113件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2020-08-24 2020-08-24 長崎市:令和2年人口減少対策特別委員会 本文

それはそれで当然いいことということで判断しているけれども、それだけ支援もして補助金をいろいろと補助しても、なかなか子どもの数が増えない、減る一方だということで、そこをじゃ、あなたたちがこれだけいろいろな支援事業をやっても子どもはなかなか増えない、逆に減る一方だという社会現象のどこに原因があるのかということの分析はとうの昔にされていると思うんだよね。だから、そこら辺を改めて私は聞きたいんですよ。

長崎市議会 2020-06-26 2020-06-26 長崎市:令和2年人口減少対策特別委員会 本文

どもこども部だけでなく、経済の部門で言うと商工、住宅の問題、人口流出のような社会現象もありますので企画財政部など、様々な部局としっかり連携しながらまずは若い世代がいて結婚して子どもを産む、そして次の世代につなげていくという環境の循環をしっかり図れるような取組を推進していきたいと思っております。  

諫早市議会 2020-06-03 令和2年第3回(6月)定例会(第3日目)  本文

これはもう時代背景がそういうふうになって、小学校低学年は学童クラブにという世の中の流れではないですけども、大きくなって、数字も、5年たってですか、51.6から64.6と13%増えて、あとが自宅であるとか、その他ですけど、これは大きな伸びで、社会現象とでも言える状況かと思います。  

長崎市議会 2020-03-05 2020-03-05 長崎市:令和2年環境経済委員会 本文

おまけに新型コロナウイルス感染症で、ああいうランタンフェスティバルも42万人も減ってしまったという中で、これはある意味、市役所の仕事のミスで、これだけ閉館というか見られない期間が延びる、そしてまた社会現象長崎にお客さんがお見えにならないときに、2億3,000万円絶対払えってという考えですか。

時津町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日 3月22日)

また、今後は認知症が相当社会現象化してくると思います。そんな中、認知症初期集中支援チーム事業業務委託で町内の2つの病院に委託をして、もう既に取り組んでおります。  今後ますます介護保険の減額が実現できますように取り組んでいただくことを要望して、賛成意見といたします。 ○議長(山上広信君)  次に、反対討論の発言を許します。               

長崎市議会 2018-06-20 2018-06-20 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

誘致することによって、長崎市の活性化を図っていくかという、非常に大事なことなんですが、そのあたりについての連携、もちろん県の協力も必要だと思いますけれども、それからトップセールスとかいろいろ挙げられたと思うんですけれども、そのあたりの誘致についての責任あるといいますか、結果責任を負うような、やはり対策を練ってやっていかないと、あれもします、これもします、でも結果は知りませんよということでは、こういう社会現象

五島市議会 2018-06-11 06月11日-03号

全国の4分の3の市町村人口が減少しておりますが、その大きな要因死亡者数出生者数を上回る自然減社会現象によるものでありますが、地方ほどその問題は顕著で、本市におきましては、殊のほか深刻な状況にあります。 現在、日本では、65歳以上の高齢者が総人口に占める割合は28%でありますが、40年後にはさらにふえて38%になると見込まれています。 

時津町議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会(第4日 3月23日)

○10番(水口直喜君)  この制度をそもそも見直しますと、社会現象、高齢化に伴ってできた制度であります。いろいろと御意見はあろうかと思いますが、粛々とこの制度に基づいて、地方自治体、我が町も来年度の30年度の予算を組まれたものであります。  強いて言うならば、予算内での健全な運用ができることを期待申し上げ、議案第20号に賛成するものであります。

西海市議会 2017-09-13 09月13日-03号

今日、ICT使って、要するにコンピューターを使ってやる授業をやるんだというふうな話をしていたんですけれども、現代は結果を早く求めるために、養老先生ノイズと言っているんですけれども、雑音、つまり結果以外の部分というのは雑音に聞こえる、ノイズに聞こえるというふうなことを言って、非常に現代人たちは自分の結果だけに目を通して、その周りのこと、もううるさいことには立ち入らないという人間関係とか、そういう社会現象

時津町議会 2017-09-06 平成29年第3回定例会(第2日 9月 6日)

県内はもとより、全国的に不登校児童が年々増加し、今後は社会現象化していくことは避けられない状況にありますが、8月20日、長崎新聞特集記事にも「不登校の子供 現状と課題」という記事が特集されております。報道では、長崎県内に2015年度累計で1,351人と、大きく報道されておりました。  

諫早市議会 2016-12-04 平成28年第4回(12月)定例会(第4日目)  本文

近年、これはもう常に言われていることでございますけれども、少子高齢化により、高齢者の夫婦、あるいは単身世帯が急増しているというふうな社会現象があります。年齢を重ねることによって身体能力が落ちればとっさの行動ができなくなる。逃げおくれて命の危険にさらされるのは災害弱者と呼ばれます。

平戸市議会 2016-11-01 12月08日-03号

このコミュニティ事業についてありますけれども、市長からありましたように、これからの社会現象の中で持続可能な地域をつくるために本事業を推進しているが、財源、すなわち交付税の中にどこまで入っているのか確認をしておきたいところがあり質問いたします。 まず、この交付金の算定があるが、この交付金にどこまでの事業が入っているのかお尋ねいたします。

佐世保市議会 2016-06-21 06月21日-05号

この中で、「社会をよりよくするため、私は社会における問題に関与したい」と思っている日本の若者の割合は4割強、「私の参加により、変えてほしい社会現象が少し変えられるかもしれない」と思っている割合は約3割にとどまっておりまして、この7カ国のうち、いずれも日本が最低となっております。 

諫早市議会 2015-12-03 平成27年第5回(12月)定例会(第3日目)  本文

これから非常にいわゆる風当たりが強くなっていくような、そういう社会現象になってきておりますので、職員さんはやっぱり諫早市の宝だというふうに思いますし、そういう事件に巻き込まれないように万全の対策をマニュアルに沿ってぜひつくっていただきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。