73件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諫早市議会 2019-03-04 平成31年第1回(3月)定例会(第4日目)  本文

その施設には映画ゲーム施設等の遊び場、飲食店などの若者が多く訪れる施設も備える。これは本市に長く滞在してもらい、本市のよさを知ってもらい、若者にも本市のよさを情報発信してもらう。観光都市と言われなくても、新幹線開通後、関東関西、または東北北海道から多くの観光客を呼び、大きな経済効果を上げるような施策も期待したいところです。  済みません。話は飛びますが、もう一つ、提案がございます。

諫早市議会 2018-12-02 平成30年第5回(12月)定例会(第2日目)  本文

このような、諫早から見れば、にぎわいがある商業施設だと思いますけれども、そういうのに期待したりして、それから映画が入るのですかとか、そういうふうな期待がされているのです。ですからそういう施設が、先ほどちょっと長野町の話が出ましたけれども、そういうものが想定できるのかなと。

佐世保市議会 2018-03-12 平成30年  3月定例会 文教厚生委員会-03月12日−03号

◎西本教育長   指摘はごもっともで、その日にでも委員会の開催を申し入れればよかったかと思うが、翌日が封切りということもあって、先ほど申したように、お金を払って映画に入場した子と、無料の制度が実施した後に入場した子との不公平感が生じることがないように、一定の配慮をしたつもりであったが、今思えば、御指摘のあったような手続をとっていればと反省をしているところである。

佐世保市議会 2018-03-09 平成30年  3月 定例会-03月09日−07号

内容については映画で見ていただき、感動してほしいと思います。  原作者は小玉ユキさんで、船越小学校、愛宕中学校佐世保高等学校を卒業した佐世保出身の方であります。  「坂道のアポロン」と小玉ユキさんについて触れさせていただきますと、2007年から2012年まで小学館「月刊flowers」に連載されております。2009年には、「このマンガがすごい!」のオンナ編で1位を獲得されております。  

長崎市議会 2017-03-03 2017-03-03 長崎市:平成29年第1回定例会(5日目) 本文

私は、やはり今の通路は、特に仕事場ばかりの通路だったので、あればかりはなかなか島の本当の生活はわからないというのが私の主張でありまして、ですから、せめて本当は映画のところまで行っていただきたいんですが、あそこはものすごく30号も壊れかかっておりますし、その先もいろいろと大変なものということで、この目でも見てきました。

大村市議会 2016-12-12 平成28年 12月 定例会(第6回)-12月12日−05号

そのときに、ここでおばあちゃんとか、おじいちゃんに昔の唐獅子牡丹とかあんな映画をこの中で放映して、インテグレーテッド・リゾート、統合型リゾートといって今、国会でいろんな話になっていますけど、本当リゾートにはこういうのを使って、映画、昔の映画を上映して家族みんなで地元のここに遊びに行こうじゃないかという考えを持ったらいかがなものかなと思って質問しています。これ局長お願いします。返答。

諫早市議会 2016-12-08 平成28年第4回(12月)定例会(第8日目)  本文

地域利便地区において、建築してはならない建築物が明記してあるが、具体的にどのような建築物が建てられるのか、との質疑に対し、今回追加の地区整備計画区域は用途地域が近隣商業地域であり、店舗のほか、遊技施設として、ボウリング場、スケート場、映画フィットネスクラブなど、また、医療施設として、病院診療所など、福祉施設として、老人ホーム保育所などが建築可能である、との答弁がありました。  

諫早市議会 2016-12-05 平成28年第4回(12月)定例会(第5日目)  本文

まず、冒頭ちょっときのうの朝刊に折り込んでありまして、裏紙が白でしたので、原稿用紙に使わせていただいたお礼ということではないですけども、諫早青年会議所のクリスマスこども映画祭ということで、12月26日、いわゆる映画がなくなった市としては、文化会館なり各図書館でも月1回ぐらい上映されたと思いますけども、やっぱり映画を見る機会を市民に与えていただきたいと、そういうことで文化会館で子ども向け「アンパンマン

