運営者 Bitlet 姉妹サービス
19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2014-09-26 西海市議会 平成26年  9月 定例会(第3回)-09月26日−資料 質問事項2  大雨対策について 質問の要旨 (1) 6月定例会で質問した満砂状態の治山ダムが、案の定、7月3日の50年に一度という大雨により、下流に多くの土砂を流してしまった。砂防ダム、治山ダムの再度の点検が必要であると思われるが如何か。 (2) 7月3日の大雨により河通川にある砂防ダムの下流域が氾濫してしまった。砂防ダムは、当初堰堤に数か所水抜き穴があり、堰堤上部から越流する砂防ダムであった。 もっと読む
2010-03-09 大村市議会 平成22年  3月 定例会(第2回)-03月09日−06号 整理されておって、その対応をやろうかなということで治山ダムなり砂防ダムなりを計画をして、実際に工事に移る前の段階でああいうふうになったというふうに聞いております。  せっかくやってもそういうふうに対応がされていないと被害が出るということが如実に語っているんですけども、しかし、それがなかったらどうなのかと。その老人ホームの人たちは、いや、うちはそういうふうなのを知っていると。 もっと読む
1995-03-01 島原市議会 平成7年3月定例会(第2号) 本文 この構想では、眉山全体の施設計画は治山ダム等65基、沈砂池2基、導流堤22基、緑化工44,000平方メートル、水路工1,695メートル等が計画されております。また、そのうち6渓につきましては治山ダム、導流堤等の建設とあわせて、治水対策として大手川改修工事等が進められているところでございます。   もっと読む
1994-12-01 島原市議会 平成6年12月定例会(第2号) 本文 湯江川及び三会川につきましては、平成3年度から平成5年度までの3カ年で長崎県が治山ダム7基、営林署で治山ダム9基、導流堤1基を施工されております。今後は長崎県でスーパー治山ダムも、また営林署で治山ダム2基、導流堤1基が計画されているところであります。   もっと読む
1994-09-01 島原市議会 平成6年9月定例会(第3号) 本文 7 市長(吉岡庭二郎君)  眉山6渓からの降雨量につきましては、今のところ大手川が改修されていない状況でありまして、そのために眉山の治山ダム3メートルかさ上げ、それから両翼に50メートルずつの延長を行いました。 もっと読む
1994-09-01 島原市議会 平成6年9月定例会(第2号) 本文 治山ダムは土石をとめるのが原則でありますので、現在の方法で対応してまいりたいと存じます。  島原市の地下水脈についてでございますが、今後地下水の涵養量、流漏量、採取量など、水の相関関係の調査は必要であると考えますので、その調査について検討してまいりたいと存じます。   もっと読む
1994-06-01 島原市議会 平成6年6月定例会(第3号) 本文 次に、眉山の雨季対策でございますが、危険箇所視察後の感想及び市民に対する防災対策についてでありますが、眉山対策としては、長崎営林署におかれましては、6渓の治山ダムについては3メートルのかさ上げや両そで部分をそれぞれ90メートル延長していただき、また、導流堤及び床固め工の設置、加えて、堆積土砂の排除をしていただいており、長崎県におかれましては、治山ダムの直下に貯砂能力7,500立法メートルの砂だまり工 もっと読む
1994-06-01 島原市議会 平成6年6月定例会(第2号) 本文 なお、6渓は本年は大丈夫かということでございますけれども、6渓につきましては、治山ダムにつきまして本年新たに3メートルかさ上げをし、両そでに90メートルの延長を行ったところでありますし、その下に県事業で貯砂地として7,500立米の貯砂能力のある施設をつくっていただいております。   もっと読む
1994-03-01 島原市議会 平成6年3月定例会(第3号) 本文 国有林内の眉山6渓の治山対策として設けられた治山ダムの貯砂能力が、平成5年4月時点では8万立方メートルであったものが、ことしの梅雨までには追加工事により14万立方メートルに増大し、林地内で土砂を捕捉することにより、下流への土砂の流下量を軽減することができることになっております。 もっと読む
