813件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2020-03-11 2020-03-11 長崎市:令和2年環境経済委員会 本文

まず、一番上の法改正の背景でございますが、依然として全国では、し尿のみを処理をし生活雑排水を処理しない単独処理浄化槽が、浄化槽全設置基数758万基の53%、約400万基残存しており、こうした単独処理浄化槽の老朽化による破損や漏水等が、生活環境の保全や公衆衛生上の問題として懸念されることから、河川や海域などの良好な水環境を保全するためには、生活雑排水も浄化する環境負荷の低い合併処理浄化槽への転換を促す

長崎市議会 2020-03-11 2020-03-11 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

ルート選定はまだ解決に至っておりませんが、原爆病院から下大橋の部分については幸町工区のように河川の上に置いたらどうかという案、また城栄町側については市街地への影響が大きいのでプール側を通るほうがいいという意見もございました。また、車線数については2車線ではなくて将来的なことも考えて4車線にしたほうがいいのではないか、恐らく正面衝突とか事故の関係もあるのでといった意見もございました。

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年総務委員会 本文

それと、もう1つ、関連で聞きますけれども、滑石の方向から入ってきて、河川工事をやっとって、その延長線上はここに来るわけなんですけれども、県が本来でき上がっているところは閉鎖している。これは河川敷のほうの工事が終わらないためにするとすれば、地域センターの建築を含めて、どっちが先にでき上がるのかね。そういうのは聞いているでしょう、当然地域センターをつくるわけだから。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

第1目道路橋りょう河川災害復旧費のうち3.【補助海岸災害復旧費を除く全てが総合事務所所管分でございます。次に、第2目都市計画施設災害復旧費は全てが総合事務所所管分でございます。近年集中豪雨台風などの災害が発生している状況でございますが、今後とも災害が発生した際には復旧作業に迅速に対応してまいりたいと考えております。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年環境経済委員会 本文

第11款災害復旧費第2項公共土木施設災害復旧費第1目道路橋りょう河川災害復旧費、予算額1億5,000万円のうち、説明欄の3.【補助海岸災害復旧費、1.現年度災害分の2,000万円でございます。内容といたしましては、端島見学施設について、台風により甚大な被害をこうむった場合を想定しまして、当該施設の復旧費を計上するものでございます。

島原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会〔資料〕

        │  │         │9 公園及び緑地に関する事項について           │  │         │10 下水道に関する事項について              │  │         │11 市営住宅に関する事項について             │  │         │12 用地取得に関する事項について             │  │         │13 道路及び河川

長崎市議会 2019-12-11 2019-12-11 長崎市:令和元年防災対策特別委員会 本文

ただし、全国でも最近そうですが、河川堤防の整備やそれから避難路等の整備について、一定のいわゆるハード施策である迅速な避難につながる河川情報の提供やそれから土砂災害から命を守る情報の充実などそういうソフト施策とハード施策の適切な組み合わせによって、防災力が高まっていくものであると思っています。

長崎市議会 2019-12-09 2019-12-09 長崎市:令和元年建設水道委員会 本文

理由でございますが、江平中学校南側の江平川で進めております道路改良工事、これは並行して流れている河川部分を2カ所横断する必要がございます。山の地形が急峻で、かつ、道路がカーブしている箇所であることから、施工範囲の検討に日数を要し、道路改良工事が年度内に完了しない見込みであるため、繰り越しをお願いするものでございます。なお、繰越箇所は令和2年9月に完了予定でございます。  

長崎市議会 2019-12-06 2019-12-06 長崎市:令和元年総務委員会 本文

149 ◯山本信幸委員 今のは、結局あびきですから河川護岸まで上がってくる話なんですよ。河川護岸まで上がってきたら、今、国としては、河川護岸の改修が一番問題になっていて、これはもう進めていくという話になっているわけだから、それについて今、各課に流しているわけでしょう。

時津町議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第2日12月 4日)

また、本町では、第二土地区画整理事業や時津川河川改修事業、急傾斜地崩壊対策事業などさまざまな防災減災のためのハード事業を継続して実施しており、被害想定も事業の経過とともに変わっていくものと考えております。  さらに、長崎県が時津川を水位情報周知河川に指定し、時津川の浸水想定区域図を作成することに伴い、本町では、来年度に時津川洪水ハザードマップを作成する予定となっております。  

長崎市議会 2019-12-04 2019-12-04 長崎市:令和元年第5回定例会(5日目) 本文

その河川に対して、現在約700メートルの高架橋がなっている、この旭大橋を平面化するために早期実現を要望するというような内容になっておりましたが、これについても対岸の旭町地区の整備計画もできていない。しかも旭大橋は耐用年数45年ということで、まだその債務等についても残っているということで、なかなかそう簡単には、はいと言えませんよという返事じゃなかったかなと思うんですよね。

島原市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第2号) 本文

9月には過去最大級の台風関東に上陸、関東地方一帯で住宅被害が発生し、まだ完全な修理もできぬ間に、10月の台風関東甲信地方東北地方等の広範囲に記録的な大雨が降り、河川の決壊、氾濫による家屋の流失や浸水、土砂崩れ等で多くの犠牲者や行方不明者が出、また、さまざまな産業関係施設農業生産物に甚大な被害を与えました。この数カ月で想定外の被害を伴う自然災害の恐怖を改めて感じたところでございます。  

島原市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第1号) 本文

4款.衛生費では、河川水質検査について、飲料水に用いるための検査なのか、それとも川の環境を調べるための検査なのか。また、河川以外で行っている水質検査はあるのかとの質疑には、飲料水に用いるためという趣旨ではなく、河川環境を確認するためのものであり、例えば、農業分野では田の水などに使用されているものの検査である。また、河川水質検査のほかに地下水等水質検査を行っている。

長崎市議会 2019-11-29 2019-11-29 長崎市:令和元年第5回定例会(2日目) 本文

浦上川についても来年、策定予定と伺っていますが、その他の河川についてもつくる必要があるんじゃないでしょうか。  中島川の洪水想定ハザードマップを見たら、中島川流域だけこういうふうにあふれますとなっているんです。ところが、岩原都市下水路のところ、それから大浦川も、それから駅周辺も真っ白なんです。あふれないことになっているんです。最大規模の雨が中島川に降ります。