22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

松浦市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年03月01日

鷹島海底遺跡については、平成30年度からの3カ年の計画として琉球大学池田教授研究代表者とする科学研究費助成事業「蒙古襲来沈没船の保存・活用に関する学際研究」が実施されております。その中で、これまで未処理であった大型の隔壁板の保存処理に取り組むこととされており、これは本市が将来的に目標としている元寇船の引き揚げにつながる重要な研究でもあることから、積極的に協力してまいります。  

松浦市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月10日

また、琉球大学の池田教授による調査においては、平成23年に元の1号沈没船が発見され、この発見が前段で申しましたとおり、日本で初めて鷹島神崎遺跡が国史跡に指定されるきっかけとなったことは言うまでもありません。  さらに、平成27年には2号沈没船も確認されておりまして、今や水中考古学で世界から注目を浴びるようになっております。  

長崎市議会 2017-06-14 2017-06-14 長崎市:平成29年第2回定例会(2日目) 本文

複式はまさによくないように言われていますが、ここに複式学級指導法という、〔資料提示〕これは長崎大学鹿児島大学琉球大学教育長もご存じの橋本副学長も中に入って研究をされたんですが、複式学級のほうが統合した学校よりも成績がいいという結果が出ています。無理な統廃合は望ましくないという研究結果が大学研究として出ているわけです。ですから、複式が必ずしもいいとは私も言いません。

松浦市議会 2016-03-04 平成28年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2016年03月04日

その一環として、鷹島神崎遺跡の史跡指定地内での海底音波探査の成果を活用して、琉球大学と合同で学術調査を計画しております。あわせて、史跡指定地外の東側海底音波探査と、新たな沈没船の発見に取り組んでまいります。また、伊万里湾に集結した元の軍船の様相を再現したAR(拡張現実)システム開発時に復元した元寇沈没船のCGを活用して模型制作を計画しております。  

五島市議会 2015-12-14 平成27年 12月 定例会-12月14日−05号

沖縄県の水産試験場とか琉球大学の発信機をマグロ等に取りつけた調査がございますけれども、浮き魚礁が複数基あれば、最低3日間、最高3カ月はその付近を遊泳しているというレポートも出ております。  風車というか、浮体式洋上風力発電の近くにそういうものをすれば、発電施設と浮き魚礁を行ったり来たりしている間に漁獲する可能性がございます。

松浦市議会 2015-09-04 平成27年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2015年09月04日

鷹島海底遺跡については、昨年秋に発見された2隻目の沈没船の確認調査を琉球大学と共同で行いました。7月2日には1号沈没船より非常によい状態で残っていること、船体の構造などから元寇の船であることを報道機関へ発表したところです。今回の元寇船の認定は歴史事象を裏づけるものであり、この元寇船を国内外にアピールしてまいります。

松浦市議会 2015-02-27 平成27年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2015年02月27日

鷹島海底遺跡発掘調査については、琉球大学と本市の鷹島神崎遺跡に関する連携協定書に基づき、昨年秋に発見された「鷹島2号沈没船」を解明するための学術調査を合同で実施いたします。  平成27年度から5カ年間の新規事業として鷹島町内での蒙古襲来関連遺跡等の悉皆調査、分布調査、確認調査を計画しております。  

松浦市議会 2014-12-09 平成26年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2014年12月09日

今回の視察で、大変有意義な視察であったことは、琉球大学の池田教授の同行で、韓国の海洋文化財研究所のソ・ジェグ所長との意見交換などが実現し、ソ・ジェグ所長は「松浦鷹島の調査の行方に非常に高い関心を抱いている。今後一緒に研究を進めていきましょう」と言われたことです。

松浦市議会 2014-06-10 平成26年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2014年06月10日

23年10月には琉球大学池田教授を中心としたメンバーによる調査で元寇船とわかる船底が発見され、元寇の島鷹島がまた大きな注目を浴びたのは記憶に新しいところでございます。  また、平成24年3月には海底遺跡としては国内初となる国の史跡に指定され、いよいよ本格的に動き始めたというふうに感じたところでございます。  

松浦市議会 2014-06-09 平成26年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2014年06月09日

副委員長が琉球大学の先生、委員が奈良大学の先生、そうそうたるメンバーがこの管理計画書に基づきまして、私はこの計画書を読みまして、すばらしいなと思ったんですね。  この中では、これに網羅していることは書いてありますね、おたくの書類にですね。これをずっと見ますと、「水中考古学研究は重要なものであり、財政支援、研究者等の人材育成などについて、国策として取り組んでいただきたい」。

松浦市議会 2014-03-05 平成26年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2014年03月05日

その後、秋野議員元寇船の保存計画について提案するために、琉球大学の池田教授とともに、みずから海底に潜って調査を行い、水深23メートル海底にある竜骨やレンガを確認しました。壮大な光景だったそうで、海底では潮の流れが速く、バキュームで砂を吸出しながらの作業を行っていると伺いました。

松浦市議会 2013-12-06 平成25年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2013年12月06日

鷹島海底遺跡につきましては、琉球大学研究チームが、海底探査結果をもとに、新たな沈没船の発見に向けて、10月9日から10月23日にかけて学術調査を行い、本市も調査に参加いたしました。この調査では、いかり石と木製いかりが発見されました。いかり石は、長さ約2.5メートルの一石型、また、いかりも樹木とこれから伸びる枝の部分を利用した一木でつくられており、鷹島海底遺跡では、初めての確認例となりました。  

松浦市議会 2013-03-05 平成25年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2013年03月05日

昨年、琉球大学の池田教授研究チームが海底に埋まっていた元寇船の一部を発見され、文部科学省は3月、周辺海域を水中遺跡、鷹島神崎遺跡として初めて国の史跡に指定されました。  池田教授研究チームの調査によって、幅50センチ、長さ12メートルのキールを中心に、両側に並行する船底の外材部、隔壁、肋材など、下部の船体部構造をとどめた形で見つかりました。

大村市議会 2011-09-06 平成23年  9月 定例会(第5回)-09月06日−02号

きょうも傍聴に来ていただけるつもりなんですけど、時間がちょっと早まっておりますので、間に合っていらっしゃらないと思いますが、本来、沖縄鹿児島県南部までしか自生しないハーブの仲間で、ショウガ科のハナミョウガ属、永田さんという御本人は、沖縄琉球大学へ15年間通い、森田大という教授と共同で研究、管理栽培技術を確立されました。  

長崎市議会 2011-06-30 2011-06-30 長崎市:平成23年厚生委員会 本文

そして、このごろ琉球大学の矢ヶ崎先生とか、名古屋大学の沢田先生とかという方は、この内部被曝研究すれば、どうしても長崎市が調査したその資料から見れば、やはり12キロメートル以内の方々は内部被曝が起こって、それが50年、60年以上たってから出てくるというのは私自身、妹が当時4歳、それから11歳、これが、4歳が甲状腺がん、それから11歳の女の子ですけれども、乳がんになったと、こういうふうにね、もう長年たってから

  • 1
  • 2