2462件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諫早市議会 2019-10-09 令和元年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2019-10-09

6項生涯学習費について、平成30年度の公民館講座は15公民館において青少年や女性、成人一般、高齢者等を対象に997回、受講者数が延べ2万2,900人の実績となっているが、このうち最も受講者数が多かった高齢者向けの講座はどういった内容で企画したのか、との質疑に対し、消費生活や終活など高齢者が興味を抱く内容で開催しており、また、山間部など市立公民館まで出向くことが厳しい地域では自治公民館等で出前講座も行

長崎市議会 2019-09-10 2019-09-10 長崎市:令和元年第4回定例会(5日目) 本文

また、義務教育学習指導要領の改訂が平成30年に発表され、小学校では令和2年度の4月から、中学校では令和3年度からのスタートになります。新しい学習指導要領では、学校のあり方や教育自体のあり方を見直すような改訂になっていると思いますが、どのような考え方になっており、それをどう長崎市が受けとめられているのかの見解を教えていただきたいと思います。  以上で、壇上からの質問を終了いたします。

長崎市議会 2019-09-05 2019-09-05 長崎市:令和元年第4回定例会(2日目) 本文

こうした中、長崎市におきましては、就労、年金、多重債務、子どもの学習支援などの自立支援事業に取り組んでいるところです。議員ご指摘の社会生活と日常生活の自立に向けた支援でございますが、直ちに就労が困難な生活保護受給者に対して、早寝早起きの実践や食生活など生活習慣の改善、あるいは対人関係の基礎となる初歩的マナー社会性の習得を促す支援を充実してきているところでございます。

長崎市議会 2019-09-02 2019-09-02 長崎市:令和元年第4回定例会 通告一覧

への対応   3 8050問題(中高年のひきこもり)への対応について   4 鯨食の普及促進について  ○ 柿田 正議員[令和元年9月10日]   1 人口減少対策について    (1) 急激な人口減少への対応   2 幼児教育保育の無償化について    (1) 無償化への対応と副食費の取り扱い   3 長崎市義務教育への取り組みについて    (1) 不登校児童生徒の現状と対策及び新たな学習指導要領

長崎市議会 2019-07-08 2019-07-08 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

被爆継承課は、平和学習平和関連行事、被爆資料の収集、保存、県外原爆展等に関する業務を行っております。  続きまして、3ページには、原爆被爆対策部の補職者及び職員数を掲載しておりますのでご参照ください。なお、ことしから厚生労働省の派遣に加えまして外務省職員を派遣しております。派遣先は軍備管理軍縮課でございます。  私からの説明は以上でございます。  

長崎市議会 2019-07-08 2019-07-08 長崎市:令和元年総務委員会 本文

また、生活福祉2課におきましては、イ.主な事業に記載しておりますように生活困窮者に対する就労や、住まいの確保など生活再建に向けた相談支援や生活保護世帯等の中学生を対象とした学習支援事業のほか、生活保護受給者に対して、個々の就労意欲能力に応じた段階的な就労支援を実施しております。  次に、22ページをお開きください。

長崎市議会 2019-07-05 2019-07-05 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

10ページから15ページには、生涯学習課及び恐竜博物館準備室について記載をしております。生涯学習課では、文化施設及び体育施設を除く社会教育施設建設計画や、生涯学習に関する施策の企画、調査研究等を所掌しております。また、恐竜博物館準備室では、恐竜博物館建設及び恐竜化石等の調査研究に関することを所掌しております。  次に、16ページをお開きください。

長崎市議会 2019-07-05 2019-07-05 長崎市:令和元年総務委員会 本文

施設全体におきましては、生涯学習課が所管しており、男女共同参画推進センター(アマランス)の部分についてご説明させていただきたいと思います。  それでは、23ページをお開きいただきたいと思います。モニタリング状況報告書でございますが、1の利用者からの意見に対する主な対応状況につきましては、1段目から3段目が男女共同参画推進センター該当分となっております。

長崎市議会 2019-07-04 2019-07-04 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

そういう子どもたちの平和学習の貴重な教材として残しておいてほしかったんです。  だから私どもとしては、一番説明板を設置してほしい場所は、ここの防空ごうの近くだったんです。ですから、それさえも、もう断たれてしまいました。だから、現在具体的に、ここの場所ということは、私どものほうとしては、市のほうには申し入れしておりません。

長崎市議会 2019-07-04 2019-07-04 長崎市:令和元年総務委員会 本文

2010年に、被爆者のいない未来が近い今日、私たちにできることをテーマに首都大学東京との共同プロジェクトとして、長崎新聞原爆資料館の協力を得て被爆証言被爆の実情資料を集約し、長崎地形を俯瞰しながらデジタルデータ化し、保存・管理するとともに世界に向けた情報発信プロジェクトNagasakiArchiveの製作に携わられたほか、2018年には、修学旅行生向けの平和学習をこれまでの「学ぶ」中心から「解決策