1994-03-01 島原市議会 平成6年3月定例会(第1号) 本文 砂防工事につきましては、現在、災害関連緊急砂防事業により、上流部の営林署治山ダム直下の砂溜工や中流域の旧馬事会館西側の砂溜工を実施中であり、平成8年度に向けた早期完成が予定されております。  そのほか、弁天町排水路や出平町排水路などの整備を積極的に進めてまいります。   もっと読む
1993-12-01 島原市議会 平成5年12月定例会(第2号) 本文 まず、第1点の眉山崩壊に伴う災害対策及び大手川改修についての、眉山崩壊に伴う眉山治山ダム内に堆積した土砂の除去についてでございますが、眉山の全体的な治山対策につきましては、長崎営林署で実施していただいているところでございます。   もっと読む
1993-12-01 島原市議会 平成5年12月定例会(第4号) 本文 ことしの4月28日の土石流で千本木の治山ダムが1回の雨で埋まってしまって、中尾川の4号ダムも満杯になったわけですね。そうすれば千本木の治山ダムに流れておったような大きな石がスリットダムまで来年は必ず来ると思います。そうすると、スリットダムには1回の雨で満杯になるんじゃなかろうかと予測されるわけですね。 もっと読む
1993-09-01 島原市議会 平成5年9月定例会(第2号) 本文 第1点の眉山の治山対策についてでございますが、眉山の治山ダム等の施設につきましては、たび重なる風雨によりまして満杯状態でありますので、長崎営林署において、流路の確保等を実施するとともに、特に、6渓の治山ダム等については、直ちに土砂の排除をしていただいているところでございます。   もっと読む
1993-09-01 島原市議会 平成5年9月定例会(第4号) 本文 本年度、既に実施をしていただいた事業及び実施中の事業につきましては、1渓、5渓、6渓の流路の確保、6渓の治山ダム等の排土や県立島原農業高等学校の山手側に導流堤4基、治山ダム1基、フトン籠、土留工の設置等がございます。   もっと読む
1993-09-01 島原市議会 平成5年9月定例会(第3号) 本文 眉山崩壊と防災対策についてでございますが、眉山の治山ダム等の施設につきましては、たび重なる降雨によりまして満杯状態でありますので、長崎営林署において流路の確保等を実施するとともに、特に6渓の治山ダムなどについては直ちに土砂の排除をしていただいているところでございます。   もっと読む
1993-06-01 島原市議会 平成5年6月定例会(第5号) 本文 去る12月議会において中尾川の拡張をと要請したが、理事者の答弁では、導流堤2基、治山ダム5基、砂防ダム1基が建設中であり、さらにその上に数多くの谷とめ工を計画されており、これが完成すると土石流防止に対しましては多大の効果があるものと確信いたしております。 もっと読む
1993-06-01 島原市議会 平成5年6月定例会(第4号) 本文 6月18日及びその後の降雨により、青葉町などに土砂流出による被害が出ましたが、6渓の緊急治山対策として最下流の治山ダムそで部の補強と延長を行う工事を現在実施いたしております。また、中流の治山ダムに堆積した土砂を排除し、流路の確保も終了しており、カスミ堤に堆積した土砂の排除も直ちに実施される予定であります。   もっと読む
1993-03-01 島原市議会 平成5年3月定例会(第1号) 本文 また、中尾川上流部におきましては、県で治山ダムを建設されておりますが、本市といたしましても監視カメラを設置し、地域の皆様の避難対策に役立てようと考えております。  避難施設の整備につきましては、昨年、県の事業で下折橋町に個室型集合避難施設を2棟建設いたしましたが、平成5年度におきましても、新たに4棟の建設決定がなされたところでございます。   もっと読む
1993-03-01 島原市議会 平成5年3月定例会(第3号) 本文 今、中尾川上流については、治山ダム、砂防ダムなど防災施設が完成いたし、また、完成しつつありますが、今、建設中も含めて、どのような防災施設ができますのか、お尋ねいたします。  また、これらの防災施設は、どのくらいの雨量まで大丈夫か、わかっておれば、お教えいただきたいと思います。  それと、今後どのような防災施設が予定されておるのか。また、完成後はどれぐらいの雨量まで大丈夫か。 もっと読む
  • 1