329件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2020-03-13 2020-03-13 長崎市:令和2年第1回定例会(7日目) 本文

委員会におきましては、有償譲渡が当初の見込みを大きく下回ったことについて、これまでの周知方法の妥当性、来年度も事業を継続するに当たり繰越明許費ではなく一旦減額して来年度の当初予算に計上することとした理由、戸別受信機は、防災情報だけでなく行政情報の伝達としても有用であることから、地域を限定した放送を行う考え、無償貸与の対象と配付の完了時期や希望者にのみ配付することの妥当性について質すなど、内容を検討した

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年総務委員会 本文

それは、何と何を組み合わせてそうなったかっていうのは、テレビ放送がなかったんでわかりません。しかし、今度は五島なんかでも漁業をしたいと、そしたら、漁協が船から何から貸し与えますよと。そして、初めは先生に習ってやって漁師になるまでの育て方をしながら、その人たちが今度は都会で教えてきたものを島に残していく。  

長崎市議会 2020-03-06 2020-03-06 長崎市:令和2年総務委員会 本文

戸別受信機の有償譲渡の申込者数が当初の見込みを大幅に下回っている状況でございますが、その要因として考えられますのは、地域や関係団体の皆様へ本事業の説明会を開催する中で、戸別受信機から得られる情報が他の情報手段であります防災メールやテレフォンサービス、また、テレビデータ放送などでも取得すると理解され、そうした活用に切りかえるとした声を多くいただいていることから、それぞれの状況に即した形で選択がなされたことが

長崎市議会 2019-12-11 2019-12-11 長崎市:令和元年防災対策特別委員会 本文

まず、防災行政無線以外の伝達手段についてですが、長崎市においては、37年前の7.23長崎水害以降、防災行政無線の整備を進め、プッシュ型の情報伝達手段としては広く市民認知されていますが、時代とともに情報伝達手段も多様化し、プル型の防災メールやテレホンガイダンス、テレビデータ放送、SNSなど市民一人ひとりがその中からみずから情報を選択できる時代となっております。

長崎市議会 2019-12-06 2019-12-06 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

それで、例えばスポーツイベント等につきましては、ダンス大会とか、あとプロサッカーチームのファンイベントという形、それから自主興行イベントにつきましては、BS放送の公開放送と、そういった具体的なイベントの内容はございますが、いつそれをということにつきましては、現在さらに詰めているということでございます。

時津町議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第2日12月 4日)

訓練当日は、まず、実際に町から防災行政無線により、久留里地区及び左底地区に警戒レベル避難準備・高齢者避難開始を発令した旨の放送を行うとともに、町から自治会関係者に災害連絡メールを送信いたしました。  その後、自治会長に情報の伝達結果を集約し、本町災害対策本部に伝達が完了した旨を報告していただく災害情報伝達訓練を実施いたしました。  

長崎市議会 2019-12-04 2019-12-04 長崎市:令和元年第5回定例会(5日目) 本文

ことしのシンボルマークの市民投票につきましても、昨年度実施した市の鳥選定の市民投票と同様に多くの皆さんに投票していただけるよう、広報ながさきへの掲載、テレビ番組週刊あじさいでの放送自治会や小中学校、高校や大学企業への協力依頼などの周知を行っているほか、シンボルマークの投票を呼びかける看板の設置やフェイスブック・ツイッターなどでの周知も行っています。

長崎市議会 2019-12-03 2019-12-03 長崎市:令和元年第5回定例会(4日目) 本文

ことし9月22日に最接近した台風17号は、当初の気象台の予測では、大型で強い勢力で接近し、長崎市西側のコースをとり、風速35メートル以上の暴風が吹く見込みであったことから、防災行政無線を活用し、避難所の事前開設のほか停電への備えなど繰り返し放送し、市民の皆様へ注意喚起を行いました。

長崎市議会 2019-11-29 2019-11-29 長崎市:令和元年第5回定例会(2日目) 本文

それから、2つ目の西側へのバスの寄りつけということについての検討状況でございますけれども、駅西側につきましては、駅を利用しておられる方を初め、出島メッセ、それから放送局、こういったものが立地いたしますので、ぜひその寄りつけが必要と考えております。現在事業者のほうで協議を行っており、具体的なルート、あるいはダイヤについて検討していただいているとお聞きしております。  

長崎市議会 2019-11-26 2019-11-26 長崎市:令和元年第5回定例会(1日目) 本文

それに先駆け、日本政府観光局(JNTO)やフランクフルトに支店を持つ航空会社旅行会社、また長崎紹介する番組を放送予定の地元テレビ局やその制作会社の関係者及び駐ドイツ日本国大使であります八木大使と面談を行いました。その際、ドイツからの観光客誘致や国際旅行博の長崎ブースについて意見交換をするとともに、今後の協力をお願いいたしました。  

長崎市議会 2019-11-07 2019-11-07 長崎市:令和元年総務委員会 本文

ただ、複数回放送がされておりますので、その時点では目にとまる場合もあるのかなとは思っております。  動画配信につきましては、視聴回数につきましては延べですけれども4万5,093回という視聴回数というのは把握できておりますが、たくさんの事例が挙がっている中での回数ですので、すごく見られているという状況ではないのかなという認識ではおります。

長崎市議会 2019-11-06 2019-11-06 長崎市:令和元年防災対策特別委員会 本文

そうした中でどうしても音の伝達には限界があるということで、それで今の時代はそういうテレビデータ放送であったりとかメールであったりとかいろんな情報がある中で、いかに市民の方にとりにいってもらうかということが非常に重要ということで防災講話等でもお知らせしているところでございます。このシールにつきましては、数年前に各世帯に配布いたしました。

長崎市議会 2019-10-30 2019-10-30 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

梅原和喜委員 第134号議案、説明していただいた委員会資料の16ページ、平成30年度の主な保健事業の実施状況ということで、対象が40歳から74歳の方の特定健康診断ということで、実施率が平成28年度、平成29年度、2割、3割ということでまあまあ伸び悩んでいるのかな、相当マスコミを使って対象者にはお知らせをしているんでしょうけど、ちょっとこのイのところの特定健康診査等受診率向上対策事業の中で、このパブリシティ放送

長崎市議会 2019-09-13 2019-09-13 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

また、長崎市からは、防災行政無線及び防災ラジオの活用については地域限定の放送も含めた運用方法など大学から発信される情報も含めて、どういった方法が迅速かつ正確に地域住民に情報伝達できるのかについて引き続き検討していきたい旨を回答しております。  資料につきましては41ページをごらんください。次に、2.長崎大学高度安全実験施設に係る監理委員会についてご説明いたします。

時津町議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第3日 9月 5日)

推進委員会につきましては、時津町民総活躍プロジェクトの策定段階から携わっていただいた西そのぎ商工会、時津町農業委員会、大村湾漁業協同組合長崎外国語大学長崎放送株式会社社会福祉法人時津町手をつなぐ育成会、安田産業汽船株式会社の方々に加え、株式会社十八銀行株式会社親和銀行金融機関の方々にも御参加いただいております。  

長崎市議会 2019-09-05 2019-09-05 長崎市:令和元年第4回定例会(2日目) 本文

だから放送設備がついていないんですと。そういうことでいいんでしょうか。非常にのんびりしたところだなと思っております。  そこで総合事務制度、これに関して、先ほどの答弁によりますと、いいところが道路の整備であるとか何とか、スピーディーになったという話ですけど、そうですか。私のところに自治会長たちからそういう言葉届いていませんよ。〔発言する者あり〕そう、今言ったとおりです。