1136件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-07-08 2019-07-08 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

一番上にあります障害福祉課ですけれども、障害者自立支援に関すること、あるいは障害者福祉医療費に関すること、それと6番目からずっとありますけれども、障害者の総合支援法に基づく障害福祉サービスに関すること、10番目にあります発達障害に関することなどを業務として行っております。

長崎市議会 2019-07-04 2019-07-04 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

そういうころ、下水道発達してきて、そういういろいろと人口減少があって、皆さん方がやっている仕事が縮小されたということで、ですから、今回のことはそういう歴史の中で、まずは私たちが業務をやっているのに窮地に立っているんだということでの理解でよろしいですか。  ということの中で、実はこちらの資料でもらっているのも、合理化事業計画というのが出されているわけですね。

長崎市議会 2019-07-02 2019-07-02 長崎市:令和元年第3回定例会(5日目) 本文

発達障害を持っている子どもたちは同世代の約6%と言われております。小学校の30人クラスで1人から2人いるという計算になります。発達障害や発達障害の可能性のある子どもたちの診療や療育で適切な支援を行うことは、学齢期へのスムーズな移行や、子どもたちが社会適応していく上でとても大切なことです。早期発見、早期療育は子どもたちの二次的な障害を予防していくためにも有効だと言われております。

長崎市議会 2019-06-28 2019-06-28 長崎市:令和元年第3回定例会(3日目) 本文

この中には、お話の部屋をつくり、図書館司書によるお子さんの発達段階に応じた絵本の読み聞かせを実施しております。市立図書館の開館当初に約7万冊だった児童書は年々増加し、現在は約12万4,000冊を所蔵しています。これらの本につきましては、お子さんが表紙を見たり、自分で手にとったりして借りることができるように、できるだけ多くの本を展示しているところでございます。

時津町議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第3日 6月 6日)

その中でやっぱり出たのが、町道の安全対策災害に強いまちづくり、それと、割とびっくりしたのが、特に発達障害児童の早期支援という環境づくりの件がよく出ました。どうしたらいいのでしょうかね、親が悩んで、兄弟が悩んで、同級生が悩んで、発達障害は何ぞやという部分が、まだどうやらあるみたいです。  実はきのうもちょっと相談を受けたものがありました。

時津町議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会(第2日 6月 5日)

○8番(浜辺七美枝君)  前回に質問したときにも町長はそのように、地元住民を初め皆さんの意向が尊重されるべきであるということで、変わらない答弁でちょっと残念なんですけれども、この文科省の手引きでは、ギャンブル依存に陥ると、自分の意思で行動をコントロールできなくなって、日常生活や人間関係にも大変悪影響があって、特に子供は、脳の前頭前野が十分に発達していないので、のめり込む危険性が高いとしています。  

島原市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第6号) 本文

特に育児相談ですか、育児に悩む人たちが自分たちで抱え込んでいろんな事件が起きたりしておりますけれども、市では定期健診、4カ月児健診とか1歳6カ月児健診とか、そういう対象者にずっと連絡して健診を行っておられますよね、発達状況とかいろんな生育の状況、それに基本的な健診とか。そういう場合、対象者の方々は全部来られますか。

時津町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日 3月22日)

ただ、課題もありまして、発達障害の支援員の増強とかいうものも引き続き努力をお願いしていきたいと思います。  それと、ふるさと納税についても、一番減った原因はそこにありますが、今後横並びのスタートの中でやりますので、ふやすことを一生懸命頑張っていただいて、ほかの自治体におくれることがないようにお願いしたいと思います。  

諫早市議会 2019-03-20 平成31年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2019-03-20

12款教育費、3項学校教育費、特別支援教育支援事業【予算額6,093万5,000円】について、発達障害など特別な教育的支援を必要とする児童・生徒などが在籍する学校特別支援教育補助員を50名配置し、教育効果の安定と安全性の確保を図るとのことだが、対象となる児童・生徒などはどのくらいいるのか、との質疑に対し、気になる子どもとして、平成31年度では400名を見込んでいる、との答弁がありました。  

長崎市議会 2019-03-11 2019-03-11 長崎市:平成31年教育厚生委員会 本文

次に、第3目母子保健対策費7億3,662万3,000円のうち、こども部所管分は191ページの説明欄1.健康診査費の2.乳幼児健康診査費から、4の三歳児健康診査費までと、2.保健指導啓発費の4.母子栄養健康づくり費と、恐れ入りますが193ページの6.乳幼児健全発達支援費及び4の事務費のうち各総合事務所所管分を除く全てが、こども部所管でございます。

長崎市議会 2019-03-08 2019-03-08 長崎市:平成31年教育厚生委員会 本文

それと、子育て支援センターもこの第1期の計画では、毎年1つずつつくっていくというのが一応計画上はなっていたかと思いますが、この平成27年度以降に設置された、そういう発達障害特化に係る支援に、特化に係る部分以外ではなかった中で、平成31年度、新年度に、がっとふやしますと、この間、進んでいなかったから、そういう家賃補助であるとか、市の補助の考え方を拡充してというのは、そういう踏み込んだというのは評価できると

長崎市議会 2019-03-07 2019-03-07 長崎市:平成31年教育厚生委員会 本文

2.給付費内訳でございますが、表の上から2段目、障害のある未就学児に対して、訓練等の支援を行う児童発達支援及びその2つ下の就学中の障害児に対して、放課後や夏休み等に訓練等の支援を行う放課後等デイサービスにつきまして、延べ利用日数の増などに伴い給付費の増加を見込んでおります。  恐れ入ります、資料14ページでございます。

松浦市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年03月05日

その理由としては、新生児医療発達で、以前なら出産直後に亡くなっていた子どもたちが助かるケースがふえてきたことが一番に挙げられるということを書いてありました。  そこで、私が何でこの質問をするかといいますと、長崎県医療的ケア児について、2019年度、保育所での受け入れ体制を整備するモデル事業を松浦市で行うということが2月14日の新聞報道で出ておりました。

諫早市議会 2019-03-02 平成31年第1回(3月)定例会(第2日目)  本文

学校給食は、栄養バランスにすぐれた献立を通じまして、成長過程にある児童生徒に必要な食事を提供するとともに、食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身につけさせ、さらには地場産物の活用による地域文化産業に対する理解を深めさせるなど、心身の健全な発達にとって、大きな教育的意義を有するものでございます。  

長崎市議会 2019-02-28 2019-02-28 長崎市:平成31年第1回定例会(4日目) 本文

職員は、子どもたちの将来を見据えて発達段階に応じて適切な指導していくという必要があると思っております。そのような中、現在、福祉部との連携により障害者団体協力のもと、障害に対する理解を深めるために、障害者による講話や障害者体験活動などの研修を実施しております。