5135件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平戸市議会 2028-10-01 12月04日-02号

市内中学生等が、半数は市外に出ていくという状況の中で、各高校とも、特に普通校、それも県北地区普通校については、かなりの厳しい状況になっておりますが、中学校から高校に進むときに、可能な限り市内高校への進学を勧めるために、学校に頼らず、地域の総力を挙げて人材を育てるという意識が必要かというふうに聞いてもおります。

平戸市議会 2023-06-11 06月20日-05号

次に、文化観光商工部商工物産課所管の6次産業化推進事業に関し、6次産業化の振興は余り進んでいないように思うが、どのように分析しているのかとの質問に対し、6次産業化とは生産・加工・流通・販売を一連して行う事業であるが、平成26年度から取り組んでいるものの、市内のほとんどが小規模な生産者であることから、生産をすることが精いっぱいで、2次、3次産業に取り組むことが厳しい状況であるとの答弁がありました。 

雲仙市議会 2022-09-03 09月03日-03号

市内を見ますと、基盤整備や中山間整備事業など雲仙産業部を中心に整備され、次世代に引き継ぐ農業のあり方が考えられていると感じております。 その一方で、機械が入らない狭い田畑の耕作放棄地が見られます。雲仙市内耕作放棄地現状を教えていただきたいと思います。解消しているのかどうなのか、数字でわかればお願いいたします。 ○議長元村康一君) 坂本農業委員会事務局長

雲仙市議会 2021-12-09 12月09日-04号

それと、市内の全養豚農家が、この事業に取り組む必要がございます。その中で、市内養豚農家が11戸ございます。本事業につきましては、農家が9戸でございます。その2戸につきましては、1戸が平成26年に国の消費安全対策交付事業を活用し、既に柵を設置された方が1件でございます。それと、現在、自己資金で資材を購入されているのが1件いらっしゃいます。 市の助成でございます。

雲仙市議会 2021-07-05 07月05日-05号

現在、雲仙市内該当箇所はないとの答弁がありました。 別に異議はなく、全会一致原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。 議案第7号雲仙特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について。 別に異議はなく、全会一致原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。 

平戸市議会 2021-02-28 12月05日-03号

これについて、もう一つ言いたいことは、教具・遊具の整備状況市内小学校で差があってはおかしいのではないかということです。市内小学校で4つそろっているところもあれば、そうではないところもあると聞いております。学び成長する環境に平戸市内で差があっていいはずはありません。野子小学校の滑り台の修理は50万円あればできるそうです。平戸市は子供たちのために50万円さえ出せないのでしょうか。 

五島市議会 2020-12-25 12月25日-05号

まず、議案第118号 五島認知症対応型共同生活介護施設条例の廃止について 本案は、認知症対応型共同生活介護施設であるグループホームざなみの指定管理者の公募に対して応募者がなかったこと及び、市内にあるグループホームのほとんどを民間で運営している現状において、このような施設を行政で運営する必要性が低下していることから、グループホームさざなみを廃止したいため、提案されております。 

雲仙市議会 2020-12-20 12月20日-05号

販路拡大地産地消の推進につきましては、12月1日第13回雲仙産業まつり~特産まんぞく市~が開催され、雲仙ブランド認定商品を初め市内の旬の特産品などを取り扱われる約90の出店者参加のもと、大変多くの方に御来場いただきました。雲仙市の豊かな特産品等のPRが十分に行われたものと思っており、産業まつりの運営に携われた実行委員会並び関係者皆様に厚くお礼を申し上げます。 

五島市議会 2020-12-04 12月04日-01号

今後ともTポイントジャパン市内事業者漁業者などと連携して新たな商品開発を進めるとともに、五島魚プロジェクトを通して五島の魚のおいしさを広く周知し、市産品ブランド化及び販路拡大に努めてまいりたいと考えております。 雇用機会拡充支援事業について。 有人国境離島法による雇用機会拡充支援事業については、9月末に交付金追加配分があり、14の事業雇用予定者28名)を追加して採択しました。

雲仙市議会 2020-12-03 12月03日-03号

まず、高齢者のアクセルやブレーキの踏み間違いでの事故雲仙市内でどれくらい発生しているのか、お尋ねいたします。 ○議長松尾文昭君) 本多市民生活部長。 ◎市民生活部長本多正剛君) 本件で、雲仙警察署に確認をしたところ、雲仙市内での踏み間違いによる事故発生件数平成29年度で2件、平成30年度で1件、本年度、令和元年度10月末現在までで1件となっているそうでございます。