517件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

五島市議会 2021-06-26 06月26日-04号

庁舎建設についての質問ですが、現在のこの庁舎耐震性に問題があり、平成28年、庁舎整備庁内検討委員会設置検討がなされました。市議会の意見としても全員協議会において補強工事、建てかえ工事検討したところですが、将来のことを考えた場合、建てかえ工事のほうがいいだろうと決定しました。 2018年、昨年の8月から工事が着工され、来年1月末には完成予定だと思っております。

五島市議会 2020-12-25 12月25日-05号

しかしながら、平成28年4月、震度7の大地震に見舞われた熊本県において、災害時の対策拠点となる自治体庁舎が被災し、使えなくなる事例が相次いだことを受け、五島市は、震度強規模地震で崩壊する可能性があると診断された現在の庁舎を建て替えることとし、平成29年3月に、五島本庁舎建設基本計画策定、以来約2年10カ月を経て、新たな議場を含む新庁舎が1月末に完成を迎える予定になりました。 

五島市議会 2020-12-10 12月10日-04号

それで、もともとは市が直接建設するつもりでいましたが、これがなかなか額が大きくて、庁舎建設とか、あるいは図書館あたり建設も控える中で、市が直接というのはなかなか厳しかろうということで、民間の力をお借りできないかということを申し上げさせていただきました。 その後には、それを受けて、ある、名前はちょっと申し上げませんけれども、ホテル関係をやりたいと。

五島市議会 2020-06-21 06月21日-02号

なところで設計はいたしますので、実際、施工する段階において、どうしてもその工事の順番であるとか、そういう兼ね合いで、先ほど御説明いたしましたように、今回、機械設備工事を先にやるに当たって、どうしてもクレーン設置場所がお互い干渉して置けないということだったりとか、届かなかったりとかというところがあって、自立型のクレーン設置することに至ったということでございますので、これについては、どうしても特に今回の庁舎

佐世保市議会 2020-06-17 06月17日-03号

そこで、市役所においても週所定勤務時間を32時間に減らして給与水準を変えない週休3日制を導入し、年末年始、休日を除く全ての日に市役所庁舎を開庁し、市民サービスの向上や職員福利厚生の充実を図ってはいかがかと考えますが、お尋ねをいたします。 続きまして、3項目め学校統廃合学校再編について1回目の質問をいたします。 

佐世保市議会 2020-03-19 03月19日-07号

次に、第2款総務費では、庁舎リニューアル事業費7億2,143万円、アルカスSASEBO運営事業費3億5,180万円、特定複合観光施設(IR)推進事業費1億4,798万円、地方公共団体情報システム費2億2,594万円などを含む117億6,196万円が計上されております。 次に、第3款民生費では、戦没者等援護事業費690万円、災害援護事業費772万円などを含む2,162万円が計上されております。 

大村市議会 2020-03-09 03月09日-07号

もう一つは、設計段階で、庁舎議会棟を分けられないかと思うんです。議会棟は別個にして、そして備蓄倉庫及び避難場所として、中二階にエントランスをつくって、階段で行って、議会棟の下は備蓄関係にして本会議場をつくったりできないかという意見です。 もう一つは、庁舎もコの字型につくって、A棟B棟C棟、後でくっつければいいわけです。

五島市議会 2020-03-09 03月09日-03号

庁舎本館棟解体工事は、令和2年度に実施予定としておりまして、倉庫など関連施設を含めた解体予定建物については、既に専門機関においてアスベスト分析調査を完了しております。 なお、調査の結果、旧本館棟の外壁においてアスベストの含有が確認されましたので、解体工事に当たっては、アスベスト対策工事に要する経費を当初設計に反映した上で契約手続を進めてまいります。 

西海市議会 2020-03-05 03月05日-04号

(2)将来の人口減少産業構造の変化に伴う総合支所の在り方や庁舎の役割についてお伺いをいたします。 質問事項2、農業振興について。 (1)オリーブやアボカドの研究が進み、栽培実施現実化をしているわけですけれども、今後も新たな支援が必要と考えますが、見解をお伺いいたします。 (2)耕作放棄地の現況と今後の対策をお伺いいたします。 

大村市議会 2020-03-03 03月03日-03号

それから、もう1点につきましては、市役所災害対策本部につきましては、この本庁舎内を拠点としておりますが、本庁舎に万が一のことがあった際はシーハットのコミセン大会議室、そちらのほうを災害対策本部拠点とすることとしておりますので、その場合、シーハットのほうには重油が庁舎の3倍ほどございますので、本庁舎の電源、燃料等が危なくなってきたら災害対策本部シーハットのほうに移してということを考えたいと思います

佐世保市議会 2020-03-03 03月03日-03号

また、議員が御指摘ございました、より事態が深刻化した場合、例えば、庁舎等が使えない場合などが想定されるかと思いますが、こういう場合には、大規模災害時を想定して策定しております本市のBCP、業務継続計画に準じた対応を行うことを視野に入れ、適切に対処してまいりたいと存じます。 以上です。

南島原市議会 2020-02-27 02月27日-04号

そうしますと、この公共施設の中の建物に対しては、御承知のように、庁舎庁舎ね、これの基金設置されております。それと教育環境学校施設、それの整備基金設置されております。そこのとこで、これが重複できるのか。これは除くとも何とも書いていないから、そこはどうなっているのか。 以上、2回目の質疑として質疑をします。 ○副議長(井上末喜君)  答弁を求めます。伊藤総務部長

佐世保市議会 2019-12-11 12月11日-04号

このままであれば、防災危機管理局は、まず対策本部設置する庁舎にたどり着くことが対策本部の最初の仕事となるわけです。まことに心もとない話ではないでしょうか。 そして、防災危機管理局庁舎まで移動する必要があることが災害対策本部設置を妨げる要因になるのではないかと思われます。時間との闘いだと思うのです。

佐世保市議会 2019-12-09 12月09日-02号

加えて、今後の作業工程を考えれば、その成果品は増加していくのは当然の話であり、現状の庁舎8階の執務スペースでは到底厳しいのではないかと思っております。さらに、これが一番大事だと思うのですけれども、市民の皆様の相談業務に支障が出てくることは避けられないと思います。 私は地籍調査事業を進めるに当たりまして、三つのスペースのしっかりした確保が必要だと思っています。

南島原市議会 2019-12-05 12月05日-02号

◎市長(松本政博君)  今、金子議員のそういう思いも、地域によってはお考えになることもあるかもしれませんが、既存の今、本庁庁舎、南有馬、西有家、有家に3庁舎があるわけですが、ここにそれぞれの分を移動をして、そこにまずおさまるにはどういうふうにしたほうがいいか。基本的な部分はそこにあって、その辺の中から、教育委員会を動かさずに、そこに福祉保健部を持っていって、スペースの問題もあります。 

西海市議会 2019-12-04 12月04日-04号

将来的な、庁舎総合支所機能のあり方について、まちづくりの観点から、市民を交えた議論を深めていく必要性はあると考えておりますので、まずは令和2年度に次期総合計画策定にあわせて、庁舎建設に関する市民アンケート調査を実施し、庁舎建設機運状況を見定めた上で、検討して進めてまいりたいと思います。 以上で答弁とさせていただきます。 ○議長平野直幸)  5番、田崎耕太議員