671件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-09-11 2019-09-11 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

母子父子寡婦福祉資金貸付事業につきましては、母子及び父子並びに寡婦福祉法に基づき、ひとり親家庭等の父母及びその子どもに対して修学や技能習得などに係る資金の貸付を行うものでございます。  それでは、議案書の2ページから3ページまで、それとあわせまして、こども部提出の委員会資料の1ページ、令和元年度長崎市母子父子寡婦福祉資金貸付事業特別会計予算総括表をごらんいただきますようお願いいたします。

諫早市議会 2019-09-05 令和元年第4回(9月)定例会(第5日目)  本文

投票率向上などを図る有識者の研究会がまとめた報告書で、『社会参加に必要な知識技能価値観を習得させる教育』の中心である『市民政治との関わり』を教えることを『主権教育』と呼ぶことにする」と明記したというふうにあります。  早い話、社会の出来事をみずから考え、判断し、主体的に行動する主権者を育てるというのがぶっちゃけた話なのかなというふうに思っております。

諫早市議会 2019-09-03 令和元年第4回(9月)定例会(第3日目)  本文

ファイナンシャルプランナーとは、家庭収入と支出の現状を分析し、人生設計に合わせて、長期的かつ総合的な視点で資金計画の作成を行ったり、生活改善に向けたサポートを行っているというものでございまして、厚生労働大臣から国家検定の実施団体として指定された民間の機関が実施するファイナンシャルプランニング技能士検定試験に合格した国家資格等を有する金融専門家でございます。  

諫早市議会 2019-09-02 令和元年第4回(9月)定例会(第2日目)  本文

本年4月1日に、出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律施行され、これにより、出入国管理及び難民認定法に規定する就労が認められる在留資格に特定技能が追加されました。  この特定技能在留資格は、外国人労働者の受け入れのための就労を目的とした資格で、これにより今後、多くの外国人労働者が増加するものと思われます。

諫早市議会 2019-09-01 令和元年第4回(9月)定例会(第1日目)  本文

内容といたしましては、地方公務員法第16条には、地方公務員欠格条項が規定をされておりますが、同条第1号の成年被後見人または被保佐人の規定が削除され、同条第2号から第5号までが1号ずつ繰り上げられたことから、当該規定を参照しております諫早市職員の分限に関する手続及び効果に関する条例諫早市一般職職員給与に関する条例諫早市退職手当支給条例諫早市技能労務職員給与の種類及び基準に関する条例諫早市旅費支給条例

長崎市議会 2019-07-04 2019-07-04 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

商工部といたしましては、造船・水産・観光といった長崎市の基幹産業を取り巻く環境が、時代の変遷の中でさまざまに変化していることから、これまで培ってきた技術技能の蓄積を生かした地場企業の新たな分野への進出や、IoTなどの新技術を活用した取り組みを支援する必要があると考えております。

時津町議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会(第2日 6月 5日)

そのため、本町といたしましては、時津警察署と連携を図りながら、各地区で時津警察署交通課の講話を実施して、交通事故を起こさないことの大切さを皆様に理解していただくための事業や、高齢者参加体験型交通安全講習会などを実施し、高齢者の皆様に、自分の身体能力の衰えに伴う運転技能への影響について自覚を深め、交通事故危険性を認識していただけるよう、積極的に取り組んでいるところでございます。  

島原市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第6号) 本文

78 産業部長(西村 栄君)  現在、市内在住の外国人の就労者の大多数の方は技能実習生でございます。この技能実習制度におきましては、実習生を受け入れる事業共同組合などは風習や文化の違い、また、社会ルールなどの日本での生活一般に関する知識につきまして、入国後、講習を実施することとなっております。  

長崎市議会 2019-03-12 2019-03-12 長崎市:平成31年教育厚生委員会 本文

特別会計で実施しています母子父子寡婦福祉資金貸付事業につきましては、母子及び父子並びに寡婦福祉法に基づき、ひとり親家庭等の父母及びその子どもに対して修学や技能習得などに係る資金の貸し付けを行うものでございます。貸し付けの原資といたしましては、国からの借り入れ及び一般会計からの繰り入れにより貸し付けをしております。

