126件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諫早市議会 2019-09-05 令和元年第4回(9月)定例会(第5日目)  本文

68 ◯農林水産部長(毎熊正美君)[ 188頁]  ことしの4月に3漁協合併いたしましたけども、旧多良見町漁協につきましては、支所という形で、喜々津漁港の近くに事務所もそのまま継続されますし、漁場漁業というのがございますけど、これも、もともとの漁協が持っていた漁場がそれぞれ支所ごとにそのまま管理されるということで、その辺の変更もございません。  

長崎市議会 2019-07-03 2019-07-03 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

アの飛島磯釣り公園につきましては、現在の指定管理者である西彼南部漁業協同組合が有する共同漁業内に設置されており、当該水域に精通しており、的確な情報発信による集客と緊急時の迅速な対応が期待できるため、引き続き西彼南部漁業協同組合を特定団体として指定したいと考えております。

佐世保市議会 2018-03-15 平成30年  3月定例会 都市整備委員会-03月15日−04号

もし、その汚泥が流出すれば、漁業ある水域を汚濁することにもなるし、この水域国立公園水域である。この環境保全は県が責任持って行うのか。  これは議案外なので、指摘だけしておく。基本的にここの水域の部分は、県の事業によって生じた狭隘な水路なので、そこの環境保全や管理については、県で行うことという約束は取りつけるべきである。それだけ指摘しておく。

佐世保市議会 2018-03-12 平成30年  3月定例会 都市整備委員会-03月12日−02号

しかし、このラインから少しでも出ると、基本的には漁業最優先である。一本釣りでとめられたときには、空母ですら入って来れない。  だから、どこまでどうなのかは、よく考えていかないと、後手を踏むと非常に難しい問題になってくる。したがって、そこは国としっかり話をしていかないと。指摘をしておく。  

平戸市議会 2017-12-07 平成29年12月定例会-12月07日−03号

陸上養殖の場合、赤潮によるへい死リスク海面養殖に比べて低く、また、区画漁業免許取得も不要であるため、例えば新規事業者、全く異業種からの新たな参入など、新しい事業としても可能性を秘めていると言えます。ただし、海面養殖に比べますと、施設整備に要する初期投資と電気代などのランニングコストが課題であり、また、閉鎖的な環境になりますので、魚病──魚の病気──の発生にも細心の注意が求められますし。

長崎市議会 2017-10-16 2017-10-16 長崎市:平成29年環境経済委員会 本文

実は全国でも浮体風力は、日本がもともと海洋国ですので、計画は大変多くあるんですけれども、実際は漁業のほうでほとんど頓挫をしてるといいますか、進まない状況になっているわけですね。その中で五島市のほうがそのようにして進んだ1つの理由は、海域で魚がとれなくなってきているという重要な問題がありまして、その浮体風力発電というのが、浮きみたいに、何十メートルもかなり海中に沈んでいるわけです。

長崎市議会 2017-09-13 2017-09-13 長崎市:平成29年環境経済委員会 本文

かなりの海域を事前に調べまして、漁業の問題もございますので、そこを解決したといいますか、クリアしたところが今、選定されているといったところでございます。過去、長崎市内の海域についても2カ所程度、池島の近くであるとか野母崎の近くであるとかいったところも候補に挙がりました。しかしながら、やはりそこは場所がよくないとか、いろいろな漁業の問題であるとか、なかなかクリアできなかった課題がございます。

平戸市議会 2017-09-07 平成29年 9月定例会-09月07日−03号

特に、赤潮や魚病のリスクが天然海域に比べて低く、漁業も必要ない陸上養殖は新たな産業としての可能性を秘めていると言えます。  ただし、陸上養殖の場合、施設整備に要する初期投資と電気代等のランニングコストが課題なのですが、例えばこれに太陽光発電など再生可能エネルギーの活用によるコスト削減の方法もあわせて、十分な研究や調査を行ってみたいと思います。  

平戸市議会 2017-09-06 平成29年 9月定例会-09月06日−02号

アワビの資源管理でございますが、アワビというのは、もともと単価が非常に高くて、しかも共同漁業の比較的浅い地先に定着している漁獲物、生物なんです。  種苗を放流して、県の漁業調整規則っていうのが10㎝以上にならないと取っちゃだめなんですが、それを自分たちが独自に、あと1㎝、1.5㎝我慢をして、産卵をさせてからとるという取り組みをずっと続けてきました。  

佐世保市議会 2017-03-21 平成29年  3月定例会 都市整備委員会-03月21日−07号

◆崎山委員   佐世保国際クルーズ拠点形成事業であるが、説明の際に、共同漁業について示された。その共同漁業が大型客船の三浦岸壁付近、国際クルーズ拠点の浦頭埠頭とそれぞれにある場合は、佐世保市漁業と三浦と浦頭地区、崎辺地区の漁業の内容がわかる資料を出してもらいたい。  また、例えば、工事に入る際、別途に漁協と何か契約を結ぶのか。そういった契約書があれば提出してもらいたい。  

平戸市議会 2017-03-08 平成29年 3月定例会-03月08日−02号

、漁協区域が決まった自分たちのところでとるアワビ、サザエ、あるいは藻場の海藻類についても非常にこれが、自然の磯焼け対策がおくれたといいましょうか、自然に勝てないといいましょうか、磯焼けでこういうのが非常に生産量が落ちているというのがやっぱり遠洋というのは、それぞれ自分たちが育てて放流してもいろんな方々とって、その地元の漁師の収益にならない分があるんですが、この根付漁業についてはしっかりと自分たちが漁業

五島市議会 2016-07-12 平成28年  6月 定例会-07月12日−04号

◎水産課長(林利則君) このような改修をするとき、地元説明会とか漁業説明会ではなくて漁協とか、あと各漁業種類ごとに集まってる漁業管理委員会という委員会がございます。多分そういうところで代表した、集約した意見を聞きながら、その計画に盛り込んでいくという、そういう方法をとりたいとは思っております。  以上です。 ◆11番(片峰亨君) ぜひよろしくお願いいたします。