442件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-07-05 2019-07-05 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

また、この地区の周辺には、産業廃棄処理施設の問題を抱え、不適正なごみ処理業務がなされた場合には、住民からの強い反発が起こり、近隣の町や長崎市全体にまで影響を与えるような地区もございます。  次に、請願には含まれていないところではございますけれども、今私たちは周辺部でごみを収集しております。周辺部においては、人口減少と高齢化が市内中心部より顕著であります。

時津町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日 3月22日)

次に、下水処理過程で発生する汚泥処理はどのようにしているのか、という問いに対しまして、川棚町にある産業廃棄業者へ搬出し、焼却処理を行う。焼却後に発生した焼却灰スラグ建設資材として再利用する。汚泥処理については、課長と担当者が年に一度、現場に立ち合い確認している、ということであります。  討論に入りまして、反対討論なし。  

長崎市議会 2019-03-04 2019-03-04 長崎市:平成31年第1回定例会(5日目) 本文

現在委託を受けていない業者は産業廃棄を扱う大手企業を含む兼業の企業がほとんどだということも聞いております。それに対して、合併地区の業者は専業の業者が多数です。大手企業合併地区の小規模企業とを金銭で競争させること自体、これは公平性がないんじゃないかなと思っております。  以前は兼業にすることで、負債が生じたら困るということで、行政は業者の方に専業でしてくれとお願いしているんですよ。

五島市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−05号

事業の進捗状況でございますけども、11月13日に、市内の3漁協、造船所、産業廃棄事業者等を構成委員とするFRP漁船リサイクル処理対策議会というのを設立をしまして、漁協を窓口として漁業者へ周知を図りまして、廃船処理の希望を受けている状況にあります。  今後は、廃船予定の船を島内の産廃事業者が曳航・集積して廃船処理を行いまして、その結果をもとに検証してまいります。

長崎市議会 2018-10-23 2018-10-23 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

次に、中段の(8)三方山環境対策費367万2,600円でございますが、これは、三方山産業廃棄処分場周辺の水質検査委託や三方山水源環境保全委員会へ支出した運営費負担金等の経費でございます。次に、下段のほう、大きな2.地球温暖化対策推進費のうち、(2)地球温暖化対策市民運動推進費2,792万9,704円でございます。

佐世保市議会 2018-09-18 平成30年  9月定例会 都市整備委員会-09月18日−04号

                          自 10:00                           至 14:00 《案件》 都市整備部 ※議案外報告 アスベスト含有調査の実施について 水道局 ※第135号議案 佐世保市水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例の一部改正の件 環境部 ※議案外報告 公共下水道事業計画区域の変更に伴う浄化槽設置補助金の経過措置について ※議案外報告 産業廃棄安定型最終処分場

佐世保市議会 2018-06-26 平成30年  6月開催 行財政改革特別委員会-06月26日−01号

◎池田総務部次長総務課長]   ICT利活用による便利な市役所推進計画の取り組みの中の分だが、まず、1点目が電子申請の手続の拡張で、例えば出前講座の申請の受け付けであるとか情報公開の電子申請とか、あとは産業廃棄の収集、運搬の申請であるとか、そういった電子申請の拡大というところがいま一つうまくいっていない。  

佐世保市議会 2018-03-27 平成30年  3月 定例会-03月27日−08号

九十九島を初めとする自然環境保護、また、私どもが生活する生活環境の保全、さらには一般廃棄物、産業廃棄の適正処理、その時々で各地域の声を私どもに届けてくださり、感謝申し上げます。  また、この議場でも二百数十億円という施設の更新の予算並びに契約を御承認いただき、本当にありがとうございました。  

佐世保市議会 2018-03-20 平成30年  3月定例会 都市整備委員会-03月20日−06号

それらのごみの処理費用で、一般廃棄物と産業廃棄分けてそれぞれの処理費と運搬費という部分を計上している。最終的なところで、人件費、船の燃料、修繕費、補助船を出してもらった分の費用、運搬費とごみの処分費といった部分に一般管理費を足して積算をしたものが予算説明資料の12ページの6,350万円になる。

佐世保市議会 2018-03-15 平成30年  3月定例会 総務委員会-03月15日−05号

◎池見情報政策課長   五つの手続としては、まず粗大ごみ収集の申し込み、研修・講習・各種イベント等の申し込み、犬の登録申請・死亡届、公文書の公開請求、あと産業廃棄の処理、運搬の実績報告であり、これについては取り組んでいけるのではないかということで、今絞り込みを行っている。

佐世保市議会 2018-03-12 平成30年  3月定例会 都市整備委員会-03月12日−02号

これは長年、佐世保市の中で産業廃棄不適切事案ということで対応をしてきた事業に特化した形になる。1番目の有限会社吉永産業の事案の対応状況としては、安定勾配を無視した埋め立てが行われており、その廃棄物が崩落し、河川への廃棄物流入による土砂災害等の恐れがあることから、行政代執行を行った事案である。

佐世保市議会 2018-03-12 平成30年  3月定例会 文教厚生委員会-03月12日−03号

◎吉田教育委員会総務課長   産業廃棄、一般廃棄物等々になる場合には、教育委員会総務課の委託契約の中で執行する形になる。 ◆山下[隆]委員   備品購入を毎年2,000万円前後でやっているということであれば、相当な廃棄物が出ると思う。処分の委託料はどの程度かかっているのか。 ◎吉田教育委員会総務課長   委託料調の6ページが該当ページになる。

長崎市議会 2018-03-08 2018-03-08 長崎市:平成30年総務委員会 本文

2の事業内容でございますが、(1)建物解体工事につきましては、松が枝町公共用地建物の解体工事を行うもので、3,383万3,000円を、(2)建物内部産業廃棄搬出処理委託につきましては、建物の解体に伴い、内部に残存している机などの廃棄物の搬出、処分業務の委託を行うもので、31万9,000円をそれぞれ計上しております。3の財源内訳につきましては、記載のとおりでございます。  

長崎市議会 2018-03-05 2018-03-05 長崎市:平成30年総務委員会 本文

条例改正の主な理由でございますが、議案書59ページに記載のとおり、3点ございまして、1点目は、地方公共団体手数料の標準に関する政令等の一部改正に伴い、危険物の貯蔵所の設置の許可等の事務に係る手数料の額を改定するとともに、2以上の事業者による産業廃棄の処理に係る特例認定等の事務に係る手数料の額を定めようとするものでございます。

長崎市議会 2018-02-14 2018-02-14 長崎市:平成30年議会運営委員会 本文

第29号議案「長崎市手数料条例の一部を改正する条例」は、地方公共団体手数料の標準に関する政令等の一部改正に伴い、危険物の貯蔵所の設置の許可等の事務に係る手数料の額を改定するとともに、2以上の事業者による産業廃棄の処理に係る特例認定等の事務に係る手数料の額を定めたいのと、土壌汚染対策法の一部改正に伴い、汚染土壌処理業の譲渡及び譲受の承認等の事務に係る手数料の額を定めたいのと、介護保険法の一部改正に

佐世保市議会 2017-12-13 平成29年 12月定例会 企業経済委員会-12月13日−01号

◆萩原委員   次に、焼却処分するときは、産業廃棄として取り扱われるのか。そうであれば、宇久島内で処置できずに、船などで運ぶ必要もあると思うが、そこを教えてもらいたい。 ◎徳永農林水産部次長[農林整備課長]   伐倒した木の処分で、焼却処分ということで説明させていただいているが、まず焼却は島内で行う。