運営者 Bitlet 姉妹サービス
3240件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 松浦市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月11日 消えてなくなるだけではなく、今よりも子どもたちが少なくなれば、幼稚園も学校も廃校になるし、今よりも住む人がいなくなれば、ここにおられる皆様方も、お役所の皆さん方も半分は要らなくなるという現実を踏まえて、自分も松浦市の生き残りのためには痛みも甘んじて受ける覚悟がないと松浦市は消えてなくなると思っております。   もっと読む
2018-09-14 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月14日−06号 役所から飛んでいくホームページというのは、やっぱりちょっとかたいじゃないですか。これがいい悪いは別として、保護者も含めて、子ども・子育てに関心を持たれている方々は、やはりもっとあったかい、入っていきやすいものを求めていらっしゃると思います。 もっと読む
2018-09-12 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月12日−04号 では続いて、細目3の技術職員の採用についてなんですが、やはりこれ、私がいつも仕事で、学習塾の仕事が終わるのが10時ですから、それからよく役所のほうに見に来ます。すると、もちろん財政部の電気がついていることはよくわかっておりますが、最近よく目にするのは、都市整備部、特に、技術関係の方が非常に遅くまで残業されているのではないかと感じております。   もっと読む
2018-09-10 松浦市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月10日 情報作成料というのは、役所の中だけでやっておりますので、その印刷製本費でいくと94万円程度であったということになります。  今回の「暮らしの便利帳」につきましては、行政情報につきましては、またこれは前回と同じで役所のほうでしていまして、その掲載料というのは市役所から事業者のほうには支払いをしておりませんし、全体でかかった費用といいますのは、全て事業者のほうが負担をしております。 もっと読む
2018-09-10 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−02号 僕らが役所に入ったぐらいは、ずっと懇親会の場で歌っておりましたので。古いといいましても、僕らぐらいの年代ぐらいからは皆さん御存じだと思います。そういった意味で玖島崎を歌った曲なんですが。競艇場としても昭和36年は、競艇場は1952年に開場されたということなんですが、その後9年ぐらい経過して事業も順調にスタートできたころの歌だろうなというふうに思っております。   もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第3日目)  本文 152 ◯中村太郎君[ 117頁]  空き家問題に関しまして、空き家問題はこと役所内におきましては、部署横断的な対応を迫られる問題であると認識しております。空家等対策計画の相談窓口体制にも地域づくり推進課、建築住宅課、道路課、生活安全交通課、都市政策課、環境政策課、総務課、農業振興課が挙がっております。 もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第4日目)  本文 191 ◯湯田清美君[ 163頁]  役所のほうには直接、苦情等はなかったということですが、実際にそういうふうに自治会連合会とかの集まりの中で、そういういろいろな問題が持ち上がってきているということなので、これからまた聞き取り調査などして、詳しく何が問題なのかをしっかりと把握されて、多様に対策していただきたいと思っております。 もっと読む
2018-06-14 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−02号 そして、もちろん、特産品というのはいろんな意味で飛び道具になりますので、大村を知ってもらうために、こんなおいしいものがあるんですよということをたくさんの皆さんに知っていただくためには、やはり役所の皆さんみたいに、頻繁に出張に行かれる機会がある、そういうところに、今後、大村にもこういう物産品があればいい、今、たくさんあるんだけども、今からこういうものをちょっとつくっていただきたいなとか、そのようなしっかりとした もっと読む
2018-03-22 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月22日−08号 短い期間ではございましたけれども、議場でのこの経験というのは、38年間の私の役所人生の中で一番中身が濃いもの、そして貴重な経験であり、大変大きな財産になったと思っております。  今後も、議員の皆様には、ますますの御健勝と御活躍を期待しております。そして、大村市のさらなる発展を祈念申し上げて、お礼の言葉とさせていただきます。大変ありがとうございました。 もっと読む
2018-03-08 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月08日−06号 そうなると、下の人間が上の顔色を見るという一般的な企業でありがちな状況が役所内でも起きる可能性があります。いいことしか言わない連中が上がっていってというような可能性があるので、この辺は十分に注意をしてほしいなという気がします。  人材に関しては、生身の人間ですからすごく評価も難しいと思うのですけれども、客観的に評価をするならば、360度しかないと私は思うのです。 もっと読む
