99件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大村市議会 2019-12-09 12月09日-05号

◆22番(山口弘宣君)  上水道でも工業用水でも料金収入で賄っているわけですから、第一義的には上下水道局水資源確保策については対策をとらなければならないとは思いますが、人口増加による飲料水確保生活インフラ整備の中でも特に重要であること、工業用水については企業誘致による将来の雇用確保のための政策に大きくかかわってくる大事な事業であることを考慮しますと、一般会計にて資源確保基金を創設するなど積極的

五島市議会 2018-09-10 09月10日-03号

次に、新たな資源確保のための取り組み状況についてお答えします。 現在、県や福江地区の各土地改良区との協議を行っており、その中で農家方々が水の必要性や現在の施設について、どのような考えを持っているのか、今年度中に各農家意識調査アンケートを取りまとめ、今後の対策協議することとしております。 新規事業推進するには、地域農家方々の賛同や協力がなければ行うことはできません。 

五島市議会 2017-03-14 03月14日-05号

農地基盤整備については、継続の圃場整備を初め新規要望地区への取り組み、農地有効活用による農業経営効率化推進するとありますが、農業振興には資源確保は欠かせない課題ではないかと考えます。 特に大浜から本山、崎山に広がる畑作地帯は、夏場の渇水期には慢性的な水不足で、生育不良など安定的な農業経営阻害要因となっているのではないかと考えられます。 

佐世保市議会 2015-09-29 09月29日-06号

また、石木ダムにかわる対策資源確保対策特別委員会検証され、「石木ダムしかない」という結論に至っている。このようなことから、客観的科学的な再評価という部分についても採択しがたい。よって、本請願には賛成できない」との反対討論があり、採決の結果、賛成者なく不採択とすることに決定しました。 以上、報告を終わります。 ○議長市岡博道君)  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

佐世保市議会 2014-12-17 12月17日-06号

また、以前、資源確保対策特別委員会で、石木ダムにかわるものとしてダムのかさ上げ、海水淡水化地下水河川活用等も含め検討してきたが、石木ダムのほかにはないという結論に達したことも事実である。よって、本請願には賛成できない」。 市政クラブ会派からは、「石木ダム事業認定がなされ、法にのっとって必要な事務手続がなされている。よって、本請願には賛成できない」。 

佐世保市議会 2014-06-23 06月23日-04号

そのほかに中国は、資源確保を海外に求め、日本でも既に280ヘクタールという広大な森林が買収されているとも聞いております。 このように、我が国を取り巻く世界の水資源確保は、国家存亡にかかわるほど極めて重大なものとなっております。 このような世界的な水資源を踏まえた上で、水資源確保に関する基本姿勢について、まずは当局の見解をお示しいただきたいと思います。 

佐世保市議会 2013-09-12 09月12日-02号

これは、「佐世保市は石木ダム以外にいろいろと独自の資源確保対策検討してきた。しかし、そのたびに石木ダム建設不要論になる。石木ダム建設に影響を及ぼすからということでことごとく反対された。その一つでも実現していたら、あの被害というのもあれほど大きくはならなかっただろう、残念だ」と証言してくれました。 この事実関係はどうなんだと、石木ダム建設促進特別委員会のメンバーがちゃんと水道局長に求めました。

佐世保市議会 2013-03-12 03月12日-07号

たち議会といたしましても、前期までの「資源確保対策特別委員会」から、今期は名称も「石木ダム建設促進特別委員会」に変更し、より特化して、いままでもう何回となく適宜意見書を出しています。昨年9月定例議会においても、ダム必要性を十分理解した上で、早期進展を求める意見書を提出していますことを申し添えておきます。 

佐世保市議会 2012-12-10 12月10日-04号

次に、水資源確保についてということで、先ほど民営簡易水道の件について質問いたしましたけれども、資源確保のために、石木ダムに対しては相当税金を投入しておられますけれども、特に本市の水道事業協力をしてきた水がめを擁する地域、柚木、中里というふうなところがそうでございますけれども、ここに民営簡易水道があるわけでございます。そういった住民の方々のためにも、ぜひ急いでほしい。

大村市議会 2012-12-03 12月03日-03号

そうなれば、やっぱり市民の理解も少し深まるし、水道料金の値上げもしやすいんではないかなというふうに思いますし、私は以前から言っていますけれども、水道料金に1トン当たり1円資源確保のための基金といいますか、そういったのを付加しても私は構わないと思うんです。そういった形で市民にもっと水の大事さを認識させるということが私は大事だと思いますので、その辺も含めて御検討をよろしくお願いいたします。 

大村市議会 2012-06-07 06月07日-01号

福祉医療について   現物給付を求める声への対応について653田中秀和1.財政行政について  (1) 建築設計業務最低制限価格の設定について  (2) 電気自動車軽自動車税減免について  (3) 人口減少地域対策としての固定資産税減免について 2.福祉医療費制度について  (1) 中学生までの医療費無料化について  (2) 乳幼児医療費現物給付について 3.水資源対策について  (1) 長期的な資源確保

佐世保市議会 2011-12-02 12月02日-04号

これまで私は資源確保という視点で、第5次総合計画に明記してあった考え方に賛同し、この間、節水型のまちづくりについて質問をしてきたところであります。第6次総合計画においては、環境政策の中で進められており、節水型まちづくり重要性について取り上げ、特に雨水利用、再生水利用など、公的関与を十分に行いながら推進がなされていると思います。 

佐世保市議会 2010-12-07 12月07日-06号

1点目の石木ダム建設事業検証については、先日の資源確保対策特別委員会でも資料が提出をされ、一定の流れについても議論がなされたと、このように聞いております。現在進められております国のダム検証における検討作業は、今後どのように進められるのか、お伺いをいたします。 次に、水道局営業所、出張所における水道料金の納付についてお尋ねをいたします。 

佐世保市議会 2010-11-29 11月29日-02号

請願第51号につきましては、会議規則第76条第2項の規定により、お手元に配付いたしております特別委員会付託案件表のとおり資源確保対策特別委員会審査を付託いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。(「異議なし」の声あり)御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。 資源確保対策特別委員長は、審査の結果を12月13日午後5時までに議長報告願います。