18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長崎市議会 2014-05-27 2014-05-27 長崎市:平成26年人口減少・高齢化対策特別委員会 本文

そういうところには、やっぱりファンもつきますし、例えば、IKEUCHI ORGANICさんというのは、実は何年か前に、10年ぐらい前に民事再生を適用されているんですよね。それは、それまでにタオルハンカチという正方形のタオルのハンカチがありますよね。あれの日本一のメーカーだったんですね。

大村市議会 2013-06-25 06月25日-06号

最後に、第60号議案権利の放棄についてにつきましては、株式会社大村湾カントリー倶楽部に係る民事再生に基づく再生計画案に同意するため、大村市が有する債権400万円のうち380万円を放棄するものであります。 委員会におきましては、大村湾カントリー倶楽部の各種市税、土地貸付料、ゴルフ場利用税交付金の納入実績、同施設国体ゴルフ競技会場となった経緯等について確認するなど内容を検討した次第であります。 

大村市議会 2012-12-05 12月05日-05号

ここで御提案ですが、実は私はベネッセコーポレーションという出版社をやめた後に、民事再生を適用した和歌山県の酒蔵の経営再生の仕事に行きました。余り話すのも恥ずかしいのですが、年収が3分の1で、自分の営業に行く費用もなくて、個人的に借り入れをして、アメリカとか東京とかに営業に行った経験があります。1年半、選挙に出るまでやりました。

平戸市議会 2010-09-01 09月14日-03号

ただ、大島航路について言えば、今、途中民間業者の民事再生の関係もありまして、なかなか交通関係の補助金行政推進委員会におけるその部会において、大島交通運営審議会からの、あるいは地域議会からの答申を、答申じゃなくて、市長に対して、ただ諮問があって答申をしたところで、行政運営審議会補助金のほうの民営化検討部会ですかね、から、もう全部終わった段階で、それから一年半ぐらい経ってますよね、恐らく。

南島原市議会 2009-02-27 02月27日-03号

次に、キャセイ食品長崎工場のその後の状況についてのお尋ねですが、マスコミの報道などでご承知のこととは存じますが、キャセイ食品は、昨年11月28日に民事再生の手続を申し立て、市に対しましても、12月10日に文書で、長崎工場閉鎖についての連絡がございました。そして、本年1月13日に、有限会社えいふくと売買契約締結され、今月12日に引き渡しが完了したとの報告をいただいております。 

雲仙市議会 2006-08-06 09月05日-02号

連日の新聞報道帝国データバンクから流れてくる情報は、民事再生の申請、金融機関が幾つかの旅館ホテルをまとめて、一つの企業体としてファンドによって再生したりするニュースばかりである。旅館ホテル経営というものは、建物は立派でも、オープン当初から借入金、投資で建築されている。スタート時点から債務超過となっている特殊な装置産業である。資本金の株価などはゼロに等しいことになる。

諫早市議会 2006-06-01 平成18年第2回(6月)定例会(第1日目)  本文

この会社は、資本金が1億円ですか、それで民事再生の手続をとられたり、またそれはもう廃止になっておるようですが、この会社に1,200万円出資しているんですが、この出資金が生かされるのかどうなのか。これもしもとれないようなものを資産として計上しておったら、これは粉飾決算ですよね。その県央開発の見通し。  朝から登記簿謄本を取りに行ったら、取締役に吉次邦夫、名前が載っています。

佐世保市議会 2006-03-13 03月13日-06号

株式の69.1%を保有する大株主2社が、会社更生法民事再生という状況にある。そして、今回の事業提案施設の登場。文字どおり、出資については整理すべきではないんでしょうか。どういう御所見をお持ちなのか、お尋ねをいたします。 ◎観光商工部長(梅崎武生君) (登壇) 第三セクターホテル建設計画につきましては、議員御指摘のとおり、以前から本会議でも質疑がなされているところでございます。 

諫早市議会 2005-07-01 平成17年第3回(7月)定例会(第1日目)  本文

しかしながら、それも厳しい経済環境の中で、なかなか実現に至りませんでしたけれども、今まで携わってきていただいた関係者の方々の御努力もございましたけれども、最終的にはゴルフ場計画を断念して会社を整理するというような方向で取り組んでいただきまして、民事再生の申請もしていただきましたけれども、これについてはうまくまとまらず、最終的には財産を整理するというようなことで取り組まれました。

佐世保市議会 2003-12-04 12月04日-02号

次に、民事再生、これは会社更生法もありますが、本市においてもその適用というのが時々見かけられますけれども、私は、ここで気になるのは、もし仮にA社、B社に民事再生が適用されたとしたときに、その規模によって若干の違いはありますけれども、そのA社を取り巻く下請、関連の企業、あるいはB社を取り巻くそういう関連の企業、このことが、その処理の仕方によっては9割あるいはそれ以上債権放棄をしなきゃいけないとなったときに

佐世保市議会 2003-09-16 09月16日-04号

この再生のための法的手段の一つに、中小企業を対象にした民事再生があり、全国においてかなりの企業が利用していることは、新聞テレビなどで御存じのとおりであります。そして、この法律が我が国の経済再生のため機能するためには、これを運用する実務課の意識改革とあわせて、この手続での利害関係人、その他の関与者の自主的な活動によって、事案に応じた柔軟かつ迅速な手続を実現するべきものと考えられております。 

佐世保市議会 2002-03-26 03月26日-09号

また委員会では、資産活用策として、矢峰営業所用地へのスーパーの出店見込みについてただしましたところ、当局から「平成13年9月議会において、大規模小売店舗立地法に基づく届け出の準備がなされており、年内にも解決の見込みである旨報告を行っているが、その後の会社からの報告によると、筆頭株主民事再生の申請を行ったことにより、この影響を大きく受け、出店の意思はあるが、その時期を明確にできないということであった

島原市議会 2002-03-01 平成14年3月定例会(第3号) 本文

寿屋島原店の再開見通しについてでありますが、九州のスーパー最大手の寿屋につきましては、平成13年12月19日、寿屋グループ12社とともに自主再建を断念し、民事再生の適用を申請されたところであります。その後、寿屋では2月から 134の全店舗を閉鎖するとともに、全社員解雇を発表され、支援企業との間で譲渡等についての調整が進められております。  

島原市議会 2001-12-01 平成13年12月定例会(第5号) 本文

また、本日付の島原新聞には、九州最大手のスーパー寿屋の民事再生の申請、あるいは有明フェリーのボーナス35%カットなど、給与を大幅に削減との見出しが目に入るのであります。また、このほかにも地場企業の苦戦が伝えられているのであります。  本議案原案の提案理由は、人事院勧告に基づいて、民間企業との給与格差の是正となっておりますが、むしろ、民間の方がはるかに低賃金であることは明白であります。

  • 1