7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長崎市議会 2012-09-20 2012-09-20 長崎市:平成24年環境経済委員会 本文

1 陳情項目  (1) 太陽光を初めとした再生可能エネルギー    の普及促進に関する要望  (2) 拡大生産責任の強化に関する要望 2 要望先 民主党本部、環境省経済産業省  並びに県関係国会議員 3 実施時期 平成24年7月24日及び25日 4 要望者 堤 勝彦委員長、麻生 隆副委員  長、永尾春文委員、馬場尚之委員及び関係理  事者〕

長崎市議会 2012-06-15 2012-06-15 長崎市:平成24年環境経済委員会 本文

1 陳情項目 (1) 太陽光を初めとした再生可能エネルギー   の普及促進に関する要望 (2) 拡大生産責任の強化に関する要望 2 実施時期 平成24年7月24日及び25日 3 要望者 堤 勝彦委員長、麻生 隆副委員  長、1期目議員希望する委員及び関係理事  者 4 要望書の案文及び要望先については、正副  委員長に一任する。〕

長崎市議会 2002-03-08 2002-03-08 長崎市:平成14年第2回定例会(3日目) 本文

国やメーカーに対しましては、拡大生産責任に基づく再商品化の責任、減量化の努力を引き続き訴えてまいりたいと存じます。  今後とも、市民がごみ減量化に取り組みやすい環境づくりに努め、市民、事業者、行政文字どおり三位一体となったごみゼロ社会の実現、循環型社会の実現に向けて、さらに努力してまいりたいと存じます。  次に、地球温暖化防止策についてお答えをいたします。  

時津町議会 2000-09-21 平成12年第3回定例会(第5日 9月21日)

同法には、拡大生産責任経済的手法導入に向けて努力条項が組み込まれた。今後は、この法律で規定された拡大生産責任の下で容器包装リサイクル法を見直し、さまざまな経済的手法が積極的に導入されなければならない。  すでに欧米や韓国、台湾など多くの国では、省資源資源循環を実現するための方策としてデポジット制度を導入し、ごみ減量、資源再使用などに大きな効果をあげている。  

島原市議会 2000-06-01 平成12年6月定例会(第5号) 本文

その点では、製造販売業者にもっときちんとした責任を負わせるなどを含めて、拡大生産責任というのがこの法では極めて不十分だと言わざるを得ないわけなんですね。これまでもいろんな機会に申し上げてきたわけですけれども、排出抑制をきちんとして、より環境を保持する、よりよいものに改善をしていくという点では、ごみ問題というのは本当に大事な課題だというように思うわけなんです。

  • 1