2069件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

時津町議会 2020-03-19 令和 2年第1回定例会(第4日 3月19日)

質疑に入りまして、長崎県後期高齢者医療糖尿病性腎臓病重症化予防事業の対象者はどれぐらいかという質問に対しまして、平成30年度が5人、令和元年度が1人の見込みであるということであります。  また、後期高齢者保険者の中で人工透析者は何人いるのかという質問に対しまして、令和2年2月末で16人の方が人工透析を受けているということであります。  討論に入りまして、反対討論なし。  

長崎市議会 2020-03-13 2020-03-13 長崎市:令和2年第1回定例会(7日目) 本文

委員会におきましては、平成17年度から平成30年度にかけて指定管理委託料が大幅に増額している理由について質すなど、内容検討の結果、異議なく原案を可決すべきものと決定した次第であります。  次に、第56号議案「地方独立行政法人長崎市病院機構第3期中期計画の認可について」申し上げます。  本件は、地方独立行政法人長崎市病院機構第3期中期計画の認可に当たり議会議決を経ようとするものであります。  

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年教育厚生委員会 本文

介護保険法の施行規則の改正によりまして、更新申請の認定有効期間平成29年4月から12カ月を24カ月に、平成30年9月から24カ月を36カ月にと、段階的に見直しておりまして、平成30年度以降は各年度で申請件数の増減を繰り返すこととなっておりまして、令和2年度は申請件数の減に伴う調査件数等の減を見込んでおります。  少し飛びますが15ページをごらんください。

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年総務委員会 本文

こちらは平成31年度の当初予算でご説明したものでございますが、改めましてご説明させていただきます。まず、表の左の列、現行の部分でございますが、平成30年度の予算におきましては、合併地区の魅力を発信するとともに交流人口拡大を目的とした1.地域活性化事業費負担金と、地域のコミュニティの維持や文化の継承を図るための2.地域コミュニティ支援事業費の大きく2つの事業がございました。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年総務委員会 本文

過去には、平成23年度から平成26年度及び平成29年度にも同様に実施し、延べ7,901名の市民参加いたしております。また、今回の開催に当たり、講師につきましては、東京ディズニーランドを運営しております株式会社オリエンタルランドの代表取締役会長兼CEOでいらっしゃいます加賀見俊夫氏や、指揮者の小林研一郎氏らを想定しているところでございます。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

表の左側には運行概要を、中ほどには平成29年度と平成30年度の利用状況を、右側には令和元年度と令和2年度の予算額をそれぞれ記載しております。令和2年度の補助金の合計は表の右から2列目の一番下の欄に記載のとおり1,781万7,000円でございます。  次の82ページと83ページにはそれぞれの路線図を記載しておりますので後ほどご参照ください。  84ページをお開きください。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年環境経済委員会 本文

開設は牧島が昭和49年、高島事業所は平成13年で、旧高島町との合併により平成17年から長崎市施設となっております。敷地面積はいずれも約1万4,000平米で、整備状況は、牧島が昭和48年度の当初整備に加え、3回の施設の拡張をしており、高島については、平成12年度の当初整備後、1回の施設の拡張を行っております。

長崎市議会 2020-03-05 2020-03-05 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

事業の流れといたしましては予算計上後に、これは国費をいただいておりますので補助申請を平成31年4月に行いまして、同年の4月に国費の交付決定を受けて、その後国の予算も確定したということから申請者からの申請書を受け付け、その後市からの交付決定、その後工事着手、工事完了という流れになってまいります。

松浦市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第3号) 本文

3 ◯ 政策企画課長(星野真嗣君)  この5年間のふるさと納税の納税額の推移ということでございますが、平成26年度3,743万1,000円、平成27年度4億1,203万9,000円、平成28年度7億3,441万7,000円、平成29年度9億5,697万1,000円、平成30年度12億3,625万8,000円、令和元年度につきましては1月末現在で9億546万1,000円となっております