612件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

五島市議会 2023-09-09 09月09日-03号

それでは、最初に質問ですが、五島市の求人状況についてお伺いいたします。 7月の統計では、五島市の求人倍率は1.39倍で、長崎県全体の1.16倍を大きく上回っております。企業から聞く話は、人が足りない、人が足りない、この話ばかりです。 そこでお伺いいたしますが、五島市はこのような状況の中で、人材確保のためどのような施策を行っているのか、お聞かせください。

五島市議会 2021-09-10 09月10日-04号

昨日の草野議員雇用についての質問でも、ハローワークで有効求人倍率は非常に高いということなんですが、五島市においても、いろいろ聞いてみますと、人が足りないというようなことを聞いております。 これは、そういう雇用がふえているということは非常にうれしいんですが、またその一方で、雇用、パートがいないということで、自分の事業を諦めるという人も中には出てきているような感じもします。

佐世保市議会 2020-06-17 06月17日-03号

本市雇用への影響でございますが、有効求人倍率は今年3月時点で1.43と高水準を維持しておりましたが、4月は1.27と減少しております。閉店、廃業を防止し、雇用の維持・継続を基本方針として給付金事業等を実施しておりますが、一部閉店を余儀なくされている店舗もあるなど、事業経営及び雇用への影響は出てきているものと認識しております。

島原市議会 2020-06-01 令和2年6月定例会(第2号) 本文

37 産業部長(西村 栄君)  市内雇用状況雇用の情勢につきまして、先月、労働局が発表いたしました管内の有効求人倍率につきましては、前年が1.23であったものが0.84ということで、やはり1を割っているという状況でございます。そういった数字からも、今回の新型コロナ影響求人数が落ち込んでいると。

五島市議会 2020-03-10 03月10日-04号

昨日の質問にもありましたが、五島地区五島市と新上五島町の有効求人倍率状況は、昨年12月が1.84倍、これまでにない高い数字でした。1月は1.6倍です。 ですけれども、この五島市単独でいうと、12月は2倍を上回る、1月が2倍のちょっと下、実質的には五島市が長崎県では一番厳しい雇用人手不足状況にある、ということがここ数年来続いております。 特に介護業界は厳しい。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年総務委員会 本文

次に、3の事業費でございますが、3に記載のとおり、職員採用試験委員報酬、あるいは論文の採点の謝礼、あとは採用試験東京で実施するための旅費、適性試験の委託料、試験会場借り上げ料、その他としては求人サイトの掲載費などを計上させていただいているところでございます。4の財源内訳につきましては、一般財源としているところでございます。  

五島市議会 2020-03-06 03月06日-02号

議員御指摘のとおり有効求人倍率高止まりの中、人材確保できるのかと御心配も頂きました。私どもとしましては、ぜひ、スモールスタートというか、少ない人数ででもまず組織を立ち上げて、事業を検証していきながら、事業を立ち上げていきたいということでございます。現状のところで申しますと、関係する団体と事業内容につきまして情報共有をしているという段階でございます。

平戸市議会 2020-03-05 03月04日-02号

この取り組みに係る成果指標目標数値設定根拠につきましては、平均平戸市有効求人倍率現況値ハローワーク統計数値から2016年度を1.19倍とし、今後の中小企業等支援を図る中で求人数と求職者数のバランスを保つことで、2027年度は1.15倍としております。 次に、高校新卒者地元就職者数は、基準年を学校への聞き取り実績で14人としております。

佐世保市議会 2020-03-04 03月04日-04号

本市地域経済動向につきましては、地場企業景況値企業倒産状況市内事業者資金調達動向、有効求人倍率の推移などを勘案して判断しております。 地場企業景況値につきましては、短期的には施政方針作成段階における当時、最新の令和元年10月調査平成30年10月調査との比較で、景況感で3.4ポイント、売上げ動向で3.7ポイント、採算動向で2.5ポイントの改善をしております。 

五島市議会 2020-03-04 03月04日-01号

五島地域における月間有効求人倍率が1.6と依然として高い数値で推移しています。 事業者人手不足の対策として、今年度は癒しの島五島体験ツアーを実施し、東京・福岡から50名の方が参加され、市内職場環境などを見学していただきました。令和2年度も引き続き実施いたします。 有人国境離島法による雇用機会拡充事業については、今年度は35事業所事業を実施し、68名の雇用が生まれました。

西海市議会 2020-03-03 03月03日-02号

まず、1点目の本市人手不足現状についての認識を伺うとのご質問ですが、ハローワーク西海によると、本市令和元年12月の有効求人倍率は1.40倍となっております。 業種別では、介護サービス分野が4.93倍、製造業分野が2.85倍、医療福祉分野が2.40倍と、求人数のほうが求職者数を大きく上回っており、これらの業種にとっては、人材確保が難しい状況にあるものと認識しております。 

諫早市議会 2020-03-03 令和2年第1回(3月)定例会(第3日目)  本文

121 ◯川崎 剛君[ 122頁]  再質問ということでございますけれども、本県の有効求人倍率が全国的に低いということで、造船所が、長崎市でございますけれども、多くあり、人材確保しやすい環境状況であると言えますが、特に、本県工業高校はレベルの高い、優秀な人材を輩出しているという背景は重視すべきことだと思っております。  

佐世保市議会 2019-12-12 12月12日-05号

要望を継続して行っていることはもとより、これまで国や九州がんセンター等医療機関といった各方面を通じて、本市の厳しい状況をお伝えしながら御配慮をいただけるよう、その都度、お願いもしてきており、さらに今年は長崎大学へ出向きまして、学長とお会いしまして、あるいは副市長が病院長とお会いし、あるいは小児科の教授とお会いをして、小児科医の派遣について複数回要望しているほか、保健福祉部医師確保事業の中で医師求人情報

佐世保市議会 2019-12-10 12月10日-03号

このような状況の中、国においては、企業に対する60歳超雇用推進助成金による支援や、全国のハローワークに生涯現役支援窓口を設け、シニア世代採用に意欲的な企業求人情報等提供を行っております。 また、長崎県においては、平成29年度に、高齢者の方々の就業から社会参加まで幅広い相談対応を行う「ながさき生涯現役応援センター」を設立されました。

長崎市議会 2019-12-09 2019-12-09 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

8 ◯久田中央総合事務所総務課長 まず、人件費の部分についてですけれども、人件費最低賃金もここのところずっと上がっておりまして、去年で言えば25円とか28円、毎年上がっているような状況もありますので、事業者としては、やはり上げたいというお話であったり、また、なかなか人材を求めても、求人を出してもなかなか人が集まらないというような状況もありますので、そもそもの