれども、先ほどから説明がありますように、技術点と価格点という形で大きく2つ分けてやっておりますけれども、この

時津町議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第1日12月 3日)

次に、総務について御報告いたします。  9月8日に子々川郷中山ダム周辺道路におきまして、時津町消防団中継送水訓練を開催いたしました。  この訓練は、防火水槽などの消防水利から離れた場所で火災が発生したことを想定し、3個から4個の分団が連携を図りながら、消防ポンプから消防ホースを延長して放水を行うという、より実践的な内容で行いました。  

長崎市議会 2019-12-02 2019-12-02 長崎市:令和元年第5回定例会(3日目) 本文

そのような場合には、課長や係長などの管理監督職員がそれぞれの業務の配分を適宜見直すなど、業務量のコントロールを行っておりますが、職員間の業務量の平準化が十分に行われていない所属に対しては、総務が状況の聞き取りを行い、業務量のバランスを図るよう指導を行ってきているところでございます。

長崎市議会 2019-11-08 2019-11-08 長崎市:令和元年総務委員会 本文

第6目土木国庫補助金のうち、建築部の(1)住宅課所管の住宅建設補助金において、【補助公営住宅建設事業費(大園団地)の一部事業を翌年度に繰り越したことなどにより住宅補助金が1億7,665万9,000円の減となったこと、645ページ、第8目教育国庫補助金のうち、教育総務の(1)施設課所管の学校建設補助金において、【補助】空調設備整備事業費の一部を翌年度に繰り越したことなどにより小学校補助金

長崎市議会 2019-11-06 2019-11-06 長崎市:令和元年周辺地区まちづくり対策特別委員会 本文

その点は職員からの意見も十分吸い上げながら、来年度に向けて何とか今年度中にその見直し作業も、総務と一緒になってできるところをまず見直しをしていきたいと考えておりますので、その内容につきましては、今精査をしているところでございますので、何とか新年度に間に合わせたいと考えているところでございます。

長崎市議会 2019-10-29 2019-10-29 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

総合事務所でもよくそういう状態については認識をされて、総務とも協議をされているというのは理解はしますが、やはりケースワーカーの持ち件数が3桁を超える状況が年度当初からそういう実態にあるというのは、いろんな支援、保護だけじゃなくて一人ひとりの利用者に合った支援をするという点で、本当に厳しい状況があると思うので、そのあたりやはりきちんとこういう事業の決算状況等を示しながら、やはりよりそういう利用者の支援

長崎市議会 2019-09-17 2019-09-17 長崎市:令和元年各派代表者会 本文

におきまして、その必要性の判断を行いまして、一定の会議の開催を行っているところでございますけれども、やはり今回のこういう事例を捉えますと、開いている中で会議の中身がどうであったのかというところは問われてくるかと思いますので、今後、そういった定例的な会議における議題、課題が何で、どういうふうな方向で解決していくべきなのか、これをいつまでにやるのか、どの段階でどういう組織的な横のつながり、例えば議案だったら総務

長崎市議会 2019-09-17 2019-09-17 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

なぜ、この段階でこのような異動があったのか、これは総務にかかわることにはなりますけれども、ここの責任というのは非常に重いと思いますけれども、この8月の人事の部分、こども部としてはなかなかここ、かかわる部分は少なかったと思いますけれども、少なくとも部長は4月に来られてこの8月の異動で、幼児課でこういう異動があるということはご存じだったと思うんですれども、その点どのように思っていらっしゃったのか、まず

長崎市議会 2019-09-12 2019-09-12 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

なお、今回改正しようとする2つの点につきましては、目的使用に係る規定については、第118号議案「長崎市居留地建造物条例等の一部を改正する条例」、2点目の附属機関の委員の任期に係る規定については、第112号議案「附属機関の委員の任期等に係る規定を整備するための関係条例の整備に関する条例」として、それぞれ関係条例を1つの議案として束ね、総務委員会において総務のほうから説明を行っております。

長崎市議会 2019-09-11 2019-09-11 長崎市:令和元年総務委員会 本文

資料は、総務、こども部、消防局の連名で提出をさせていただいているものでございます。  まず、資料の1ページをごらんください。1の改正の理由でございますが、先ほど総務部長がご説明いたしましたとおり、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律が令和元年6月14日に公布されております。

島原市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第6号) 本文

その後、総務議会事務局で協議し、パネルを設置することになった。傍聴席の腰壁が約1メートルであり、傍聴席から議場内への転落等を防止するとともに、議場と傍聴席との距離が60センチメートルと近く、議会運営において公平な審議を保つため、傍聴者の視界を妨げないことに配慮して、腰壁の上に透明のパネルを設置するものであるとの答弁。