18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

諫早市議会 2016-09-09 平成28年第3回(9月)定例会(第9日目)  本文

保健医療サービスについては、一般病院への長期入院、いわゆる社会入院など、医療資源の非効率利用を招いているなどの問題がありました。  介護保険では、両制度を再編し、国民の協働連帯の理念に基づき、給付負担関係が明確な社会保険方式により、社会全体で介護を支える新たな仕組みを創設し、保健医療福祉にわたる介護サービスが、利用者の選択により総合的に利用できる体制が構築されました。  

諫早市議会 2014-09-03 平成26年第3回(9月)定例会(第3日目)  本文

69 ◯田添政継君[54頁]  障害者自立支援法が施行されるときに、大きな問題になった一つに、精神障害者社会入院という、いわゆる退院できる状態なのに、引き取り手の方がいらっしゃらなくて、家族とか施設社会的支援を含めてですけれども、その人たちが7万人ぐらいいらっしゃったのです。

長崎市議会 2012-12-07 2012-12-07 長崎市:平成24年教育厚生委員会 本文

101 脇浜福祉総務課長 まず、この介護療養型医療施設を廃止していこうという方針の基本なんですけれども、国としては、その医療費とか介護の費用というのに着眼した中で、社会入院というものを極力排除していくということで、急性期のものについては、当然病院機能医療機能に任せ、そしてリハビリは老健で、それから長く介護施設の中で受け続けるときには特養とか、ほかの

佐世保市議会 2012-09-18 09月18日-04号

過去に、精神障がいと並んで社会入院の対象になりました高齢者認知症社会入院が多かったわけですが、以前、大ざっぱに言いましても20年、30年前と比べましても格段に理解が進んでいると思います。認知症社会入院は減っていると思います。これは介護保険でグループホームなども整備されたこともありますが、当然在宅通所サービス、こういった部分も整備されております。

諫早市議会 2010-09-06 平成22年第3回(9月)定例会(第6日目)  本文

3点目、精神障害者社会入院者の退院促進事業の具体的な進捗状況と、その課題についてお尋ねをいたします。  大きな3点目、諫早市職員勤務実態について。  3番までについては、これも今までの一般質問の中で重複質問になりますので、後で関連質問をさせていただきますが、4点目、公益通報者保護法の遵守についてということで、お尋ねをいたします。  

諫早市議会 2008-06-05 平成20年第2回(6月)定例会(第5日目)  本文

高齢者人口が増加しますと、医療費も増加し、負担割合1割としております長寿医療保険料も比例的に増加するわけでございますが、各保険者実施が義務づけられて一定の成果を求められる特定健康診査特定保健指導による生活習慣病予防、それから療養病床転換事業による、いわゆる社会入院解消等医療費適正化によりまして、医療費の増加が抑えられるよう制度改正も行われているところでございます。  

諫早市議会 2007-12-06 平成19年第6回(12月)定例会(第6日目)  本文

療養病床の削減につきましては、高齢者状態に応じた適切なサービスの提供、医療保険介護保険の財源の効率的活用、医師、看護職員等の限られた人材の活用、また、いわゆる社会入院是正策として、平成24年3月末までに全国12万床の介護療養病床を廃止し、介護老人保健施設等への転換などを行い、あわせて医療療養病床25万床を17万床程度に削減しようとするものでございます。  

大村市議会 2006-08-29 08月29日-02号

特に精神障害者に対する理解生活支援社会復帰のための支援は十分ではなく、いまだ多くの精神障害者社会入院を余儀なくされておるわけであります。企業や医療機関のみではなく、福祉団体公共団体地域住民などの多くの多様な関係者が連携して、障害者の人権の確保社会福祉促進に寄与することが求められております。

佐世保市議会 2006-03-24 03月24日-08号

医療の必要が低い社会入院患者退院させるんだと言いますけれども、これらの患者の多くは病状の変化に対応した医療を必要といたしております。 大体、社会入院については、政府自身が、「受け入れ条件がないために退院が不可能な人たち」と説明してきたではありませんか。佐世保市でも特養老人ホームへの待機者が800人を超えているいま、病院を追い出し、一体どこへ行けというんでしょう。 

諫早市議会 2006-03-07 平成18年第1回(3月)定例会(第7日目)  本文

中でも、今日の被保護世帯は、障害精神疾患による社会入院、ドメスティック・バイオレンス、虐待、多重債務社会きずなが希薄であるなど自立に向けて克服すべき多様な問題を抱えており、関係機関とも連携を図りながら問題解決に努めているところでありますが、場合によっては十分な支援ができない状況もございます。  

大村市議会 2003-12-05 12月05日-02号

しかしながら、国の目指すところが、障害者施設利用社会入院すなわち、障害状況を安定し、いつでも退所、退院が可能でありながら、受け入れる家族に恵まれなかったり、ひとり住まい住居確保できなかったりして入所、入院を余儀なくされている状態解消にあり、そのための事業が進められているわけでございます。

大村市議会 2003-09-04 09月04日-02号

精神障害を持った方につきましては、他の障害者がさまざまな福祉サービス支援を受け、在宅生活を送る中、家族支援が受けられない、ひとり住まいをするにも住居確保ができない、そういったことなどの受け皿の問題で医療機関からの退院ができないという、いわゆる社会入院と言われる状況、この状況をいかに解消していくかが今日の地域の大きな課題であると認識をいたしております。 

佐世保市議会 2002-06-25 06月25日-05号

特に、医療制度改革の中で、今年度4月からスタートしました「社会入院解消180日ルール」つまり、社会入院と判断されたケースに対して医療費自己負担が求められるもので、実質的には、今年度9月28日から第1号の適応者が出てくるという状況にあります。「退院を迫られたらどうすればよいのか」既に心配と不安の声が寄せられております。

時津町議会 1999-06-16 平成11年第2回定例会(第1日 6月16日)

5、介護保険制度は、介護医療保険から切り離し社会入院解消条件整備を図るなどが制度の創設のねらいと言われております。  保険給付の可否を決定する要介護認定作業は、本年10月から開始され、新制度実施は秒読みの段階に入りました。そこで、住民がだれでも、いつでも、どこでも必要なときに必要な介護を受けられるような制度をつくることが大事であります。

島原市議会 1997-09-01 平成9年9月定例会(第5号) 本文

70 8番(内田 豊君)  この81号議案ですけれども、若干御迷惑をかけているといいますか、かけているかと思うんですけれども、今回、国において改正されました医療保険制度ですね、この医療保険制度というのが現在の保険点数の出来高払いとか、それから薬漬けとか、検査漬けとか、それから社会入院とか、それから皆さんも御存じのとおり不正な薬価差益の問題というのは、不正請求

  • 1