460件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-09-09 2019-09-09 長崎市:令和元年第4回定例会(4日目) 本文

平成23年の東日本大震災以降、我が国では平成28年の熊本地震平成29年の九州北部豪雨、平成30年の西日本豪雨と立て続けに想定外の災害が発生し、大変多くの方が被害に遭われており、つい最近でも先月8月27日から28日にかけて長崎県佐賀県福岡県を中心とする九州北部で集中豪雨が発生し、福岡県八女市でお一人の方が、佐賀県武雄市では3人の方が亡くなられ、長崎県でも江迎川が氾濫し洪水が発生したほか各地で土砂崩

諫早市議会 2019-09-05 令和元年第4回(9月)定例会(第5日目)  本文

警戒レベル3から警戒レベル5までは、市町村が発令することになっておりますけれども、大雨警報洪水警報などの気象情報が発表されただけで、警戒レベルが3以上になるものではございません。  警戒レベルの区分でございますけれども、市町村高齢者や障害のある方に早目に避難していただくために避難準備・高齢者避難開始の発表をした場合は警戒レベル3。

諫早市議会 2019-09-03 令和元年第4回(9月)定例会(第3日目)  本文

この大雨により、各地で川の氾濫による洪水が起き、浸水被害や土砂災害が起こり、人的被害も出ています。長崎道でも土砂崩落等が起き、一時通行どめとなりました。  また、今回の台風15号でも、千葉を初め関東地方で甚大な被害が出ています。まだまだ台風が発生しそうな気配もあり、きょうの報道では、もう台風が発生したと報道してありましたが、災害発生に予断を許さない状況です。

諫早市議会 2019-06-02 令和元年第3回(6月)定例会(第2日目)  本文

直近では本年、平成31年3月に平成30年度の防災会議を開催いたしまして、第2章災害予防計画の第7節、伝授伝達に関する計画の、気象状況におけるというところに大雨警報洪水警報危険度分布などの概要の項目を追加するとともに、資料編に、昨年の12月に諫早市歯科医師会様との災害協定締結いたしましたので、その協定書の追加を行ったところでございます。

長崎市議会 2019-03-15 2019-03-15 長崎市:平成31年第1回定例会(8日目) 本文

がいることを踏まえ、行政が所有者に対し、しかるべき指導や老朽危険空き家除却費補助金の周知をしっかり行ってほしい、地震火災等が発生した際に危険な密集市街地における防火改修工事費と除却工事費にかかる助成を推進し、危険地区の解消に努めてほしい、街路灯整備費について、今後教育委員会と連携し、防犯カメラと一体型の街路灯を設置する等、通学路の安全性を高める取り組みを推進してほしい、新市庁舎建設予定地周辺の道路が中島川洪水

長崎市議会 2019-03-12 2019-03-12 長崎市:平成31年建設水道委員会 本文

55 ◯田畑地域整備2課長 中島川洪水ハザードマップについてご説明させていただきます。  すみません、本日A3サイズの資料を急遽お配りをさせていただいております。このA3サイズが、地域の皆様に全戸に配付をしようとするものでございます。  それでは、資料に沿ってご説明をさせていただきます。資料7ページをお開きいただきたいと思います。

長崎市議会 2019-03-07 2019-03-07 長崎市:平成31年建設水道委員会 本文

1の概要でございますが、急峻で洪水危険性がある江川川において洪水被害を防ぐため河川改修を行うものでございます。2の事業内容、3の財源内訳は、記載のとおりでございます。  37ページに位置図を添付していますので、ごらんください。平成31年度の事業といたしましては、赤色の箇所で河床工の工事、建物調査などの測量試験を予定しております。  次に、38ページをお開きください。

長崎市議会 2019-03-06 2019-03-06 長崎市:平成31年建設水道委員会 本文

委員ご指摘の部分というのは私もわかりますが、敷地自体のほうが上がっておりますし、実は今回のハザードマップ作成に当たりまして、長崎県が中島川の管理者でございますので、例えばこういった洪水が来たとき、浸水がどの程度で水が引くかといった話もさせていただいた中で、中島川自体は結構急な河川ということで、浸水継続時間、もし氾濫を仮にしたとしても、引く時間というのは比較的短時間ではないかということで聞いております

