10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

松浦市議会 2014-11-01 平成26年11月臨時会(第1号) 本文

裁判の決定に従うのが条理ではないでしょうか。  市長は控訴目的として、職員を守り、適正な行政運営を行ったことを証明するためとされていますが、現状は市民行政への不信感は募るばかりです。このような状況でさらに控訴をするということは、職員をさらに窮地に追い込み、行政の信頼を全く完全になくしてしまいます。  もともと原告はお金のためにこの訴訟を提起したわけではありません。

松浦市議会 2014-02-01 平成26年2月第2回臨時会(第1号) 本文

その裁判の決定が自分の主張と違うからといって、これだけ長期に及ぶ審理の中であらわに決定を覆す新たな証拠も示さないとなれば、裁判の決定に従うのが条理ではないでしょうか。  また、調停にかわる決定の後には、本決定の内容及び将来に向けた当裁判所の所感として、次のように記されております。「被告が、原告に対して、本件解決金として80万円を支払うのが相当と考える。

諫早市議会 2013-12-01 平成25年第6回(12月)定例会(第1日目)  本文

私の持論でもありますが、有明海異変と干拓工事因果関係にとどまらず、本明川、調整池の将来を考えたときに、山と川と海はつながらなければならないという極めてシンプルで、自然の条理に従った姿に戻すことこそ、その必要性を痛感いたします。それが諫早市民にとって最良の選択だと思っております。  

諫早市議会 2013-06-05 平成25年第4回(6月)定例会(第5日目)  本文

232 ◯松岡眞弓君[ 278頁]  私もこれ最近知りまして、本当に「ええっ、そんなのってないよね」と、同じ日本人でありながら、同じ国の法律でそして市がそうやって義務を負って、住民票がそこにあり、そして市民税を納めているような方々が、なぜこういう差があるのだろうということで不条理を感じましたので質問に取り上げました。  

諫早市議会 2013-06-01 平成25年第4回(6月)定例会(第1日目)  本文

川と海を堤防で絶ち切ったら、自然の条理に逆らいうまくいくはずがない。人間の思い上がりである。  私たちは、こんな状態のまま、諫早の次代を担う子どもや孫たちに引き継いでいくのか。確定判決がある以上、国は開門の義務は逃れないが、開門すべきでないと主張する人々に私は問いたい。本明川は今のままでよいのか、調整池はどうするのかと。

長崎市議会 2012-12-05 2012-12-05 長崎市:平成24年第5回定例会(5日目) 本文

この監査の結果は、「条理により案分に基づく支出が妥当である」として、目的外と判断する支出額について返還を命じるなど、必要な措置を講ずるよう監査委員から私に対し勧告がなされました。私は、この勧告を尊重しなければならない立場にあることから、自主的な返還がなされなかった方々に対し返還請求をしました。

諫早市議会 2011-03-06 平成23年第2回(3月)定例会(第6日目)  本文

まずガイドラインが出てないからということを基準として動く社会、規制が現実にありますけれども、実際、人間としては不条理を感じ、そしてまた泣き寝入りをしている方々がたくさんいらっしゃいます。心と体の痛みがとれない人がいることを感じていただき、行政には心の通った市民の立場に立った、そして教育の現場でもそういう子どもさん、そして家族の立場に立った行政をしていただきたいと切に願います。

諫早市議会 2006-03-07 平成18年第1回(3月)定例会(第7日目)  本文

しかしながら、社会の不条理、多様化が進む中、各個人の身体、精神的障害等により日常生活を送るのが困難な人も増加し、社会格差がますます広がっているのが現状であります。  きょうの毎日新聞の朝刊を見ますと、16歳の少年2人が火炎瓶を投げて身体障害者ホームレスの方を焼死させたという旨の記事が1面に載っていました。本当に日本人の心を失した悲しい出来事です。  

  • 1