2018-03-06 松浦市議会 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年03月06日 むしろ役所主導型で全部やられたと。別にそれを悪いとは言っていません。   もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-08 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 また、優れモノ認証品のうち、長崎市役所での購入が見込める場合は、トライアルオーダー認定品として市が優先的に購入することで販売実績をつくり、対外的な信用度を高め、販路開拓の支援を行うものでございます。(ア)優れモノ認証品PR補助金260万円についてですが、まずdの見直し内容をごらんください。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-07 長崎市:平成30年総務委員会 本文 その後、平成28年11月市議会定例会におきまして、長崎市役所の位置を定める条例の一部を改正する条例と基本設計等の関連予算を可決いただいた後、プロポーザル方式により新庁舎の設計者を選定し、基本設計業務に着手いたしました。今年度平成29年度は、新市庁舎建設に係る議会機能整備検討会で、議場や駐車場、周辺道路の整備についてご検討いただきました。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-09 長崎市:平成30年総務委員会 本文 使おうとするものが、それを買うてるから、役所のほうが作業がおくれると、民間のほうが単価表を持っているんで、ということは逆に言うと、同じ役所で県はできて、市はできない、これは人の問題だと、機械はあるんだと。今言われるように、その一定機械をきちんと整備して、期間が5年間なら5年間経過すると同時に、その人もいない、わかった人も機械も、どうするのか返事をしても1年か2年だと。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-05 長崎市:平成30年総務委員会 本文 次に、イ.へんぴな程度の基準といたしましては、地域の中心からバス停、学校、郵便局、役所等までの距離や諸条件を点数化した辺地度点数を算定し、この点数が100点以上であることとされております。また、(2)に整備の対象となる公共的施設を記載しておりますが、他の地域との生活文化水準の著しい格差を是正するために、最低限必要な道路や下水処理のための施設などとされております。  2ページをお開きください。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-06 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 その先ほど言われた電柱番号については、蛍光灯を維持管理していたころにわざわざ役所に言わなくても直接その管理している九電等に言えば、業者さんに言えば球替えできると。だけん役所に言って業者が来るんではなくて、業者さんに連絡できる番号を書いてその下に連絡場所を書いておりました。そして連絡場所に直接言えばその修理屋がきて街灯の蛍光灯をかえていたと。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-02 長崎市:平成30年第1回定例会(5日目) 本文 議員ご指摘の、長崎市役所全体としての取り組みにつきましては、平成26年度より38の関係所属から構成をされる有害鳥獣生活環境被害対策連絡会議を設置し、被害情報の共有や対策の検討などを行いながら、横の連携による被害の防止に努めております。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-06 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 しかし行政のほうにもそういう運営のやり方、指定管理者制度の料金の決め方、そしてまた野母崎高浜海岸交流施設の利用者の推移とか、予測というものを全く過大評価したような数字を出せば、民間はある意味、市役所がこうして出してきたんだから役所の単価だったら民間がやれば絶対にもうかるさというもう先入観が一部あったかもしれん。だからそういうので参加してきました。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-05 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 いろんな事情がございまして、2年間程度延びたことに伴いこの間にさまざまな災害等がございまして、材料等が上がったということでこの予算の当初4.6億円が4.9億円になったという形で、これ50%以上に上がったという役所の契約規則でこれは2つに分離する必要があるという形でご説明させていただいて、この1工区と2工区に分けて、このときやはりJRの工事を依頼しますので、安全確保がまず第一であるという形で、鉄道に関係 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-12 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 この仕組みができることで、目的でありますエネルギーの地産地消が進み、長崎市役所から排出されるCO2削減も可能となる事業が地域エネルギー事業でございます。 もっと読む