49件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2020-03-06 2020-03-06 長崎市:令和2年総務委員会 本文

もう1つ、申し上げると、今きらきら2連休というのを去年の9月から長崎県で一斉に行って、要は、内容は第2土曜日、日曜日を、県内の工事全て休みにしましょうということで、建設業自体がなかなか週休2日という慣習がないといったら語弊がありますけど、少ないものですから、建設業全体、例えば生コン会社であるとか、あるいはアスファルト会社プラントも含めて休みにしますという運動を行っているところです。

長崎市議会 2019-10-29 2019-10-29 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

勤務時間が4時45分になるということで、これはもしかしたらあしき慣習だったのかもしれないんですけれども、そのあと幾ら残ってでもいいよという部分、それから持ち帰りの仕事も当たり前のようにやっていたという実態がございました。今回、要するにカードリーダーを導入することで、時間の管理をしっかりやりましょうと。

島原市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第7号) 本文

有明の墓地については、以前慣習墓地を有明町時代に町営墓地とされたという経緯があり、旧島原市の墓地については雲仙普賢岳火災害以降に造成されたことにより、当時の造成費をもとに7万円という単価が設定されているとの答弁がなされております。  討論では、市所有の市営墓地であり、特に消費税分を上げる必要はないと思い、反対であるとの討論がなされております。  

松浦市議会 2017-12-01 平成29年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2017年12月01日

まず、第1号としましては、物品を借り入れる契約で、商慣習上複数年度にわたり契約締結することが一般的であるもの。  第2号としましては、経常的かつ継続的に役務の提供を受ける契約で、複数年度にわたり継続して役務の提供を受ける必要があるものとしております。  前のページに戻っていただきまして、附則でございまして、附則、この条例は、平成30年1月1日から施行することとしております。  

島原市議会 2017-12-01 平成29年12月定例会(第1号) 本文

日本本来の農業形態というのは、地形や風土、慣習、こういったものをもとにしながら、専業農家の周りに兼業農家が取り巻いているという形態が長い間続いてまいりました。  しかし、この形態も破壊されて久しいわけであります。政府の言いなりでは、国民の食に責任を持つ食料自給率の向上にはつながらないと思います。2,500億円余りをつぎ込んだ諫早湾干拓事業、これがいい例であります。

島原市議会 2017-09-01 平成29年9月定例会(第4号) 本文

そうなっていったときに、相続慣習的に、さっき言いましたように跡取りにやるんだという年配の人たちがおられますが、現在の法律では、男女平等ですので、相続の第1順位は子供たちですから、よそに、市外、県外に出ておる人たちも同じ権利があるわけです。昭和30年代と比べますと、昭和30年代は家を継ぎよったわけですね。

長崎市議会 2017-02-27 2017-02-27 長崎市:平成29年第1回定例会(2日目) 本文

さらに「失われる外海の主体性」の見出しで、その地域の伝統、文化慣習などは失われ、その地域主体的まとまりはなくなってしまうとの報道がなされています。何の説明もないまま行政センターを支所にするという計画が唐突に示され、地域住民の皆さんは一体何がどうなるのか大変困惑しており、その市役所の姿勢、やり方に対する不満、不信が充満しているのが現状であります。

松浦市議会 2016-12-14 平成28年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2016年12月14日

という議長と同様の市議会代表する立場となる場合があるため、先人がそうして慣習として個人の主義主張、意見は議長と同様に基本的には控えるべき立場にあると自制して、壇上には立ちませんでした。今、こうしてまた一般質問ができることになりましたので、市民皆様の暮らしやすい地域をつくるため与えられた任務を懸命に果たしたいと思っております。  

長崎市議会 2015-08-10 2015-08-10 長崎市:平成27年長崎駅周辺再整備特別委員会 本文

34 浅田五郎委員 これまでの長崎市議会慣習、慣行かどうかは知らないけれども、きょう私は特別委員会でいきなりというんじゃないんだけれども、ただ、委員長、県にお伺いしますなんて、これだけは堪忍してよ。我々市議会の独自性、主体性、県議会、市議会、別々なんだから、これだけはやっぱりとんでもない。

島原市議会 2014-09-01 平成26年9月定例会(第2号) 本文

当時、江戸時代300諸侯と言われていましたが、ほとんど江戸か領地に墓地をつくるのが慣習であったのを、この島原松平7万石の松平一族だけがわざわざ本拠地である愛知県幸田町に全部埋葬されていると。これだけでも非常な歴史ストーリーであります。それから、11代の忠恕さんだと思うんですが、眉山大崩壊で肥後迷惑のときのお殿様は13人の中に埋葬されずに、1人だけ別のところに、同じ本光寺なんですが埋葬されている。

島原市議会 2014-03-01 平成26年3月定例会(第5号) 本文

別々に規定している条例島原市営墓地条例に一本化して管理料を見直すべきではないかとの質疑には、合併協議の中で管理料の徴収について議論されたが、有明地区の墓地は以前慣習墓地であったものを市営墓地に条例化した経緯もあるため、これまで調整ができていない。管理状況等を調査した上で検討したいとの答弁がなされております。  別に異議はなく、第15号議案は原案を妥当と認め、可決することに決定いたしました。  

島原市議会 2010-06-01 平成22年6月定例会(第5号) 本文

もう1点、女性が地域でもリーダー的役割を果たしていくための具体的な方法ということでお尋ねですが、これは従来からも取り組んでおりますが、男女共同参画社会づくりの視点に立った意識啓発、そういったものを充実、これを図るとともに、従来の地域における慣習の見直しや地域活動、社会活動の支援、そういったものに取り組んでおります。

島原市議会 2009-06-01 平成21年6月定例会(第2号) 本文

それから、婦人会につきましては、以前はその地域に嫁に入った場合には、もういや応なしといいますか、すべてが婦人会に加入をしなければならないというふうな一種のいわれ的なものといいますか、慣習的なものでそういう加入がされておりました。現在は、社会経済がこういう状況でもありますし、それから核家族化が進行しております。