2312件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-09-20 2019-09-20 長崎市:令和元年第4回定例会(7日目) 本文

政府は、生活保護基準引き下げを昨年10月から3年かけて段階的に行い、削減額は総額210億円、一世帯当たり最大5%、生活保護利用世帯の67%が引き下げとなる大規模なものです。生活保護基準は、2013年から2015年の3年間で最大10%、890億円が引き下げられたばかりで、今回の引き下げと合わせると最大15%削減されることになります。

長崎市議会 2019-09-13 2019-09-13 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

特に発電所等々含めて、それは政府の関連の施設もそういったことも進んでいますので、特に今般近くでコンビニの強盗があって、特に夜中だったということで、やはり地域住民の方、何かあったときのための安全対策をしっかり講じてほしいということで心配されると思いますので、その点十分大学側のほうに説明をしとってください。  それから、浦上警察署ってございますよね。

長崎市議会 2019-09-12 2019-09-12 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

日本の数字は、政府がこれだけのを出したけれども、じゃよその国は、こういうものに対してどの程度のお金を出しているのか、本当に日本の子どもたちは不幸なのか、その辺もちょっと出してほしいと思うんです。ぜひ1つお願いしておきます。これお願いですから、時間をかけてで結構ですから出してください。

長崎市議会 2019-09-06 2019-09-06 長崎市:令和元年第4回定例会(3日目) 本文

被爆者や被爆地の長年の願いが実を結び採択された、この核兵器禁止条約の締約国会議を被爆長崎で開催することができれば、原爆資料館の視察や被爆体験講話の聴講などを通して、各国政府代表に直接被爆の実相に触れていただく機会となります。さらに、ここ長崎から核兵器禁止への強いメッセージを世界に発信することで、国際社会の動きを加速させることも期待でき、大変意義あるものと考えます。

長崎市議会 2019-09-02 2019-09-02 長崎市:令和元年第4回定例会(1日目) 本文

まず初めに、被爆74周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典についてですが、ことしの平和祈念式典は、安倍晋三内閣総理大臣衆議院議長参議院議長厚生労働大臣など多数の政府国会関係者をお迎えするとともに、国連事務総長代理として中満 泉国際連合事務次長軍縮担当上級代表など、国際機関からもご参列いただきました。各国代表については、66カ国の駐日大使などにご参列いただきました。

長崎市議会 2019-07-29 2019-07-29 長崎市:令和元年各派代表者会 本文

次に、日本政府に対し、核兵器禁止条約への署名批准を要請し、さらに、朝鮮半島非核化への動きを機に、「北東アジア非核兵器地帯」を検討するよう要請しています。そして、日本国憲法平和の理念を堅持するよう訴えています。最後に、日本政府に対して、被爆者援護の充実と被爆体験者の救済を要請し、原爆犠牲者への追悼と核兵器廃絶に向けての決意を宣言して結びの言葉とします。  以上が、ことしの長崎平和宣言の骨子です。

長崎市議会 2019-07-08 2019-07-08 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

私たちも毎年政府交渉でやっていますけれども、出てくる厚生労働省の担当の課長補佐とかが言うには、そういう更新については事務方レベルで協議して上に持っていけるような段階にということで、一昨年、去年とか言っていましたので、急にそういう原援協で要望したからぱっと変わるってなかなかないとは思うんですが、ただ被爆体験者支援事業の枠組みの中では、もうなかなか改善できる点というのが限られているというのも一方で事実だと

長崎市議会 2019-07-03 2019-07-03 長崎市:令和元年総務委員会 本文

企業主導型保育事業の対象となる施設は、子ども・子育て支援法に基づく政府補助を受けた事業主等が事業所内保育事業を目的とする施設であって、児童福祉法による認可を受けていない施設、いわゆる認可外の施設であり、前回と変更はございません。また、特例割合の範囲も同様でございます。対象時期につきましては、2年間延長され、平成31年4月1日から令和3年3月31日までに設置されたものでございます。

長崎市議会 2019-07-03 2019-07-03 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

149 ◯浅田五郎委員 副食費は政府がある程度基本的な方針出して、長崎市立の幼稚園保育園については、給食費を無償になったりならなかったところがあるだろうけれども、それはあなた方市として、一律にとることができるし、そうならざるを得ないでしょうけれども、民間の場合はそれが自由にということになると、私が言ったような心配が必ず起こってくるだろうと思うんですね。

長崎市議会 2019-07-02 2019-07-02 長崎市:令和元年第3回定例会(5日目) 本文

この教訓から、政府は、猛威を振るう自然災害から命を守るために、ことし5月末に警戒レベル5段階として、人々が直感的に理解できて避難行動にすぐに結びつく情報提供として警戒レベルの導入が決められました。先ほどの広島市の例で言えば、避難勧告はレベル4の段階になり、「今すぐ避難」が住民がとるべき行動になります。

長崎市議会 2019-07-01 2019-07-01 長崎市:令和元年議会運営委員会-2 本文

職員定数改善と義務教育費国庫負担制度の堅持を求める、2020年度政府予算に係る意見書(案)については、前回の議運において会派持ち帰りとしておりましたが、案文について皆様から何かご意見はありませんか。  ないようですので、2件の意見書については、案文の内容で提出することとしたいと考えておりますが、そのように決定してよろしいでしょうか。     

長崎市議会 2019-06-28 2019-06-28 長崎市:令和元年第3回定例会(3日目) 本文

国際社会における核兵器のあり方を左右する重要な会議であるNPT再検討会議や、準備委員会長崎での開催が実現すれば、原爆資料館の視察や被爆体験講話の聴講などを通して、各国政府代表に直接被爆の実相に触れていただく機会となり、被爆地としては、大変意義あるものと考えます。

長崎市議会 2019-06-27 2019-06-27 長崎市:令和元年第3回定例会(2日目) 本文

そこで、長崎市では、市長はもとより市議会議長を初め、市議会建設水道委員会正副委員長、関係議員の皆様のお力添えのもと、国の予算編成に合わせて、これまで経済界、運輸団体、地元の皆様など、関係者とも力を合わせて国や政府関係機関、県選出国会議員に対し、たゆまぬ要望活動を実施しているところであり、昨年度におきましても、延べ7回、上京いたしまして要望を行ったところでございます。  

長崎市議会 2019-06-24 2019-06-24 長崎市:令和元年第3回定例会(1日目) 本文

そのほか、サイエドNPT準備委員会議長には来年の再検討会議を成功に導く勧告の採択を要請し、高見澤將林軍縮会議日本政府代表大使とは現在の会議の状況に関する意見交換をし、核保有国である英国のリドル大使には、NPT第6条の履行を要請しました。オーストリアのハイノツィ大使及びニュージーランドのヒギー大使とは、今後、核兵器禁止条約批准国をふやすために市民社会にできることなどについて意見交換しました。