1578件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

時津町議会 2020-03-19 令和 2年第1回定例会(第4日 3月19日)

県では対策本部を設置するということだが、町では対策会議を既に開催し、各部署の役割を確認し、すぐ動けるような準備はしている。  賛成意見、反対意見は記載のとおりです。  採決に入りまして、議案第18号は、賛成多数により、可決すべきと決した。  以上でございます。 ○議長(山脇 博君)  委員長の報告を終わります。  これから、1件ごとに質疑を行います。  

長崎市議会 2020-03-13 2020-03-13 長崎市:令和2年世話人会 本文

長崎原子爆弾被爆者援護強化対策議会、いわゆる原援協でございますが、当協議会会則第2条において、副議長教育厚生委員長及び4人以上の会派から選出された代表者が委員となることが規定されておりますので、ご確認をお願いいたします。なお、資料の中ほどに会派から選出する代表者選出の基準を記載しております。  次に、2ページの資料1-2をごらんください。  

長崎市議会 2020-03-13 2020-03-13 長崎市:令和2年議会運営委員会-2 本文

この関係で特別委員会の委員につきましては、現在、向山副議長長崎駅周辺整備・交通結節対策特別委員会に所属される予定となっていらっしゃいますことから、議会運営委員会の委員と重複することとなります。また、梅原議員特別委員会に現在、所属していませんので、ご協議いただきたいと思います。  なお、本件につきましても、日程追加の取り扱いといたしたいと考えております。  

長崎市議会 2020-03-13 2020-03-13 長崎市:令和2年第1回定例会(7日目) 本文

続いて、第68号議案ですが、この補正予算には交通事故による園児や児童などが尊い命を奪われている中、子どもなどを守るための園児等移動経路緊急安全対策市民安全安心の暮らしにつながる急傾斜崩壊対策事業費が提案され評価できます。一方、国民総背番号制度と言われる個人番号カード推進事業費が含まれています。

長崎市議会 2020-03-12 2020-03-12 長崎市:令和2年各派代表者会 本文

政府も、感染症対策として大きな行事の自粛要請を10日間程度延長する判断をされており、今のところ先が見通せない状況でございます。  したがいまして、私といたしましては、今定例会に付議された議案の議決を早期に行うため、16日に予定していた最終本会議をあす13日に開催したいと考えておりますので、どうかよろしくお願いします。  私からの説明は以上でございます。

長崎市議会 2020-03-11 2020-03-11 長崎市:令和2年環境経済委員会 本文

ですから、これについては、ちゃんとやはり鉄道・運輸機構とも話をして、安全対策を考えた処理の仕方をやっておかなければ、企業誘致をしても、これ埋め土ですから、やはり非常にこの擁壁はかたくてでもこっちのほうに、逆に今度は排水なんかが行った場合、雨水が降ったり、今度排水路をつくっても、このままの状態が、斜面地ぐらいになるんですかね。それがやはり何かの形で補強か何かしておかないといけんのじゃないかなと。

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年議会運営委員会 本文

今回の追加補正につきましては1に記載のとおり新型コロナウイルス感染症対策について、今後の国の緊急対応策も含め、状況に合わせた迅速な対応が求められることから、予備費を増額補正しようとするものでございます。また、2の補正予算の内容に記載のとおり、当初予算において6,000万円計上しております一般会計予備費を1億円増額しようとするものでございます。  

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年総務委員会 本文

また、Aの普通交付税からCの臨時財政対策債を合計しました2)地方交付税に臨時財政対策債を加えた実質的な地方交付税は401億5,100万円で、前年度と比較いたしますと5億3,900万円、1.3%の減となっております。これは、基準財政収入額に算入される地方消費税交付金が増となることにより、普通交付税が減額されることなどによるものでございます。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

第1目都市計画総務費につきましては、253ページの説明欄の2.交際費と3.都市計画推進費の全部、4.都市交通対策費のうち3.地域公共交通検討調査費及び5.路線バス運行対策費。  続きまして、255ページをお願いいたします。255ページの説明欄、6.離島航路維持対策費から8.コミュニティバス運行費まで、次に5.新幹線事業推進費と6.景観対策費の全部、そして7.事務費の一部、8.