138件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平戸市議会 2021-02-28 12月05日-03号

教皇国家元首のバチカンは、2017年9月20日、核兵器禁止条約署名批准が始まったその日に批准をしました。核兵器禁止条約は、現在、80カ国が署名、34カ国が批准しています。50カ国目の批准から90日後に発効します。ですから、核兵器禁止条約発効は、間もなくだと思います。 教皇は、長崎、広島で原爆投下の非人道性を訴え、軍備拡張競争を厳しく批判しました。

島原市議会 2020-06-01 令和2年6月定例会(第3号) 名簿

年度島原国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)       │教育厚生委員会                                              │審査報告表決 第11 第44号議案 令和年度島原後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)        │教育厚生委員会                                              │審査報告表決 第12 請願第1号 「核兵器禁止条約

島原市議会 2020-06-01 令和2年6月定例会(第3号) 本文

次に、請願第1号 「核兵器禁止条約に関する請願は、核兵器禁止条約への署名批准を求める意見書内閣総理大臣に提出願いたいという請願であります。  主な質疑紹介議員答弁は、核兵器を廃絶することが市民を守ることになるのか疑問に感じるが、市民にとって本当にいいことなのかとの質疑には、核兵器を使用した戦争により被害を被るのは市民である。

島原市議会 2020-06-01 令和2年6月定例会 会議に付した事件

(第1号)            │    │ │      │                                        │2.6.16│ ├──────┼────────────────────────────────────────┼────┤ │      │                                        │採択 │ │請願第1号 │「核兵器禁止条約

諫早市議会 2020-03-02 令和2年第1回(3月)定例会(第2日目)  本文

しかしながら、核兵器禁止条約日本政府はいまだに署名批准をしていません。市長として、政府に対し、署名批准を求める考えはないでしょうか、お答えください。  最後、3点目は、計画実現に向けた基本姿勢の中で、市民目線行政について質問をいたします。  午前中に西口議員から、けさの新聞記事について言及がございました。なかなか厳しい指摘があったなと私も思っております。

長崎市議会 2019-12-03 2019-12-03 長崎市:令和元年第5回定例会(4日目) 本文

核兵器禁止条約への取り組みが進み、批准国が34カ国となり、条約発効の条件である50カ国まで歩みは着実に進んでいます。大きな変化のとき、どうしても取り組んでいただきたい展示があります。それは被爆の惨状から立ち直っていく長崎の復興の歴史の展示であります。現在、原爆資料館展示において表現できていない内容です。

諫早市議会 2019-12-02 令和元年第5回(12月)定例会(第2日目)  本文

今回の教皇の来日のときに、日本核兵器禁止条約に対する態度、そして最終的には帰りの飛行機の中では原発のあり方、そういうところまで踏み込んだ発言が続けられました。いろんな考えの方がおられるかもしれませんけども、私としては基本的に、教皇のおっしゃられたようなことというのが平和へつながる道ではないかと思っておりますし、市長も恐らくそういう考えでおられると思います。  

島原市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第6号) 名簿

平成人工芝グラウンド)      │教育厚生委員会                                              │審査報告表決 第8 第78号議案 平成31年度令和元年度)島原一般会計補正予算(第3号)        │予算審査特別委員会                                              │審査報告表決 第9 請願第5号 「核兵器禁止条約

島原市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会 会議に付した事件

第3号)            │    │ │      │                                        │元.12.18│ ├──────┼────────────────────────────────────────┼────┤ │      │                                        │採択 │ │請願第5号 │「核兵器禁止条約

南島原市議会 2019-10-11 10月11日-06号

次に、請願第6号「国に対し「核兵器禁止条約署名批准を求める請願書」についての説明があり、小林議員から請願に至る経過の意見があり、反対討論なし。賛成討論あり。採決の結果、請願第6号は、採択することに決しました。 また、閉会中における委員会継続調査申し出につきましては、議長に申し出ることに決定いたしました。 

南島原市議会 2019-09-12 09月12日-01号

請願第3号「地方財政充実・強化を求める意見書採択のお願い」、請願第4号「未来を担う子どもたちのために教育予算を拡充し、少人数学級の推進などの定数改善義務教育費国庫負担制度2分の1の復元と制度堅持を求める意見書採択要請についての請願」、請願第5号「口加高校及び島原翔南高校に通学する生徒へのバス代補助に関する請願」、請願第6号「国に対し「核兵器禁止条約署名批准を求める請願書」、以上請願4件ついては

長崎市議会 2019-09-06 2019-09-06 長崎市:令和元年第4回定例会(3日目) 本文

3.平和行政について、(1)核兵器禁止条約締約国会議長崎誘致。  2017年7月7日、核兵器禁止条約国連総会で122カ国の賛成で採択されました。核兵器の威嚇も禁じ、最も問題とされる核抑止力に踏み込んだ画期的な条約であり、発効には50カ国の批准が必要となります。本年2019年8月、カザフスタンが批准され、現在合計26カ国となっています。

長崎市議会 2019-09-02 2019-09-02 長崎市:令和元年第4回定例会 通告一覧

ウ 公用車の青パト化   2 地域とともにある学校運営について    (1) エアコン設置工事の進捗と夏休み期間教室等有効活用策    (2) 学校評議員制度のさらなる充実学校運営協議会への移行  ○ 永尾春文議員[令和元年9月6日]   1 市長政治姿勢について    (1) 新地方公会計のさらなる取り組み    (2) 公共施設マネジメント   2 平和行政について    (1) 核兵器禁止条約締約国会議

島原市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第6号) 本文

次に、請願第3号 「核兵器禁止条約に関する請願は、核兵器禁止条約への署名批准を求める意見書内閣総理大臣に提出願いたいという請願であります。  主な質疑紹介議員答弁は、全国的にこの請願採択された議会の数はわかるのかとの質疑には、同趣旨の意見書を出しているところはあると思うが、全国の状況まで把握していない。今回は島原市と南島原市に請願を出されている。

島原市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第6号) 名簿

処分及び決算            │産業建設委員会                                              │審査報告表決 第17 請願第2号 教職員定数改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書採択要請 │教育厚生委員会          ついての請願                              │審査報告表決 第18 請願第3号 「核兵器禁止条約

島原市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 会議に付した事件

                                        │    │ │      │願                                       │元.9.26│ ├──────┼────────────────────────────────────────┼────┤ │      │                                        │採択 │ │請願第3号 │「核兵器禁止条約

島原市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第5号) 本文

議長の許可をいただきましたので、核兵器禁止条約についての私の所感を述べさせていただきます。  被爆者を初めとする多くの関係者皆様方の長年にわたる取り組みにより、平成29年7月、122カ国の賛同を得て核兵器禁止条約採択をされました。  島原市は被爆長崎の一都市として非核平和都市宣言を行っている団体でもあります。

長崎市議会 2019-07-29 2019-07-29 長崎市:令和元年各派代表者会 本文

次に、日本政府に対し、核兵器禁止条約への署名批准を要請し、さらに、朝鮮半島非核化への動きを機に、「北東アジア非核兵器地帯」を検討するよう要請しています。そして、日本国憲法の平和の理念を堅持するよう訴えています。最後に、日本政府に対して、被爆者援護充実被爆体験者の救済を要請し、原爆犠牲者への追悼と核兵器廃絶に向けての決意を宣言して結びの言葉とします。  以上が、ことしの長崎平和宣言の骨子です。