23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

長崎市議会 2019-03-08 2019-03-08 長崎市:平成31年建設水道委員会 本文

改正理由の中段のところですけれども、今回、技術施行規則が改正されまして、技術第2次試験の上下水道部門の選択科目である水道環境が、上水道及び工業用水道に統合されたことに伴いまして、水道法施行規則についても同様の改正が行われることとなりました。したがいまして、水道法施行規則等を参酌して資格要件を定めております長崎市条例につきましても、同様の改正をしようとするものでございます。

松浦市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年03月01日

次に、第3条第8号におきましても布設工事監督者が有すべき資格について規定しており、技術法の規定による第2次試験の選択科目水道環境上水道及び工業用水道に統合され、削除されたことによる改正を行っております。  それでは、改正本文に戻っていただきまして、附則でございますが、この条例は、平成31年4月1日から施行する。  以上でございます。御審議賜りますようよろしくお願いいたします。

長崎市議会 2018-03-07 2018-03-07 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

そして、最後にします、水産センター、これ久々に村瀬所長が、水産技術が水産センターに行ってくれて期待しているんですけど、ただことしあたり養殖フグの価格が低迷して非常に危機感を募っているんだけど、もう少し長崎のいろんな養殖が今後やはり養殖でしか沿岸漁業はもうなかなか漁獲が見込めない中で、この養殖だけがやはり、たちばな漁協でも養殖部会が一番なんですよ。

長崎市議会 2016-12-08 2016-12-08 長崎市:平成28年総務委員会 本文

103 内田隆英委員 同じことを言うんですけれども、行政テライト機能再編成プロジェクト説明会で町民から出された意見の中で、土木関係、建築関係の専門職はどうなるのかと言うたら、それは全ていなくなると、そして行政センター全てに土木建築関係の技術は配置されませんということで言われたんだけれども、あなた方は発想のもとに進めてこういうふうにやっていくということなんだけれども

五島市議会 2014-09-16 平成26年  9月 定例会-09月16日−03号

設計積算に伴う労務者、調査士、技術も含めまして、通常の建設労務単価も含めまして、これは二省単価、御存じかと思いますが、国土交通省農林水産省が出した設計単価になるんですが、長崎県もこれに準じておりまして、市の積算もこれを使用して積算しております。そして、この金額については、長崎県のホームページで公表されています。  以上でございます。

長崎市議会 2013-03-13 2013-03-13 長崎市:平成25年建設水道委員会 本文

配置の技術者資格といたしましては、下水道を専門科目といたします技術と限定しておりますので、市内業者では業者が限定してしまうということもございまして、一応、今の予定では準市内業者まで選択を拡大して発注をかけようかと思っております。  なお、条件を満たします市内の土木コンサルタントは4者ございます。  

長崎市議会 2012-12-06 2012-12-06 長崎市:平成24年教育厚生委員会 本文

これは、ハイブリッド手術室を当然導入できるということは、これは市民にとっても大きなプラスになるし、また、この病院医療能力を高める1つの要素になると思いますが、ただ、この手術台を使う技術をきちんと確保できるように、確保しなければ宝の持ち腐れになりますので、是が非でも、この技術者を確保していただくように要望をしておきます。

島原市議会 2009-03-01 平成21年3月定例会(第6号) 本文

委託先は地元の業者なのかとの質疑には、入札により測量業務は地元の業者に委託する予定だが、水道設計業務は専門的な知識技術が必要なため、上下水道部門の技術免許を持っている者という条件を特記仕様書に規定しており、また、監理業務における電気計装も専門的な技術となるが、今のところ市内に対応できる業者がいないため、市外の業者へ委託することになる。

長崎市議会 2006-12-13 2006-12-13 長崎市:平成18年建設水道委員会 本文

市の職員の中には技術資格を持った職員もおります。それから大手の地質調査会社に勤めて、応用理学を卒業して市に再就職している者もおりますので、そういう人たちをメンバーに入れてプロジェクトチームをつくって、いろんなコンサルから上がってきたデータあるいは協議の中でその人たちに入ってもらって、万全の体制をして工法検討を行っております。  

長崎市議会 2006-09-14 2006-09-14 長崎市:平成18年建設水道委員会 本文

助役は技術という、そういう資格もございますけれども、平成4年、平成5年の断層ボーリング調査等を我々参酌いたしまして、基本的に横断図は、当然配付されていると思いますけれども、これについてはボーリングも20メートル、あるいは15メートル等々調査されていますので、私どもとしましては、最終的には協議の中で、これは私が問題ない、今までの資料を参考、総合的に評価して可能であるということで返事をいたしております

長崎市議会 2004-12-15 2004-12-15 長崎市:平成16年建設水道委員会 本文

1市6町ということで業務内容が水道に関しまして広範囲ということと、それと水道に関する高度な知識、経験を必要としますので、その業者の中で水道部門の技術というのが登録されております。何名コンサルタントでおりますよと。例えば、調査技師が何名ですよというのも登録されております。そういう業者で、ある程度多く有してる業者を中心に指名競争入札で選定をしたいと考えております。  

長崎市議会 2003-03-14 2003-03-14 長崎市:平成15年総務委員会 本文

資格の種類というのは多数ございますけれども助成の対象とする資格につきましては、語学関係、福祉関係、建設技術関係と考えておりまして、語学につきましては、一応代表的なものといたしまして、英語中国語、韓国語福祉関係につきましては、ケアマネジャー、社会福祉士建設技術関係につきましては、各種の土木施行管理技師、建築士技術、それから、教育関係につきましては、学芸員司書等の資格を対象として考えております

長崎市議会 2001-03-07 2001-03-07 長崎市:平成13年第1回定例会(2日目) 本文

市長は、施政方針で、主要施策の推進のためにという項目の中で、「職員の中から技術や一級土木施工管理技師等の資格取得者を輩出しておりますが、本年度も引き続き積極的に職員研修に取り組むことといたしたい。また、行政改革を推進する中で、今後も幅広い人材の確保に努めたい」と表明をされております。  

  • 1
  • 2