714件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐世保市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−05号

本市は、明治22年7月の海軍鎮守府の設置以降、軍港都市として急速に発展しましたが、さきの大戦終結後、昭和25年の「平和宣言」に基づき、平和産業港湾都市への転換を目指し取り組む中で、同年に勃発した朝鮮戦争の影響を受け、佐世保港における港湾施設の大半が再接収され、その後の日米間の協定により米海軍がそのまま使用することになりました。  

長崎市議会 2018-12-10 2018-12-10 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

閉会集会では、集会の集大成として世界の全ての国に核兵器禁止条約の批准を、また日本政府に対しては、唯一の戦争被爆国として核兵器依存の終了と北東アジア非核兵器地帯の設立に向けた努力を要請する長崎アピール2018を採択したところでございます。アピールの骨子につきましては2ページ上段に、全文につきましては3ページから4ページに記載しておりますのでご参照ください。

長崎市議会 2018-10-29 2018-10-29 長崎市:平成30年総務委員会 本文

長崎地裁の結論としましては、不発弾処理につきましては明確な法令の規定があるから支払わないということが著しく妥当性を欠いている場合だということで、不発弾についての明確な規定がなく、支払い義務を市町村あるいは国のほうで科すものではないということで、不発弾処理は国民がひとしく受忍しなければならない戦争損害という結論になっております。

長崎市議会 2018-10-22 2018-10-22 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

教材だけじゃなくて、それだけじゃないと課長が言われたと思うんですけれども、ドイツとかイタリアとか、要は子どもたちへのどういう戦争の教育とか平和の教育というものが、年代年代にきちっとしているのに比べて日本はどうなのかという話も聞きますので、取り組みとして、昨年度得られたものを組み立てていって、市内の小学校だけじゃなくて、学童の人たちであったり、私立も含めて、広く広げられるような、そういう平和教育のプログラム

長崎市議会 2018-09-14 2018-09-14 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

17 ◯中西敦信委員 いろんな被爆体験であるとか、そういう物として記録をとるということは、原爆資料館、広島市も長崎市もされていると思うんですけれども、それとリンクさせて物証というんですか、そういう被爆・戦争による遺構を、物として残していくということに結びついて、市が持っている記録なんかも生きてくるんじゃないかなと思うんですよね。

五島市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会-09月12日−05号

ただ、やっぱり水というのは非常にみんな大事でありまして、上のほうがとったら下のほうがなくなるというので昔から水戦争というのが起こってきたわけでございますので、そういった地域の紛争にならないような形の水の送水、配水をしっかりやってもらうような形で取り扱いをしていただきたいというふうに思っております。  以上でございます。

長崎市議会 2018-06-20 2018-06-20 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

77 ◯中西敦信委員 それは、こういう公共工事に伴うもので、粛々と進められている部分が一方である中で、やはりそれでも長崎市として、こういう戦争遺構、被爆遺構になるんじゃないかと、戦争遺構であることは間違いないと思うんですけれども、そういったものを生かして、今にできることがあるんじゃないか。

長崎市議会 2018-06-19 2018-06-19 長崎市:平成30年総務委員会 本文

12 ◯淵脇(和)参考人 現在、幸福実現党長崎県本部としましては、やはり正しい歴史認識というのを、まず国家レベル、また当然地方レベル、長崎のほうにおいても、とにかく正しい歴史というのを、明治以降、特にいろんな戦争等ありまして、さまざま難しい問題ありますけれども、やはり誤解があったりしています。

長崎市議会 2018-06-15 2018-06-15 長崎市:平成30年第2回定例会(5日目) 本文

長崎市では、これまでも原水爆禁止世界大会などを初め、核兵器と戦争の廃絶を目指す科学者らの国際会議であります第61回パグウォッシュ会議世界大会や、労働組合の国際組織であるUNIのアジアでの初めての世界大会となった第3回UNI世界大会など国際的にも知名度が高い国際会議を開催し、市民も一体となった交流やおもてなしなどにより好評をいただいておりますが、施設面の問題などで開催頻度は少ない状況でございます。

長崎市議会 2018-06-12 2018-06-12 長崎市:平成30年第2回定例会(2日目) 本文

軍隊は、まさしく上官の命令を聞いて動くというのがそうだったんですけれども、これがどうしてそういうふうになったかといいますと、アメリカのアーミーが一番にこれをやったわけなんですけれども、そのきっかけとなったのは、クリミア戦争だったそうです。これはNHKの「21世紀型の組織づくり」という番組でやっていたんですけれども、どうしてそうなったかというと、クリミア戦争というのはゲリラ戦だったんですね。

平戸市議会 2018-06-08 平成30年 6月定例会-06月08日−02号

しかし、唯一の戦争被爆国の日本の政府が核抑止力論を振りかざし、核兵器禁止条約に背を向けています。  こうしたときだからこそ、被爆者の皆さんが呼びかけて、世界で取り組まれている核兵器廃絶国際署名、いわゆるヒバクシャ国際署名が重要だと思います。どういう署名かといいますと、被爆者は速やかな核兵器廃絶を願い、核兵器を禁止し、廃絶する条約を結ぶことを全ての国に求めます。

長崎市議会 2018-03-09 2018-03-09 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

私は今の立場があるのでいろんなことをこう学ばしてもらっているのでまだ少しはお話できたかと思うんですけれども、例えば原爆だけではなくて本当に戦争があっていることで御飯が食べられないとか、ごうの中の生活を強いられるってこれもやはり平和でないから起こることなんですよね。

長崎市議会 2018-03-07 2018-03-07 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

戦争や原爆のむごさを次世代に伝える貴重な戦争遺構として保存し、子どもたちの平和教育のために活用していただきたく陳情いたします。  2.陳情項目1)防空ごう群の保存と活用、2)隣接地に(仮称)説明版の設置、以上でございます。引き続き、陳情項目につきましてその理由を述べさせていただきたいんですけれどもよろしいですか。陳情項目1)防空ごう群の保存と活用。その理由を述べます。

時津町議会 2018-03-07 平成30年第1回定例会(第2日 3月 7日)

行き着く先は、意思を変えない、相手を消滅させる戦争だと、制裁と威嚇の強化に強い警告を発しています。  政府は、国民の生命と暮らしを守る責任があります。戦争を絶対に起こさせないために、制裁一辺倒でなく、対話で解決を図るべきだと考えますが、吉田町長の見解をお聞かせください。  3点目は、日本政府が核抑止力論の立場に立っていることについてです。  

長崎市議会 2018-03-02 2018-03-02 長崎市:平成30年第1回定例会(5日目) 本文

これは、日中戦争の発端となった盧溝橋事件が日本が先に手を出したとして侵略の理由にされておりますが、その後の歴史は、毛沢東、周恩来、劉少奇の証言は、中国共産党軍が日本軍と蒋介石の国民党軍の両方に鉄砲を撃ち込み相戦わせたとの発言、また、南京事件は、女性や子どもを含む中国人を大量に殺害しましたとあり、育鵬社の教科書には曖昧な歴史の事象には決して書いてありません。

長崎市議会 2017-12-14 2017-12-14 長崎市:平成29年第5回定例会(7日目) 本文

よって、国におかれては、唯一の戦争被爆国として、1日も早く核兵器禁止条約の署名・批准を行い、それまでの間は、オブザーバーとして締約国会議及び検討会議に参加するよう強く要望する本意見書を提出しようとするものでございます。  なお、案文につきましては、お手元に配付しておりますので、朗読を省略させていただきます。よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。