271件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

島原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第2号) 本文

島原市には、コース外になりますけれども、島原城や武家屋敷、そして昔ながらの島原風情のもの、それとかませて、それはコースはコースで認定ですけど──認定ではありませんけれどもそれを歩いた後はこっちでも歩いていかれるような組合せなんかは考えていないんでしょうかね、効果的な活用としまして。

島原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第3号) 本文

そして、このオルレ島原コースに加え、今後は島原城や城下町武家屋敷温泉、海の幸、山の幸、そういった魅力を感じていただけるために、様々なイベントを企画をし、国の内外から観光客の方に来ていただく、いわゆる交流人口の増加を図っていきたいと思っています。  なお、現在、九州オルレ各コースは、年間平均すると3,000人程度が歩きに来ていただいています。

島原市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第2号) 本文

風光明媚で武家屋敷など雰囲気がある建物や、また、島原港周辺に点在する九十九島など絵になる風景があること。水路にはコイが泳ぎ、まちの至るところに豊富に湧き出ている湧水が生活の一部となっている、水のある風景そのものが珍しいということ。また、海沿いを走る黄色い列車やとても魅力的なローカルな駅があること。豊かな土壌で育った農産物やがんばなど豊富な海の幸があること。

島原市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第1号) 本文

島原城、武家屋敷の民有地の買収についての進捗状況はとの質疑には、契約更新時に話をしたが、売却するという意向をいただいていない。引き続き購入に向け交渉したいとの答弁。  買収ができないのなら返さざるを得ないと思う。将来を見据えた観光施設に関する整備計画をつくるべきではないかとの質疑には、施設整備計画等のハード面、ソフト面について、どういった方向で行くのか整理したいとの答弁。  

島原市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第4号) 本文

115 産業部長(西村 栄君)  この宿泊客を呼び込むためには、その宿泊に選ばれる観光地の大きな要素でございます温泉、または食などをPRすることはもちろん、地域資源でもございます島原城や武家屋敷などの歴史資源を活用いたしました島原城薪能、また島原城夜の陣、謎解きお城脱出ゲームキャッスルモンスターなどの取り組みのほか、湧水庭園四明荘、鯉の泳ぐまち、浜の川湧水

島原市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第3号) 本文

本当に同じような、どれを見たいの、何をしたいので、みんな同じようで少しずつ変わっているというふうな感じなんですけど、私が言うのは、例えば、(パンフレットを示す)これは水を使ったテーマなのかな、鯉の泳ぐまち、島原城なんですけど、それとか、湧水庭園、武家屋敷、こういうともありますし、水を使ったなら、当然、銀水ですね、最近はやりの銀水さん、これはかんざらしの体験かな、清流亭、こういった感じで同じ水をテーマ

島原市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第5号) 本文

また、宮ノ丁鉄砲町線の一部廃止の理由につきましては、整備後の将来交通量が見込まれ、小・中学校の通学路や武家屋敷地区へのアクセスの向上、延焼防止効果があることから道路計画の必要性はあったものの、家屋移転が多く、歴史的な景観資産である武家屋敷を分断する計画であることから、鉄砲町の町並み、景観を保存するため、一部を廃止したものであります。  

島原市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第3号) 本文

それが感じられるまちづくり、毎年予算をつけて、1カ所ずつでも湧水あふれる城下町というのを見てわかるように、感じてもらえるようにしていくと、これをぜひ400年事業と絡めて、島原駅をおりたら湧水あふれる城下町やなというイメージ、そういう景観、お城から武家屋敷武家屋敷に入ったら、何も言わなくても江戸時代の風情を感じる、そういった映画村のように景観づくりを徹底して、電柱1本、色一色、これに妥協せずにぜひやってほしいと

島原市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第4号) 本文

次に、藩政時代の風情を残す島原の武家屋敷で年間多くの観光客においでいただいております。近年、武家屋敷駐車場も立派に整備され、多くの方々が見学に来ておられます。皆さん御承知のとおり、駐車場内に豊富な湧水を利用し、明治18年につくられた心字池があります。心の字をたどった池で、日本に3カ所だけあるそうです。

島原市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 目次

………………………………………  48  再質問  ……………………………………………………………………………………………………………  48 休憩・再開  …………………………………………………………………………………………………………  58 ◇松井大助議員質問  ………………………………………………………………………………………………  58   1 コンパクトシティの進捗について   2 武家屋敷

島原市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第2号) 本文

と同時に、武家屋敷の水路の通りの中にも複数空き家が存在をしています。1件は、空き家の状態から廃屋に近いものも見ました。それから、貸し出しという不動産屋さんの看板が出ている空き家もあります。城下町島原は広いわけですが、特に私の目で言いますと、あの水路のある通りあたりは何としてでも伝建地区の中でも優先順位は高い。

諫早市議会 2018-09-03 平成30年第3回(9月)定例会(第3日目)  本文

西小路町から原口町にかけては、かつて諫早藩の武家屋敷があったところで、入り組んだ細い道は外敵の侵入を防ぐ目的があったのではないかとも思われます。  近年は、自動車の大型化が進んだこともあり、従来に増して通行が困難になっています。  まちを人間に例えるとするならば、道は血管であると言えるでしょう。血管の詰まりがまちの健康を害する要因ではないでしょうか。

島原市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会(第6号) 本文

土木費では、島原城跡公園管理経費の島原城堀内整備工事について、お城が築城されて、間もなく400年ということで、ソフト面やハード面での計画が今後なされていくと思うが、島原城と武家屋敷というのは一体化したもの、同じエリアとして考えていかなければならないと思う。  武家屋敷では伝統的建造物群の指定に向けて努力している一方で、このお堀の整備事業は、ここまで事業計画を進められている。