126件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

五島市議会 2020-09-28 09月28日-03号

◎市長(野口市太郎君) 昨年の千葉の台風被害、かなり大規模なものだったんですが、あのときは被害が大きいということでですね、国のほうに災害救助あるいは被災者生活再建支援法という法律がございまして、これでもって一定規模の大規模災害ということになりますと、被災した建物の建て替えとかですね、あるいは改修とかそういったものについて補助がなされる制度があります。

諫早市議会 2020-06-02 令和2年第3回(6月)定例会(第2日目)  本文

しかしながら、この県が結んでいる協定は、災害救助適用を受けるような大規模災害前提としているところでございますので、今、議員がおっしゃいましたように、例えば地域には自治会の公民館でございますとか、現在は避難所指定をしていない小さな公共施設もございますので、その辺りが避難所として利用できないかも検討していかなければならないと考えているところでございます。

諫早市議会 2019-12-02 令和元年第5回(12月)定例会(第2日目)  本文

また、長崎県のほうでは平戸市なども災害が発生し、災害救助適用されております。  ちなみに62年前の昭和32年は諫早大水害で雨量が588ミリという記録的な豪雨でありましたが、当時としては想像を絶するような大災害でありました。  今回、九州北部豪雨災害では、武雄市内鉄工所から大量の油の流出が発生しております。社会的現象が起きております。

長崎市議会 2019-11-08 2019-11-08 長崎市:令和元年総務委員会 本文

予備費充用額の主なものは、審査意見書55ページに記載のとおり、第2款総務費災害救助適用を受けた対象都市に対する災害見舞金など866万8,000円、第8款土木費の公務中に発生した交通事故に伴う賠償金など776万5,000円、第11款災害復旧費台風被害に伴う端島ドルフィン桟橋等改修工事稲佐山電波塔ライトアップ照明設備復旧経費など3,843万1,000円となっております。  

南島原市議会 2019-09-20 09月20日-05号

災害援護資金貸し付けにつきましては、災害救助適用を受けるということが前提になります。 ちなみに、本市でこの貸し付けが行われたのは、平成3年の台風19号と雲仙普賢岳噴火災害の時だけでございます。 それでは、メリットについて御説明をいたします。 メリット一つといたしまして、償還金支払い猶予がございます。

大村市議会 2019-09-19 09月19日-05号

福祉保健部長川下隆治君)  議員おっしゃられたとおり、火災等、いわゆる災害救助適用を受けない比較的小規模災害等に遭われた場合に、市の支給要綱に基づきまして弔慰金見舞金支給を行っております。 まず、亡くなられた場合の弔慰金でございますが、お一人につき6万円、この方が主たる生計者の場合には12万円となってございます。

長崎市議会 2019-09-18 2019-09-18 長崎市:令和元年防災対策特別委員会 本文

ア.災害対策基本法及び災害救助における位置づけとして、19ページから20ページにかけてお示しをしておりますけれども、福祉避難所災害対策基本法による避難所指定基準一つとして、高齢者障害者等であって避難所での生活において特別な配慮を必要とするものに供与する避難所として規定をされております。  資料の20ページをごらんください。

大村市議会 2019-09-13 09月13日-02号

いわゆる国土強靭化基本目標ということの4項目があるんですけれども、人命の保護が最大限図られること、国家及び社会の重要な機能が致命的な障害を受けずに維持されること、国民の財産、公共施設に係る被害が最小化されること、迅速な復旧・復興の4項目、この国土強靭化基本目標を踏まえということで、この計画はつくられているというふうになっているんですが、災害対策基本法災害救助との関連はどうなっているのか、説明

島原市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第6号) 本文

主な質疑答弁は、この制度活用状況に関する質疑には、災害弔慰金等支給については、災害救助指定を受けた区域が該当することになる。本市では雲仙普賢岳噴火災害のときに災害援護資金支給した経緯があるとの答弁。  具体的な整備内容に関する質疑には、支払い猶予に関する規定については、これまで施行令規定されていたが、その重要性の観点から法律に新設されている。  

長崎市議会 2019-03-06 2019-03-06 長崎市:平成31年総務委員会 本文

1の条例の目的のところでございますが、長崎市では、災害弔慰金支給等に関する法律及び施行令規定により、大規模自然災害により死亡した市民の遺族に対する災害弔慰金、または精神・身体に著しい障害を受けた市民に対する災害障害見舞金支給、それから災害救助適用となる自然災害により被害を受けた世帯世帯主に対する災害援護資金貸し付けを行い市民福祉及び生活の安定に資することを目的として、長崎災害弔慰金