長崎市議会 2019-03-11 2019-03-11 長崎市:平成31年建設水道委員会 本文

1の目的でございますが、住宅の居住環境改善や市内の若手技能者の育成技術の継承を目的としまして、住宅リフォーム工事に要する費用の一部を助成するものでございます。2の事業概要の(1)補助条件等、(2)の対象工事内容につきましては、記載のとおりでございます。下の(3)助成額といたしましては、対象工事の10分の1で、その上限の限度額を10万円としております。  次に、128ページをお開きください。

長崎市議会 2019-03-07 2019-03-07 長崎市:平成31年環境経済委員会 本文

しかし、その一方で、新事業進出や新規取引先獲得など、経営基盤強化に向けた取り組みに意欲のある企業が出てきているといった状況もあることから、下段の四角囲みに記載しておりますとおり、技能者の人材育成、販路開拓、新製品・新技術開発、企業の新事業進出・生産性向上の4つを柱に、ものづくり支援を行い、第4次経済成長戦略に掲げる域外からの外貨獲得強化を図りたいと考えております。  

長崎市議会 2019-03-07 2019-03-07 長崎市:平成31年教育厚生委員会 本文

それで、この障害福祉センターだけじゃなくていろんなところでそういうスタッフの確保をされているので、とりわけ、せっかく障害福祉センターで働いて技能を身につけていった人が、より処遇のいいところに出ていってしまう、それでまた募集をかけて埋めるみたいな感じのところもあるって聞いているので、指定管理でされていますけれども、障害福祉センターの位置づけっていうものをきちんとして、このセンターできちんと人材も育てていって

長崎市議会 2019-03-05 2019-03-05 長崎市:平成31年建設水道委員会 本文

いますけど、やはりこういう対策長崎市ももっと早くしていかないと、オリンピックは来年ですからオリンピックが終われば早くなるやろうという考えじゃなくて、やはり基本的な問題をもっと早く論議して、そしてやはりこの計画については早目早目に手を打っていくということで、その確認もできると思いますので、このことは現状ですから理解するんですけれども、やはりあり方については今後、常に先手先手で手を打っていかないと、本当に技能

諫早市議会 2019-03-05 平成31年第1回(3月)定例会(第5日目)  本文

建設技能者という職業に誇りを持ち、住む人に優しく、安全で安心できる住まいづくりを目指しながら、土木建築、大工、左官等の仕事に携わっております中小建設事業者の皆さんがいます。そこで、今回は中小建設事業者に対しての支援についてお伺いします。  小項目1番、長期にわたる公共工事の削減や建設資材の高騰などにより、中小建設事業者の皆様にとりましては厳しい経営が強いられています。

長崎市議会 2019-03-04 2019-03-04 長崎市:平成31年第1回定例会(5日目) 本文

こうしたドローンを活用するに当たっては、操縦者の技能習熟や安全管理などの課題がありますが、長崎市では、平成29年11月に民間事業者と「災害時における無人航空機による協力に関する協定」を締結し、民間事業者からドローンと操縦者を組み合わせた形でご協力いただくことで、災害対応時における安全性と確実性の向上を図っているところでございます。

長崎市議会 2019-02-26 2019-02-26 長崎市:平成31年第1回定例会(2日目) 本文

なお、建設業における労働者の適正賃金の確保につきましては、国において建設業関係団体に対し、技能労働者に係る適切な賃金水準の確保や社会保険加入の徹底などを要請しているほか、平成30年10月から設計労務単価の引き上げ効果が元請から下請を通じて最終的に現場の労働者一人ひとりまで行き渡っているかをモニタリングし、労働者の実態調査を行っているところです。  

長崎市議会 2018-12-12 2018-12-12 長崎市:平成30年地域づくり・人口減少対策特別委員会 本文

123 ◯片岡商工部長 外国人長崎市内で働いていらっしゃる業種として、私どもがふだんおつき合いさせてもらっている業界で申しますと、例えば造船業では、技能実習生がおられるということは聞いております。あるいは、ホテルにはフロントに外国の方が来られているということも聞いております。

佐世保市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−04号

この全国学力・学習状況調査において求められる学力は、新学習指導要領において示されている知識及び技能思考力、判断力、表現力など、学びに向かう力、人間性などの総合的な力です。したがいまして、この調査における厳しい結果は、佐世保市の将来を担う子どもたちに、未来を生きる十分な力を育成するための喫緊の課題として深刻に受けとめているところでございます。  以上でございます。