61件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松浦市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第1号) 本文

ふるさと納税活用したふるさとづくり基金については行政の努力も相まって多くの寄附金が集まり、当該基金を充当した事業が拡充されている。  今後のふるさと納税寄附金の増大を図るためにも、使途の目的を明確にするなどさらなるPR効果につながる事業の実施を要望する。  次ページをお願いいたします。  (4)各種調書の作成について。  

諫早市議会 2019-09-02 令和元年第4回(9月)定例会(第2日目)  本文

現時点におけるこの基金は、約6,200万円の積立額であるようでございますけれども、当該基金につきましては、合併前の平成年度飯盛地域におきまして、競輪の本場を持つ武雄市と佐世保市が競輪事業売上額向上目的に、場外車券売場施設名でいいますと、サテライト長崎でございますけれども、これを建設開業するに当たりまして、地域環境整備目的に、旧飯盛町が設けました目的積立基金が基本となっているものであります

佐世保市議会 2019-03-20 03月20日-07号

これを受け、委員から、「当該基金を4億5,000万円活用したとしても、約17億円超の基金保有額があることから、活用する基金額を増額することで、医療分保険税率を据え置くことも可能ではないか」との質疑があり、当局から、「活用する基金を増額すれば、平成31年度保険税率を据え置くことも可能ではあるが、将来的には、被保険者の急激な負担増につながるため、計画的に基金活用することで、保険税率の上昇を緩やかにしていきたい

佐世保市議会 2019-02-27 02月27日-02号

今回、提案された補正予算には、平成29年度歳計剰余金当該基金に積み立てる基金造成費11億3,716万円が計上されておりますが、この結果、平成30年度末の当該基金残高は21億7,996万円と、さらに増加することから、改めて、本市の保有すべき基金額についてただしましたところ、当局から、「基金保有額として明確な金額設定は行っていないが、平成30年度から国民健康保険事業が都道府県単位化されており、将来的

松浦市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月11日

見込みに対しまして基金は増加しておりますが、大きな要因の一つはふるさとづくり基金の積み立てによるものですが、当該基金寄附金を一旦積み立て、その大部分を翌年度までには繰り出しており、年度末での残高が一時的にふえる要因となっているところです。今後は、普通交付税等の減少に対応するために基金を多く繰り入れて対応せざるを得ないこととなり、基金全体の残高は一転して減少していくと見込んでおります。  

長崎市議会 2018-03-07 2018-03-07 長崎市:平成30年総務委員会 本文

1.奨学基金貸与基金の(1)改正理由でございますが、高等学校等への入学に係る給付型奨学金制度創設するにあたり、貸与型奨学金財源となっております当該基金給付型奨学金にも活用するため、名称を変更するものでございます。なお、給付型奨学金創設のための条例改正は先日、教育厚生委員会で可決いただいております。

長崎市議会 2018-02-21 2018-02-21 長崎市:平成30年第1回定例会(1日目) 本文

第27号議案長崎基金設置管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例」は、1点目に、奨学資金貸与基金奨学資金貸与または給付に係る財源に充てるため、当該基金名称を変更したいのと、2点目に、歴史文化資料取得に要する経費財源に充てるための基金設置するものでございます。  

西海市議会 2017-12-01 12月01日-01号

人手不足に悩む農家の作業員確保支援する雇用農業導入支援事業西彼下岳地区における農業基盤整備事業ホテル咲き都等売却処分による国費等返還金青少年スポーツ振興目的として、新たな基金創設及び当該基金活用した補助事業に要する経費等を計上しています。 また、将来の公債費負担軽減による安定的な財政運営を図るため、減債基金活用した約21億円の地方債繰上償還に要する経費を計上しています。 

平戸市議会 2017-08-28 09月04日-01号

4目環境衛生費の「再生可能エネルギー活用離島活性化基金積立金」につきましては、歳入で説明させていただきました、的山大島風力発電所配当金当該基金へ積み立てるものでございます。 6目企業等施設整備費の各企業会計特別会計への繰出金につきましては、主に人件費補正に伴うもののほか、決算見込みにより、公営企業繰出基準に基づく繰出金補正を行っております。 26ページをお願いいたします。 

西海市議会 2017-03-03 03月03日-03号

その売却益約1,200万円を当該基金に繰り入れたところでございます。 この繰り入れた売却益分商工観光振興のための経費に充当したく、一部取崩型に変更しようとするものでございます。 なお、充当する具体的な事業につきましては、地元の中小企業者への支援創業者支援事業等活用したいと、このように考えておる所でございます。 

西海市議会 2016-09-13 09月13日-06号

さらに西彼町内でのゴルフ場開発に伴い、平成4年2月に旧西彼町と西彼町漁協間で締結した覚書に基づき、ゴルフ場開発業者から旧西彼町に寄付をされました1億円を当該基金に積み増し、平成4年3月に1億5,000万円の現在の規模となった所であります。 その後、平成17年4月1日の西海市発足の際、他の基金と同様に新市が承継し、市の漁業振興を図ることを目的とする基金として現在に至っているものと認識しております。 

五島市議会 2015-03-25 03月25日-06号

次に、議案第15号 五島児童健全育成基金条例の一部改正について 本案は、当該基金定額資金運用するための基金から、特定目的のために財産を維持する基金へと変更することとし、これに伴い所要の規定の整備を行う必要があるため、提案をされております。 審査では、質疑意見はなく、本案につきましては、異議なく原案を可決すべきものと決定いたしました。 

五島市議会 2015-03-04 03月04日-01号

次に、議案第15号 五島児童健全育成基金条例の一部改正についてでありますが、当該基金は、児童健全育成の推進を目的として、昭和56年に福江市児童健全育成基金として設置されたものでありますが、設置当時と比べて現在は基金運用による収益が少なくなり、年間約360万円程度を取り崩している状況にあるため、実態に合わせ、当該基金定額資金運用するための基金から、特定目的のために財産を維持する基金へと変更

佐世保市議会 2014-06-20 06月20日-03号

今後、基金利活用につきましては、これまで同様、運用益活用するとともに、基金の取り崩しを視野に、合併特例法の趣旨及び当該基金設置目的に沿った事業に対し充当できないか、関係部局と十分協議し、検討してまいりたいと考えております。 なお、現在の基金の取り崩し可能額は、平成25年度末で約12億円となっております。