68件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐世保市議会 2023-06-24 06月24日-04号

現在、同協会には全体で21人の職員が在籍され、このうち旅行資格保有者が5名、観光地域づくりに関する高度な知識とスキルを有する観光地域づくりマネジャーが6名と、徐々に機能構築と体制整備が整ってきている状況でございます。 以上です。 ◆2番(鶴大地君) (登壇) 御答弁ありがとうございます。 県内初の日本版DMOとして観光庁の認定を受けており、日々の努力というのは認めさせていただきます。 

佐世保市議会 2021-06-20 06月20日-02号

観光は、旅行、宿泊業、交通・運輸業などの、いわゆる観光関連産業にとどまらず、農林水産業を初め、さまざまな産業への経済波及効果が高く、裾野の広い総合産業であることから、地域経済を活性化させるためには重要な施策であります。 施政方針の中においても、観光に係る取り組みが随所にしたためてありますが、総合産業とも言われる観光の振興をどのように推進されていくのかお伺いをしておきたいと思います。 

平戸市議会 2020-04-24 06月06日-03号

また、地域限定旅行を取得し、スポーツ大会での宿泊斡旋も行っており、最近では外国人スタッフを雇用し、外国人の誘客にも積極的に取り組んでいるようで、本年度から黒字化になる予定ということでございます。 以上です。 ◆11番(井元宏三君)  では、現在の平戸版DMOの進捗及び要件のクリア状況はどうなっておりますでしょうか、お教えください。

長崎市議会 2019-12-05 2019-12-05 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

(ア)審査会の委員としまして、会長に国立大学法人長崎大学経済学教授の藤田 渉様、職務代理者に長崎外国語大学副学長の姫野順一様、委員に日本旅行協会九州支部長崎県地区委員会委員長の古村一也様、株式会社長崎経済研究所常務取締役の湯浅 純様、九州北部税理士長崎支部の脇坂俊博様の5名の方にお願いいたしました。

長崎市議会 2019-12-03 2019-12-03 長崎市:令和元年第5回定例会(4日目) 本文

心のバリアフリーの推進につきましては、まずは観光庁におきましてユニバーサルツーリズムへの対応として、宿泊施設編、旅行編、観光地編の3編からなる接遇マニュアルを作成し、現在観光事業者による社員研修あるいはセミナーなどでの活用を図っているという状況がございます。  

西海市議会 2019-03-07 03月07日-05号

そのため、今年度より市内の生産者、生産出荷団体ホテル事業者、首都圏関西圏の流通及び旅行関係者等で構成する西海ブランド戦略推進会議を立ち上げ、7月と11月の2回、会議を開催いたしました。当会議におきまして、委員の皆様からいただいた御意見を踏まえまして、西海ブランド戦略、これを策定いたしました。これまで17の戦略商品の選定、ブランド名、名称であります「ぎゅぎゅっと!

大村市議会 2018-12-06 12月06日-02号

これが平成28年度になってくると観光コンベンション協会への補助金に変わっているというか、29年度も観光コンベンション協会への旅行資格--これは3種でしょうけど--取得の支援等も含めてですけど、自然や歴史的な観光資源を活用し、着地型観光メニューの開発、商品化に取り組み、観光客の滞在時間の延長及び交流人口の拡大を図るためにということで予算がついています。これは30年度までです。 

佐世保市議会 2018-12-03 12月03日-01号

委員会では、本市の観光振興のため補助金を支出している佐世保観光コンベンション協会の収支状況並びに組織体制についてただしましたところ、当局から、「佐世保観光コンベンション協会の単年の事業費は約5億円であり、そのうち事業収益として旅行収益など約3億円、本市の補助金などの事業費として約2億円となっている。

長崎市議会 2018-09-10 2018-09-10 長崎市:平成30年第3回定例会(4日目) 本文

その一環といたしまして観光庁では、ユニバーサルツーリズムへの対応として、観光外食産業などサービス業における接遇の向上を図るため、ホテル旅館旅行会社観光案内所等で従事している観光関係者が、心のバリアフリーを実践できるよう有識者、障害者団体業界団体等の参画のもと、平成30年3月に宿泊施設編、旅行編、それから観光地域編の3編からなる接遇マニュアルを作成いたしております。

五島市議会 2017-06-20 06月20日-04号

昨年度末に五島振興局と立ち上げた五島市有人国境離島推進プロジェクトチームを中心に、旅行資格を有している観光協会や市内の観光事業者及び東京福岡事務所と連携しながら、もう1泊の実現とともに、組織力強化につなげてまいりたいと考えております。 以上でございます。(降壇) ◆2番(木口利光君) それでは、自席から質問を続けさせていただきます。 

大村市議会 2017-06-19 06月19日-05号

そういった形では旅行関係、この経費を新年度予算にも計上しておりましたし、しっかり、こういった独自のキリシタン関連ツアーというものを進めていきたいと思います。 ◆21番(山北正久君)  なかなか市長とはかみ合わないが、きょうはこの辺ではかみ合いますね。まさに私もカトリック信徒の一人で、端くれでありますけれども、日本キリスト教キリシタンの始まりはここからです。

大村市議会 2017-03-03 03月03日-03号

◎商工観光部長(山下健一郎君)  観光地づくりのための投資による産業の創出につきまして、ソフト面におきましては、平成29年度に最新のデジタルアートを活用した新規イベントの開催や、観光コンベンション協会の旅行資格取得の支援などによる着地型観光の推進、コンベンション誘致の強化などにより、地域活性化、経済波及効果の創出を図るようにしております。