5455件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲仙市議会 2022-09-03 09月03日-03号

最後に、雲仙愛夢未来センターの利活用について質問いたします。 このセンターは現在建設中ですが、10月6日に見学会を開催、11月4日にオープンする予定です。すばらしい施設が誕生しますので、大いに市民の皆様に御活用いただきたいと、この場をお借りしてお願いしたいと思います。 そこでお尋ねです。私たち議員も、調査、見学をさせてもらいました。まず1つ目の質問は、駐車場はどのようになるのか。

雲仙市議会 2021-12-09 12月09日-04号

その2戸につきましては、1戸が平成26年に国の消費安全対策交付事業活用し、既に柵を設置された方が1件でございます。それと、現在、自己資金で資材を購入されているのが1件いらっしゃいます。 市の助成でございます。市の助成につきましては、県と同様に4分の1以内で、これをメートル当たり2,380円を上限として、4分の1以内を補助率として考えております。

雲仙市議会 2021-12-02 12月02日-02号

2に、公営住宅活用引っ越し支援。3に、支援金。4に、加害者への損害賠償請求支援。この4つの項目になっております。 もしされるのでしたら長崎県では4番目になりますが、実際に、調べてみましたら、九州で佐賀・大分両県ではもう全自治体、全部の自治体が、条例を定めております。ぜひ早く、この条例を制定できるように、そして内容も充実したものになりますように。 

五島市議会 2021-09-10 09月10日-04号

まず、プレゼンテーション現地審査を通しまして、「さまざまな活動が熱心に行われており、魅力ある場所も多い」との評価を受けた一方で、「その活動や魅力ある場所を、ジオパークという仕組みを使ってどのように活用するかについて、視点が定まっていない。また、ジオパークの看板については、主に地質・地形の説明になっており、難しい印象を与えている。教育への活用についても工夫が必要」などの指摘をいただいております。 

雲仙市議会 2021-07-05 07月05日-05号

これまで統廃合となった木指小学校富津小学校跡地利用はどうなっているのかとの質疑には、木指小学校は、現在、公的な利活用候補地として検討をされており、富津小学校については、先月、市役所内の関係部局に対し、今後の利活用について公的な利活用検討を依頼したところであるとの答弁がありました。 これに対し、市は跡地利活用を重視し、スピード感を持って対応してもらいたいとの意見がありました。 

五島市議会 2021-06-26 06月26日-04号

その体育倉庫をやはりこれは取り壊さなくてもいいということだったんで、何らかの形で有効活用していただければと思っておりますけど、市長、その辺は何か考えはありませんか。 ◎市長野口市太郎君) 地元の皆さんからは、今のトイレがちょっとやっぱり足りないんで増設してもらえないかとかいうお話もいただいておりますので、その体育倉庫をどういう形で活用していくのか。

五島市議会 2020-12-10 12月10日-04号

次に、この世界遺産効果を持続するためには有人国境離島活用した滞在型観光の役割は大きいというふうに思っております。その上でこの活用の初年度、29年度は、県の目標の滞在型観光宿泊客数の数値が34%にとどまったということで心配しておりました。現状、五島市ではどのようになっておりますか。 それともう一つは、今回の今年度事業の目玉はわくわく航空券、わくわく乗船券です。

五島市議会 2020-12-09 12月09日-03号

できないか2江川美津子議員1 富江病院の再編・統合について市長の見解は 2 介護保険について  ①グループホームざなみの廃止について   イ 利用者への影響は   ロ 廃止後の施設活用について  ②介護人材不足への対応策検討すべきでは  ③専門職の養成と市職員としての採用を 3 中央公設小売市場の利活用について  ①平成30年度実施の中央公設小売市場FS調査の結果は  ②利活用について検討

五島市議会 2020-12-04 12月04日-01号

市といたしましては、商店街の中心に位置する十八銀行福江支店移転による影響が懸念されることから、今後、福江商工会議所商店街関係者の御意見を伺い、また市議会とも協議しながら、移転後の施設活用市民に対する金融サービス等について、しっかり対応していただくよう要請してまいりたいと考えております。 再生可能エネルギーについて。 

雲仙市議会 2020-11-28 11月28日-01号

次に、ナンバー6の2款総務費、超高速ブロードバンド基盤整備事業は、国庫補助金活用が見込まれることとなったことから、事業期間等を見直したことにより3億349万6千円を減額しようとするものでございます。 次に、ナンバー7の3款民生費障害者福祉事務費は、平成30年度事業費の確定に伴う国県支出金の精算による返還金として7,887万6千円を追加計上しようとするものでございます。 

平戸市議会 2020-11-25 12月02日-01号

生産者(1次産業者)、加工業者(2次産業者)、販売業者(3次産業者)が一緒になって取り組む事業を1つの6次産業と見なして、加工業においても地場産品活用した新商品の販売であれば対象とし、魅力のある幅広い補助制度となるよう、内部でも検討しているところである。また、6次産業化アドバイザー2名から的確なアドバイスをいただきながら6次産業を推進していくとの答弁がありました。