910件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2020-03-13 2020-03-13 長崎市:令和2年第1回定例会(7日目) 本文

最後に、第23号議案「令和2年度長崎市下水道事業会計予算」について、先端技術を用い汚泥の減容化などを進めていることは評価する一方で、下水道使用料を抑えるために下水道使用料は一般的に水道施設の維持管理費程度にするべきだとの立場から認めることはできません。  以上、討論といたします。

長崎市議会 2020-03-11 2020-03-11 長崎市:令和2年総務委員会 本文

1.長崎市手数料条例の一部を改正する条例の概要、(1)改正理由でございますが、昨年5月31日に公布された情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の向上並びに行政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続等における情報通信技術の利用に関する法律等の一部を改正する法律、いわゆるデジタル手続法が一部施行されたことに伴い、個人番号通知する通知カードが廃止されること及び行政手続における特定の

長崎市議会 2020-03-11 2020-03-11 長崎市:令和2年教育厚生委員会 本文

お聞きしたいのは、せっかくこんなにすばらしい施設をつくっていただいて、そして、スタッフも充実しているという中で、それをある意味で証明するのは、先ほどの人材育成も含めてですけれども、そういう研修医の先生方がこぞって参加したがるような、やはりそういう施設、それから医療技術その他必要じゃないかと思うんですが、その点についてお尋ねしたいと思いますが、いかがでしょうか。

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年総務委員会 本文

その中で、新庁舎建設事業に係る企画財政部の人員体制につきましては、太線枠に記載のとおり、一般事務員5名、土木技術員3名、計8名の専任体制となっております。建築部につきましては、新庁舎建設事業に主体的にかかわる職員として、建築課が建築技術員5名、設備課が電気技術員5名、機械技術員4名となっています。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年総務委員会 本文

それは技術であったり、資本力であったり、いろんなことが加算された上であります。これは個人情報なり漏らしてはならない情報、じゃ大手だって漏らして何万件というあれをやって即訂正をせんばいかんというような事態も起こるわけ。これが、今のところ基礎的な事業だけをあなた方は出している。しかし、これを拡大していって大きく発展をしていくというような形になってくると、ある意味で機械任せをせざるを得ない。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

景観専門監の役割はデザイン指導やプロセスの管理を行う景観の監修と、景観の質を高めるための技術意識を持った職員を育てる職員教育の2つでございます。平成25年4月から九州大学の高尾忠志氏を任用しております。(3)景観形成助成金です。地域景観形成に重要な建造物景観重要建造物に指定し、修繕等に係る経費の一部を助成するものです。  107ページをごらんください。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年環境経済委員会 本文

2の事業内容ですが、(1)の漁業就業実践研修事業は、新規で漁業就業を目指す方に対し、技術習得に係る研修期間中の生活費及び資材購入費を補助するとともに、研修指導者に対し謝礼金を支給するものです。令和2年度の事業費は490万円で、負担内訳は、県・市それぞれ負担割合2分の1の245万円となっております。

長崎市議会 2020-02-28 2020-02-28 長崎市:令和2年第1回定例会(3日目) 本文

また、若い世代意識した中で選ばれるまちになることをテーマに掲げて取り組んでいる重点プロジェクトのうち、新たな産業を生み出すまちを目指す新産業の種を育てるプロジェクトや若者や子育て世代が住みやすいまちを目指す、住みよかプロジェクトは、SDGsの17の目標のうちの「産業技術革新の基盤をつくろう」や「住み続けられるまちづくりを」の推進に寄与するものと考えております。  

長崎市議会 2020-02-14 2020-02-14 長崎市:令和2年議会運営委員会 本文

第29号議案「長崎市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例」は、行政手続等における情報通信技術の利用に関する法律の一部改正に伴い、関係条文の整理をするものでございます。  第30号議案「長崎市附属機関に関する条例の一部を改正する条例」は、本市の観光及びMICEの振興に関する重要事項を調査審議するため、長崎市観光・MICE振興審議会を設置するものでございます。  

時津町議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第4日12月13日)

ここ数年、子供たちを取り巻く諸事情、英語教育道徳教育、スクールサポートスタッフの配置、部活指導員の配置、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーなどの配置、いじめ、不登校支援と総合推進事業への加配、切れ目ない支援体制整備充実事業、先端技術の活用推進等々、加配の部分が大きくなり、結果として国庫負担額はわずかながらふえております。  

長崎市議会 2019-12-11 2019-12-11 長崎市:令和元年防災対策特別委員会 本文

次に、ドローンの活用につきましては、高度な技術を要し、そのための日常的な操作訓練が不可欠なことから、長崎市では、災害時における無人航空機による協力に関する協定をプロダクションナップと締結をし、ドローンを活用することで、効率的な災害対応の側面支援を行っていただき、災害対応の強化につなげていきたいと考えております。