諫早市議会 2019-03-02 平成31年第1回(3月)定例会(第2日目)  本文

また、洪水調節を主目的といたします当ダム事業が、国土強靱化対策の事業として関連づけができないのかどうか、現在のダム事業の進捗率を含めお伺いをいたします。  次に、魅力あるまちづくりの第2点、安心なまちづくりで、高齢者施策につきましてお伺いをいたします。これは地域包括ケアシステムの推進についてでございます。  

諫早市議会 2019-03-01 平成31年第1回(3月)定例会(第1日目)  本文

第3 魅力あるまちづくり  (1)安全なまちづくり  諫早大水害規模の大雨に対応する洪水調節と、良好な河川環境の維持用水等の確保のために必要不可欠な「本明川ダム建設事業」につきましては、平成29年2月に締結された「本明川ダム建設事業に伴う損失補償基準協定」に基づき、地権者との個別交渉が進められているところです。

佐世保市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会-12月20日−06号

加えて、洪水ハザードマップ作成事業については、平成27年7月の水防法改正に伴い、県が進めている「水位周知河川における浸水想定区域図の見直し作業」の関係から、今年度、本市で行う予定であった洪水ハザードマップ作成の対象河川を変更することとなり、その作成に一定の期間が必要となることから、繰越明許費補正として889万4,000円が計上されております。  

佐世保市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−04号

まず、早岐川河川改修事業につきましては、洪水氾濫の危険性の高い本河川の流下能力を向上させるため、河口から上原町の祝田橋付近までの全体計画延長1,840メートルについて、河川のつけかえや河川断面の拡幅を実施するものであり、移転家屋戸数約100戸、総事業費約90億円、事業期間は20年間を目標とし、平成26年度から河川管理者である長崎県において事業が進められております。  

佐世保市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−03号

◆8番(北野正徳君) (登壇)  それでは、逆に、現在、市街化区域であるものの、傾斜地や十分な道路幅が確保されていない地域洪水ハザードマップ土砂災害警戒地域など、居住環境がよくない地域において、都市計画の線引きを見直すことはありますか。また、居住誘導地域に入らないこともありますか、お尋ねをいたします。

長崎市議会 2018-12-07 2018-12-07 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

河川は、洪水などに対する治水の向上に加え、川に親しむ水辺空間を創出することを目的に、長崎県施行する都市計画道路滑石町線と合わせ、河川改修工事を行っているものです。今回の繰り越しをお願いしますのは、表の二重線で囲んでいる7,688万円でございます。  19ページをごらんください。大井手川の位置図でございます。

佐世保市議会 2018-12-03 平成30年 12月 定例会-12月03日−01号

土木部における平成29年度実施の主な施策といたしましては、まず、災害危険箇所の環境整備において、急傾斜地崩壊対策事業、特殊地下壕対策事業、河川整備事業などを計画的に実施されるとともに、相浦川における洪水ハザードマップの作成に着手され、災害緊急事態に対応できる体制の充実に取り組まれております。  

諫早市議会 2018-12-02 平成30年第5回(12月)定例会(第2日目)  本文

質問危機管理型水位計は、常時観測する従来型の水位計とは異なり、一定の水位が超過した時点から監視を開始するなど、洪水時の水位観測に特化したものでございまして、小型・低コストで、設置が容易な水位計となっております。  また、全国で多発している洪水被害を踏まえ、中小河川における氾濫を防止・低減するため、より多くの水位情報を把握することを目的といたしております。  

長崎市議会 2018-10-30 2018-10-30 長崎市:平成30年総務委員会 本文

次に(イ)避難所連絡先表示板制作・取替等委託でございますが、本市の指定避難所災害対応種別について明示するために、各避難所土砂災害洪水地震津波などの適応状況を示した表示板を設置したものでございます。(ウ)のその他経費につきましては、電話料金などの通信費や避難所での使用済みの毛布の運搬等に係る通信運搬費、嘱託職員に係る報酬などに要した経費でございます。