108件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-09-11 2019-09-11 長崎市:令和元年総務委員会 本文

をさせていただこうと思っているんですけど、今、述べたとおり消防団の責務というのもございますので、そういう中で、成年後見人を差別するんではなくて、全て消防団員になりたいということも含めて、しっかり消防団員としての仕事ができるかどうかというのを判断して、入団させるという形をつくっていきたいと考えております。

時津町議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第3日 9月 5日)

時津町地域包括支援センターでは、介護保険における在宅サービス施設サービスなどの内容はもちろんのこと、医療機関との連携や地域で利用可能な保健福祉、その他のサービスのこと、成年後見制度等の権利擁護のことなど、高齢者が生活していく上で必要な幅広い情報を住民へ周知するとともに、必要に応じて手続などの支援を行っております。  

諫早市議会 2019-09-01 令和元年第4回(9月)定例会(第1日目)  本文

改正の内容につきましては、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律の趣旨にのっとり、本条例の第12条に規定しております長崎都市計画事業諫早駅東地区市街地再開発審査会の委員の欠格事由から、成年後見人、及び被保佐人削除し、あわせて心身の保障等の状況を個別的、実質的に審査し、必要な能力の有無を判断する規定を整備しようとするものでございます。  

長崎市議会 2018-11-30 2018-11-30 長崎市:平成30年第4回定例会(2日目) 本文

やはり見るところが多いから、例えば平和祈念像は、きょう見にいっても、10年後見にいっても、50年後見にきても、平和祈念像が万歳すれば平和祈念像、万歳したげなよと言ったらまた見にくるかもしれませんけど、やはり見にこないんですよね。だからそういう発信と同時に、そういう観光地の新たな使い方も考えていかないといけないと私は思うんですよ。

佐世保市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会-09月13日−05号

一方、後見人制度による後見人が選定された実績は、平成28年1月から12月までで市長申し立てによるものがおおよそ12件、この間、家庭裁判所への申し立てでは、西海市等を含んで43件という現状でありますけれども、いずれにしましても、類型はというと、被後見人についてのその後の実態把握、介護施設などへの入所実態、あるいは昼間の家族の在宅状況の実態は不明という状況であります。  

南島原市議会 2018-08-08 平成30年  7月 定例会(第2回)-08月08日−06号

具体的には、空き家の所有者に後見人が立てられている場合や小さいころに親の顔も分からずに別れているため、その人が全く知らなかった財産がある場合などの事例があり、こういう事例では後見人交渉したり、他県在住でこちらに帰ってくるつもりもなく、財産を手放してもよいというような方には財産を処分していただいて空き家の解体費に充ててもらうなど、いろいろな調整を行いながら取り組んでいる。  委員より質疑。

佐世保市議会 2018-03-19 平成30年  3月定例会 文教厚生委員会-03月19日−06号

事業内容が、高齢者福祉に関する情報提供、研修、講演、情報コンテンツ販売、コンサルティング事業、任意後見成年後見保佐及び補助事務並びに財産管理事務介護保険による地域支援事業である。法人沿革については、2016年11月に地域包括ケアシステム研究所開設、2017年1月に法人格を取得していて、このエフォートケアシステム株式会社についても公募により審査をして委託をしているものである。  

佐世保市議会 2017-03-13 平成29年  3月定例会 文教厚生委員会-03月13日−03号

成年後見制度促進事業費であるが、これは市民後見人を確保できる体制を整備、強化し、地域における成年後見活動の推進を図るため、新規事業として420万円を計上している。老人センター等耐震改修事業費は、老人身体障害者憩の家「いでゆ荘」の耐震化改修工事費を計上したことにより、前年度比8,640万4,000円の増となっている。  

長崎市議会 2016-10-26 2016-10-26 長崎市:平成28年教育厚生委員会 本文

次に、136ページの(9)成年後見制度利用支援費というのが出てますけど、たった2件しか出てない。これ説明ないでしょ。これなんて今から大事。手出ししたくないというのもニュースであったので、当初予算幾らですか。それに対してこの実績はどれだけの執行率か出してください。  そして次の137ページ、授産施設はあと屋。

佐世保市議会 2016-06-20 平成28年  6月 定例会-06月20日−04号

業務内容は、主に高齢者権利擁護にかかわる成年後見制度の市長申し立てに関する事務を取り扱っているところでございます。任用の経緯としては、成年後見制度の相談対応に当たりまして、社会福祉士としての専門知識を必要としたこと、また地域包括支援センターに必置義務がある社会福祉士の支援体制を整える必要があったことから、平成25年に任用を始めております。  

諫早市議会 2015-12-03 平成27年第5回(12月)定例会(第3日目)  本文

2点目の高齢者福祉についてですが、成年後見制度、これ老人福祉法が改正をされて、認知症の方々とか知的障害者の人とか精神障害者の人の対策として、成年後見人を市民後見人を育成するような事業を市町村努力義務として位置づけられているというふうに思うのですが、それに対する取り組みについてお伺いしたいと。

諫早市議会 2015-09-06 平成27年第4回(9月)定例会(第6日目)  本文

15歳未満の者及び成年後見人に対しては、その法定代理人が本人にかわり交付申請をすることになっています。交付を受ける際には、15歳未満の者については、親子であることを証明する戸籍謄本、成年後見人については、登記事項証明書など、その資格を証明する書類と法定代理人本人であることが確認できるもの、運転免許証のようなものが必要となります。  次に、7点目です。

時津町議会 2015-09-02 平成27年第3回定例会(第2日 9月 2日)

まず、認知症などによりみずから預貯金等の残高や通帳の存在を認識できず、親族等の助けも望めない場合はどうするのか、についてでございますが、独居で認知症などの場合であって、みずから貯金通帳の写し等が用意できない場合には、施設職員による代行申請や、成年後見人による申請により手続を行っていただくこととなります。  

長崎市議会 2015-03-04 2015-03-04 長崎市:平成27年教育厚生委員会 本文

地域ネットワーク構築と認知症への正しい理解をふやすための啓発活動を推進し、また、市医師会等と連携した認知症の早期発見、早期対応の取り組み、認知症カフェ等の認知症の方とそのご家族の負担軽減の取り組み、成年後見制度の利用促進を進めてまいります。  次の15ページから17ページまでは、主に介護保険事業以外の高齢者の方への支援等を記載いたしております。