709件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諫早市議会 2019-03-04 平成31年第1回(3月)定例会(第4日目)  本文

地域活性化には道路網の整備は不可欠の要因ですが、国道207号は各方面の御尽力により、諫早から干拓道路取りつけ付近までは整備のめどが立っているようです。  今後の課題は、その先をどう整備するかだと思います。小長井地域を活性化するにしても、企業誘致をお願いするにしても、市長がいつも言われているように、総合力が足らないということで、先になかなか進みません。

諫早市議会 2019-03-02 平成31年第1回(3月)定例会(第2日目)  本文

諫早市におきましては、現在まで県道124号沿いにある干拓の里を初め市内5カ所の地点で適地調査が実施されておりますが、いずれも肝心かなめの運営主体が決定に至っておらず、いわば暗礁に乗り上げている状況にあるのではないかと考えております。  長崎県においての道の駅は、平成30年度現在で11カ所でオープンしておりまして、それぞれの地域で特性を生かした施設の活用がなされているようでございます。  

諫早市議会 2019-03-01 平成31年第1回(3月)定例会(第1日目)  本文

「国営諫早湾干拓事業」をめぐる動きにつきましては、平成22年の福岡高裁確定判決の執行力の排除を求めて国が提起した請求異議訴訟について、昨年7月、福岡高裁は国の請求を認める判断をされました。しかしながら、開門を求める方々は、判決を不服として上告されております。国におきましては、開門しないとの明確な方針のもと、真の有明海再生に向けた取り組みを推進していただけるものと期待しているところでございます。  

諫早市議会 2018-12-03 平成30年第5回(12月)定例会(第3日目)  本文

リニューアルはおかしいですけれど、そういうようなところを、諫早駅からおりたときに、遠くが見えるような景観にしますと、干拓堤防も見えます。  例えば、私たちは視察に北海道とか、青森とか、他県に行きますけれど、諫早といえば、すぐ干拓堤防道路とか、その話題が出ます。駅からおりて、ほんの何分かで、公園に上がると堤防道路が見えますよというようなキャッチフレーズがぜひほしいものです。  

諫早市議会 2018-12-01 平成30年第5回(12月)定例会(第1日目)  本文

国営諫早湾干拓事業をめぐる動きにつきましては、平成22年の福岡高裁確定判決の執行力の排除を求めて国が提起した請求異議訴訟について、去る7月30日、福岡高裁は国の請求を認め、「確定判決に基づく強制執行を許さない」とする判決を出されました。  しかしながら、開門を求める方々は判決を不服として上告されております。  

諫早市議会 2018-10-05 平成30年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2018-10-05

諫早市干拓の里について、入場者数が14万5,655名ということであるが、どのイベントの入場者数が多かったのか、との質疑に対し、5月開催のきんしゃいフェスタが2万名を超え、11月開催のYou・遊フェスタ、12月開催の諫早地方農業まつりが1万名を超えている、との答弁がありました。  

諫早市議会 2018-09-09 平成30年第3回(9月)定例会(第9日目)  本文

諫早湾の入り口の干拓平坦地での取り組みが多くなっております。  また、取り組み主体ですけども、一番多いのが集落営農法人等の農業法人、これが半分以上の8団体でございまして、そのほかの組織も、土地改良区であるとか、もともと機械利用を共同でされていた組織があって、そこが母体となって、団体をつくって、事業に取り組まれている例が多いようでございます。ちなみに個人は対象になりません。

諫早市議会 2018-09-06 平成30年第3回(9月)定例会(第6日目)  本文

81 ◯市民生活環境部長(御所政久君)[ 243頁]  まず、諫早湾干拓調整池の水質の現状と改善の見通しということでお答えしたいと思います。平成29年度における干拓調整池の水質につきましては、COD(化学的酸素要求量)で7.4ミリグラムパーリットル、全窒素1.2ミリグラムパーリットル、全リン0.22ミリグラムパーリットルでございます。  

諫早市議会 2018-09-02 平成30年第3回(9月)定例会(第2日目)  本文

217 ◯農林水産部長(毎熊正美君)[68頁]  旧干拓地の基盤整備の状況についての御質問でございます。  旧干拓地における基盤整備の現状は、干拓地特有の排水不良を解消するため、小野地区では、平成2年から平成20年にかけまして、県営排水対策特別事業や県営土地改良総合整備事業を実施いたしております。  

諫早市議会 2018-09-01 平成30年第3回(9月)定例会(第1日目)  本文

国営諫早湾干拓事業をめぐる動きにつきましては、平成22年の福岡高裁確定判決の執行力の排除を求めて国が提起した請求異議訴訟について、先月30日、福岡高裁は、国が敗訴した一審の佐賀地裁の判決を取り消し、確定判決に基づく強制執行を許さないとする判決を出され、結果として、開門を命じた平成22年の福岡高裁確定判決が事実上無効となりました。  

諫早市議会 2018-09-01 平成30年第3回(9月)定例会 一般質問一覧

       │2│平和行政について                │   │ │平成30年│       ├─┼────────────────────────┤   │ │9月11日│田添 政継議員│3│自然災害支援ボランティアについて        │ 234 │ │    │       ├─┼────────────────────────┤   │ │    │       │4│諫早湾干拓

南島原市議会 2018-07-25 平成30年  7月 定例会(第2回)-07月25日−04号

誰か干拓質問しいよったですね、黒岩議員だったですかね、私の先輩があその水門の係をしとらしたとですよ。雨が降って、それで溜まってから回したんじゃもうポンプが小さいので上げ切らんと、雨が降りかかったら即行ってもうスイッチを入れてポンプ回して川に溜まっている水を上げてしまっておけば間に合うということです。それを何十年もしとらしたです。そういう話も何回も聞きました。

南島原市議会 2018-07-24 平成30年  7月 定例会(第2回)-07月24日−03号

次に、今日はいろんな質問されておりましたけれども、皆さんとかぶるなと思って、ほとんどそういう気持ちでやっておりましたけれども、一番最後にあげてある有馬干拓、これにちょっと時間をとろうかなと思っておりましたけれども、例えば雨が降った時に有馬干拓のため池ですね、中にあるため池に、法華寺という地区がありますよね。