諫早市議会 2016-09-04 平成28年第3回(9月)定例会(第4日目)  本文

ショッピングモール・映画等の娯楽といいますか、とか買い物とかが7組。あと、にぎわいがない、都会さがない、若者がいないなど、4組。あと、その他の意見でランチを食べるところが少ない、諫早のよさのPRがない、ポケモンがいないとかいうのが載っておりました。  これはたった24組なのですけども、私もきょう聞いたのです。「たくさん撮られた中で24組載せられたのですか。意図的に載せられたのですか。」

佐世保市議会 2016-03-04 平成28年  3月 定例会-03月04日−03号

次に、昨年10月に策定されました佐世保市まち・ひと・しごと創生総合戦略において、2060年における20万人の人口規模維持を目指すという長期ビジョンが示されておりますが、人口20万という数字は、一つの圏域を担う中心都市に求められる数字であり、それに加えて2014年に国土交通省が公表した国土のグランドデザイン2050で明らかにされている百貨店映画救命救急センターなど、地域の中心に求められる象徴的な

平戸市議会 2015-09-10 平成27年 9月定例会-09月10日−03号

教育次長(松田範夫君)   かねてより平戸には映画もないので、ぜひ上映会をしてもらいたいと要望もありました。新図書館では「みんなでシネマ」と題しまして、毎月1回、未来創造館のホールを利用して、映画の上映会を行うようにしました。これは無料です。  上映をする映画は、図書館が上映権つきのDVDを購入し、これを使用します。使用後は図書館資料として個人貸し出しにも利用できます。

大村市議会 2015-09-09 平成27年  9月 定例会(第5回)-09月09日−03号

プラザおおむらができて、喜んでいる方もたくさんいらっしゃいますが、要望の多いものの一つが映画であります。今、大村市はまちづくり計画の重要な作業を行っております。その核の一つとして映画の誘致、これができないでしょうか、お尋ねをいたします。 ◎商工観光部長(高濱広司君)   かつて映画が大衆娯楽の花形だった時期は、市内にも数軒の映画がありました。

大村市議会 2015-09-04 平成27年  9月 定例会(第5回)-09月04日−01号

における「犬の立ち入り禁止」の見直しについて   ②医療介護及び教育分野の関係者を対象としたセミナーの開催について 2 若者支援策について  (1) 大村市内の若者が置かれた現状の把握について   ①ニーズ調査の実施について   ②若者支援室の設置について  (2) 将来に向けた若者支援策について   ①市内、県内就職率等の目標値の設定について   ②若者の採用に対する中小企業への支援について   ③映画

大村市議会 2015-06-23 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月23日−05号

映画は欲しいですけれども、これはもうすぐという、民間が主導になるわけですから、何が何でもというわけにもいけませんですし。屋根つきゲートボール場、さっきは近々にというようなお話がありましたけど、ちょっとめどが立っていることではない(発言する者あり)検討を始めることでいいんですね。

大村市議会 2015-03-11 平成27年  3月 定例会(第1回)-03月11日−06号

楽しく実験ができる実験室や、現在も使っておりますが、手づくりのプラネタリウムや子供向け映画などを開催する多目的室、また、入り口付近では図書コーナーを設けて、サロン的なスペースも持たせるようにしております。  これは、現在の退職教員の方々が来て、手づくりのいろんな道具を使っておられますけれども、そういう方々の意見を聞きながら、中身を詰めているような状況でございます。  

諫早市議会 2014-12-03 平成26年第4回(12月)定例会(第3日目)  本文

そういう点では、全国的にも非常に有名なところでございますけれども、諫早市も数年前から映画等もなくなって、映画を親しむという、まあ、よそに行けばまだ映画等は見られますけども、何らかの形で、この諫早市でもそういう映画祭みたいなものはできないかというようなことで質問をさせていただきます。  この映画とか調べれば調べるほど簡単にはいかないと。